FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    84

ロングヘアの女性 

腰まで届くようなロングヘア。「私も伸ばしたい」と思いつつ、枝毛や切れ毛などさまざまなトラブルのせいもあり、断念してしまったみなさん! 次こそ途中であきらめることなく、キレイなロングヘアを手に入れてみませんか?
今回は、美容師の木村旭宏さんに、髪の毛をキレイに伸ばす方法を教えていただきました。

監修
木村 旭宏

■:ロングヘアにしたいとき、髪は切っちゃダメ?

髪を切る女性

髪を伸ばしているときは、「カットしてしまうとそのぶん長さがなくなっちゃう」と思って、とにかく美容院に行かない、髪を切らない、切りたくない! そんな人は意外といらっしゃいますが、髪をキレイに伸ばしたいなら、2か月から3か月に一度はカットに行くことをおすすめします。
髪を伸ばしていくうえで、毛先の枝毛がからんだり、摩擦が多い状態を放置していることで、切れ毛がひどくなったりしますから、カットは必要なのです。
カットする長さは、3cmから5cm程度を目安にしてくださいね(木村さん)

■:髪はまとめておいたほうが、ダメージ抑えられる?

髪をしばる女性 

髪を伸ばしているときは、むやみに下ろしているとなんだか傷みそう…そんな気持ちから、髪をゴムなどでくくってまとめていたほうがいいのでは?と思っている方もいらっしゃいます。

しかしながら、髪をキレイに伸ばしたいならまとめ方のスタイルを変えたり、結び方をゆるくしてあげることをおすすめします。きついゴムを使わずに、シュシュなどでやわらかくまとめるのもいいかもしれませんね。

また、いつも同じまとめ髪をしてしまうと、顔まわりやもみあげ、首まわりの生え際が薄くなり、毛根にダメージを与えやすくなります。
そうなれば当然、抜け毛も増えてしまいますから、いつも同じまとめ髪というのは抜け毛の心配もより増えてしまうのです。

キレイなロングヘアのためには、ヘアスタイルをコロコロ変えるようにしましょうね(木村さん)

■:どうしたら、キレイに伸ばし続けられるの?

ロングヘアでなくても、キレイな髪の毛にはセルフケア、つまり“日頃のお手入れ”が大切です。
とくにこれから髪をキレイに伸ばしていきたい!と思うなら、とにかく“摩擦から徹底して守ること”をやっていきましょう。

例えば、寝るとき。寝相が悪い人は、シーツや枕との摩擦によって、部分的に髪が成長しなくなるような、ひどいダメージを与えてしまいますから、ナイトキャップを被って寝ることをおすすめします。

また、ロングヘアにしたいならトリートメントもすべりのいいものを選ぶのもいいですね(木村さん)

木村さんのお話を伺っていると、ロングヘアにするのは想像よりもずっと簡単だと思った人も多いのではないでしょうか?
ぜひこの秋から、あきらめずにロングヘアを目指してみてくださいね。

 

取材・文/高田空人衣

連載・関連記事

  1. 毎日シャンプーしているのに止まらない!困ったフケの原因と対策をプロが解説

  2. 大人女性に急増中の“うねり”どうしてる?美容師が教える “髪のうねり”対策法

  3. 頭皮の状態はドライorオイリー?頭皮ケアに必要な自分に合うシャンプーの選び方

木村 旭宏

木村 旭宏

名古屋市の人気美容室『美容室Hair&Make Liel』オーナー。美容師としてサロンワークを行う中、雑誌等メディアで活躍するヘアメイクアーティスト。
美容室Hair&Make Liel

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    84

関連記事

  1. Beautyヘアカラーが長持ちする! 頭皮の抑臭効果や防災グッズにも活躍!ドライシャンプー2選

    ヘアカラーが長持ちする! 頭皮の抑臭効果や防災グッズにも活躍!ドライシャンプー2選

    13
  2. Beauty紫外線が強くなる春からが勝負! 美容師が教える、頭皮の紫外線対策

    紫外線が強くなる春からが勝負! 美容師が教える、頭皮の紫外線対策

    14
  3. Beauty疲労やストレスを解消する頭皮ケアのやり方。新生活に合わせて始めたい!おうちでできる本格スカルプケア

    疲労やストレスを解消する頭皮ケアのやり方。新生活に合わせて始めたい!おうちでできる本格スカルプケア

    15
  4. Beautyプロ級の仕上がりへ♡ 美容師が教える!市販のトリートメントの効果的な使い方

    プロ級の仕上がりへ♡ 美容師が教える!市販のトリートメントの効果的な使い方

    9

あわせて読みたい

Pickup