FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    4

焼きりんごのアイスクリームのせの完成イメージ

野菜や果物に多く含まれるポリフェノール。抗酸化作用があり、アンチエイジングには欠かせない成分です。特にブドウや玉ねぎの皮などに多く含まれていますが、それよりももっと強力な抗酸化パワーを持つのが、りんごに含まれる「りんごポリフェノール」。いったいどんな効果があるのでしょう? 日本ファンクショナルダイエット協会理事長の白澤卓二先生に伺いました。


りんご1個の中に、200mgものポリフェノールが!

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」ということわざがあるほど、昔からりんごは健康にいい果物として親しまれています。

ビタミンCやカリウムなど美容にいい成分が含まれていますが、なかでも注目なのが、りんごに含まれるポリフェノール。りんごを切って、しばらくすると断面が茶色く変色しますが、この変化の正体でもあります。

「1個のりんごの中には約200mgのポリフェノールが含まれています。ほかの果物に比べ、すぐれた抗酸化力を持っており、肌の老化防止やダイエット、アンチエイジングに効果を発揮します」(白澤先生)

美容や健康のためにも、りんごポリフェノールをとる習慣を身につけたいですね。

りんごポリフェノールの抗酸化力は、ブドウや玉ねぎなどに比べてもダントツ! また、ポリフェノールの濃度は、成熟果より未熟果の青いりんごのほうが高いことがわかっています。ただし、未熟果のりんごは苦くて食べられないので、そのポリフェノールを抽出したサプリメントなどが登場しています。

りんごポリフェノールのうれしい効果

シミの生成を抑えて美肌に!
抗酸化力の強いりんごポリフェノールには、シミを予防し、美肌に導く効果が! 実際に、シミのもとであるメラニンの生成を抑制する効果が確認されています。

体脂肪を低減!
白澤先生の研究では、標準食、高脂肪食、高脂肪食+りんごポリフェノールの3パターンの食事を9週間マウスに与えたところ、りんごポリフェノールを与えたマウスの内臓脂肪量が標準食とほぼ変わらないという結果に!

効果的なとり方とは?

白澤先生おすすめの、りんごポリフェノールのとり方をチェックしてみましょう!

赤いりんごを選ぶ

紫外線をたくさん浴びたほうがポリフェノールの量が多くなり、ポリフェノールが酸化することでりんごが赤くなります。そのため、市場で売られている成熟果のりんごを選ぶときは、より赤いもの選ぶと◎。

1日1個、継続して食べる

いちどにたくさん食べるよりも、毎日継続して食べることが大切。1日1個を目安に、続けて食べることを意識しましょう。朝、昼、夜のうちのいつ食べても問題ありません。例えば朝のスムージーにりんごを加えるなど、とりやすい方法でOK。毎日食べられない場合は、りんごポリフェノールを抽出したサプリメントを摂取するのも有効です。

よく洗い、皮ごと食べる

ポリフェノールはりんごの皮に多く含まれるので、よく洗って皮ごと食べるのが理想的。焼いても効果に問題はありませんから、皮ごとオーブンで焼いていただく焼きりんごもおすすめです。

<引用したのはこちらの記事!>
ぶどうや緑茶より強力! 「りんごポリフェノール」で老化防止!

ここからは、日々の生活に役立つレシピをご紹介!
りんごを使ったレシピを、さっそくチェックしてみましょう。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    4
  1. ポリフェノール
  2. りんご
  3. 抗酸化
  4. 美肌

関連記事

  1. Beauty通常のりんごの約半分! ミニチュアだけど栄養豊富な「Rockit™ apple(ロキット™アップル)」#Omezaトーク

    通常のりんごの約半分! ミニチュアだけど栄養豊富な「Rockit™ apple(ロキット™アップル)」#Omezaトーク

    9
  2. Beauty美肌やアンチエイジングにも効果的! さけを使ったレシピ3選

    美肌やアンチエイジングにも効果的! さけを使ったレシピ3選

    12
  3. Beautyトマトでアンチエイジング! ガッツリ食べたいときのトマトレシピ3選

    トマトでアンチエイジング! ガッツリ食べたいときのトマトレシピ3選

    20
  4. Beauty抗酸化といえばトマト! リコピンパワーを賢くとる3つのルールとレシピ3選

    抗酸化といえばトマト! リコピンパワーを賢くとる3つのルールとレシピ3選

    11

あわせて読みたい

Pickup