FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    ぐっすり眠るためには、寝る1時間前に入浴を済ませるのがベスト!専門家が教える快眠のコツ

  1. Share

  2. お気に入り

    4

お風呂に入っている少女

なかなか寝つけない。途中で何度も目が覚めてしまう、寝ているはずなのに疲れがとれない…。そんな眠りの悩みを改善するのに役立つのが、ナイトケアアドバイザーの小林麻利子さんが提案する入浴法。「睡眠のため」という視点で、科学的データの裏づけのあるものから選んだ、確実な方法です。睡眠を改善できれば、自然と健康や美の底上げができます!


眠りのために入浴を活用する!

湯船につかってアヒルと遊ぶ少女

ベッドに横たわっているうちに、スーッと眠りにつけたら、こんな幸せなことはありませんよね。こんな自然の眠気を催すには、「体温」に着目することが必要です。なぜなら、私たちの体は体温が下がるときに眠くなるからです。特に、体温ががくんと落ちたときに深い眠りになるため、お風呂でまず体温を上げておくと効果的なのです。

お風呂に入って体温が上がると、脳は驚いて、「このまま体温が上がり続けると生命が危ない…」と錯覚し、入浴後、手足などの体の末端や肌表面の血管を広げて一生懸命放熱します。このおかげで、体温が下がり、眠くなるのです。

「40℃で15分」の入浴法で深部体温を上げる

アヒルの形をした水温計

お風呂では、内臓など体の内部の温度である深部体温をしっかり上げることがポイント。それが、40℃の湯に15分間つかる入浴法なのです。額と手の甲からじわじわと汗が出てきたら、深部体温がしっかり上がっている証拠。このとき深部体温は0.5℃上がることがわかっています。

ほかの温度の場合はどうかというと、42℃では熱すぎて長く入っていられず、深部体温がしっかり上がりません。逆に、40℃より低い温度の場合、長い時間入っていられるのでリラックス効果は大ですが、いくら長く入っても深部体温はきちんと上がらない場合が多いのです。

深部体温は自宅では測定できないので、基礎体温計で舌下体温を計るとよいでしょう。入浴前の体温を計り、15分後に計って1.5℃ほど上がっていればOK です。

また、冷え性の人は、熱いお風呂に入る傾向があるので、水温計で湯の温度を確かめることが大切。「40℃で15分」の入浴法は冷え性改善にも役立ちます。

寝る1時間前にお風呂から上がる

お風呂に入る時間を示す時計 

「眠り」のためのお風呂と考えた場合、入るタイミングも大切です。体温が下がりはじめるタイミングで眠ると、途中で起きることなく、睡眠の持続時間が長くなるという研究結果があるからです。理想は、寝る時間の1時間前にお風呂から上がること。あまり早く入りすぎないほうがよいのです。

とはいえ、子育て中であれば、お子さんと一緒に早めにお風呂に入る場合も多いでしょう。そんなときは、寝る前に自分のための「分浴」を行いましょう。最初は子どもとのコミュニケーションのためや洗浄のための入浴。そして、2回目の入浴は、睡眠のため、自分のリカバリーのためと、目的を分けるのです。

仕事で遅く帰ってきて、疲れて髪を洗うのが面倒という場合も、別の意味の「分浴」を。夜はちゃぽんと湯船に15分つかって熟睡のための入浴を行い、髪を洗うのは翌朝にまわすのです。

眠りのためには浴室の電気を消す

あたたかい光のキャンドル

浴室の環境でポイントとなるのは光です。実は、浴室は天井が低く、光源が近いため、まぶしいと感じるほど明るい場合が多いのです。この「白く明るい光」は、眠りのためには要注意。眠りに必要なメラトニンの分泌を妨げてしまうのです。入浴時にはバスルームの明かりを消し、脱衣所の明かりをつけましょう。薄暗い中、ボーッと湯船につかっていれば、目からの刺激がなくなり、リラックス効果が抜群です。また、キャンドルのあたたかい光でバスタイムを楽しむのもよいでしょう。

入浴後、脱衣所にいるときも、同様に。夜は「白く明るい光」を浴びない習慣をつけるとよいでしょう。

さらにぐっすり眠るためには、お風呂で温まった体を冷やさないコツも大切です!

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    4
  1. 快眠

関連記事

  1. Healthcare医師がすすめる!ぐっすり眠れる快眠法と7つの「夕方習慣」

    医師がすすめる!ぐっすり眠れる快眠法と7つの「夕方習慣」

    14
  2. Fitnessぐっすり快眠したい人に。疲れから心を解きほぐす「ヨガニードラ」

    ぐっすり快眠したい人に。疲れから心を解きほぐす「ヨガニードラ」

    2
  3. Healthcare翌日に疲れを残さず快眠できる5つのポイント「睡眠五感」とは?

    翌日に疲れを残さず快眠できる5つのポイント「睡眠五感」とは?

    3
  4. Healthcare朝の習慣が快眠のカギ!女医がすすめする睡眠のための朝活

    朝の習慣が快眠のカギ!女医がすすめする睡眠のための朝活

    2

あわせて読みたい

Pickup