FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    8

炭酸浴で代謝UP!お風呂時間で汗出しやせ3Step

体が冷え、代謝が鈍りがちな冬。そこで、取り入れたいのが大注目の炭酸浴。

炭酸浴に必要なのは炭酸系の入浴剤と炭酸水。リラックスしながら、代謝UPはもちろん、冷え改善や疲労回復もかなうと、いいことづくめ。
さらに、少し体を動かせば、消費エネルギーをぐんとUPできます。

「入浴中から入浴後に、“ながら”で、背中、おなか、胸、お尻など大きな筋肉を刺激すると効果的。とくに、湯船でできるものは、水の抵抗があるので、いつも以上に筋力アップできてオススメです」とパーソナルトレーナーの坂詰真二先生。気持ちよくたっぷり汗をかきながら、ラクちんにエネルギーを消費できるこの入浴法、ぜひ試してみて!


【Step1】食後に炭酸系の入浴剤の湯舟に浸かる

お風呂に入れる入浴剤は、血行促進効果の高い炭酸系をチョイス。パッケージの表記を参考に、あとは好みのアロマを選んで、リラックス! 湯船に浸かってゆっくりと温まれば、食欲抑制効果も得られて、夕食後に、甘いものを食べたくなる誘惑にも勝てる!

【Step2】入浴前・中・後にミネラル炭酸水を飲む

気持ちよくお風呂で汗をかくには、入浴前&入浴後に、炭酸水でコップ1杯程度の水分補給を。長く半身浴をする場合は、入浴中も少しずつ補給して。炭酸泉とのダブルのダイエット効果が期待できます。甘い炭酸飲料はNGです。

【Step3】入浴中~後に“ながら”で全身を動かす

血行がよくなった状態で体を動かすと、効率的にエネルギーを消費できます。洗う、浸かる、乾かすなどふだんの動きに、“ながら”でプラスしてみて。効かせたい部位を意識して動かすと、より効果が上がります。

<やってみよう!“ながら”エクササイズ>

体を洗いながら美背中に!

風呂イスに座り、スポンジタオルの両端を持って、片方の足の裏にかける。肩甲骨を意識して片腕ずつ引きながら、足の裏をこすり洗いする。腰はひねらず、肩から動かすのがコツ。左右各10回。

湯船に浸かって小尻&細脚に

湯船に浸かり、両手を体の少し後ろについて、脚を伸ばすように座る。浴槽をぐっと両足で10秒くらい押す。このとき、太ももとお尻を意識して。3回行う。

湯舟に浸かってバストUP!

湯船の中に、脚を伸ばし、背すじも伸ばして座る。胸の前で、洗面器の底を胸に向けて両手で持つ。お湯の抵抗を感じながら力を込めて押し出したら、そのままゆっくり戻す。10回くり返す。

タオルでふきながらキュキュッと足首

お風呂上がりにタオルで体をふくとき、脚を腰幅に開き、さらに前後に開いてつま先立ちになる。つま先立ちの状態を続けると、脚の裏側に適度な刺激が入り、引き締め効果がバツグン!

ドライヤーをかけながらペタ腹に!

脚を肩幅に開いて前後にし、ドライヤーを持つ。ドライヤーで髪を乾かしながら、お尻に力を入れ、おなかを反らして10秒キープ。次に、骨盤を立てた状態で、おなかに力を入れて背中を丸めて10秒キープ。お尻は突き出さないこと。交互にくり返す。

監修/坂詰真二、取材・文/野上郁子<オフィスhana>

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    8
  1. アロマ
  2. エクササイズ
  3. バストアップ
  4. リラックス
  5. 炭酸水
  6. 炭酸浴
  7. 血行促進

関連記事

  1. Beautyバスタイムで本格エステ級のケアができる!話題の炭酸泉1か月お試し!

    バスタイムで本格エステ級のケアができる!話題の炭酸泉1か月お試し!

    7
  2. Beautyお風呂のソムリエ推薦! バスタイムが極上のリラックス空間になる便利グッズ #Omezaトーク

    お風呂のソムリエ推薦! バスタイムが極上のリラックス空間になる便利グッズ #Omezaトーク

    11
  3. Beauty今話題!ドイツ生まれの中性重炭酸入浴剤で重い疲れを解消! #Omezaトーク

    今話題!ドイツ生まれの中性重炭酸入浴剤で重い疲れを解消! #Omezaトーク

    4
  4. Beauty【温泉療法専門医が教える】本当に健康になれる!正しいお風呂の入り方

    【温泉療法専門医が教える】本当に健康になれる!正しいお風呂の入り方

    6

あわせて読みたい

Pickup