FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    6

胸を気にする女性

どんな女性にも、バストの悩みは尽きないものです。バストアップ専門店p-Grandiを運営するdipは「胸とブラジャー」に関する調査を、20~40代の女性に実施しました。現代の女性はいったいどんな悩みや理想を抱えているのでしょう?


女性の多くは胸の「大きさ」にコンプレックスを感じている

胸元を気にする女性

多くの女性を悩ませる「バスト」。女性の象徴と言われることが多いですが、自分のバストに自身を持っている人は意外と少ないそう。そんなバストの悩みを徹底調査! みなさんも自分の回答と照らし合わせながら結果をチェックしてみてください。

「自身のコンプレックスの有無」について質問したところ、約6割の女性が自分の胸に何かしらのコンプレックスを持っていることが判明しました。
また、盛らないありのままの胸としてトレンドになっている「ハンサム胸」にあこがれている人は約半数と、一定の女性から支持があるようです。

では実際に、胸の悩みで女性がいちばんコンプレックスを感じているのは何なのでしょうか?

結果を見てみると、全世代共通で「大きさ」にコンプレックスを感じていることが分かりました。しかし、2番目のコンプレックスについては20代~30代が「形」なのに対して、40代は「垂れ」という結果に。やはり年代が変化するにつれて、それぞれ胸の悩みも変わってくるようです。また、「胸元の開いた服を着るとき」「ブラジャーを買うとき」、「水着を着るとき」にコンプレックスを感じる女性が多く、中には「鏡を見たとき」や「服を着るとき」といった、自分の体を見つめなおす瞬間という回答をした人も多くいました。

自宅でできるかんたんホームケアマッサージ

バストマッサージをする女性

調査によって、さまざまなコンプレックスを抱えている女性が多いことがわかりました。では、いったいどんな対策をしているのでしょう?

実際に「現在、何かバストケアを行っている」と回答したのは、たったの10%! いちばん回答が多かったのが「セルフマッサージ」。次に「筋力トレーニング」「インナーケア」となりました。バストケアを行っている人はまだまだ少数派ですが、実際に行っている人はホームケアがメインで、お金をかけずにセルフケアをしているようです。

最後に、育乳のプロが教えるホームケアマッサージSTEP3をご紹介。
とってもかんたんなので、スキマ時間にぜひとり入れてみて!

【STEP1】バストケア用のクリームをさくらんぼ大、手に取る
鎖骨のくぼみ部分を体の中心から外側に向かってマッサージします。

【STEP2】くるくる優しくマッサージ
わきから正面に向かって、両手でバストを持ってくるようにマッサージします。

【STEP3】リンパを流す
わき→下→内側→上へと円を描くようにマッサージします。

いかがでしたでしょうか?
年齢や体型によって変化してくるバストですが、それぞれの悩みに合った対策をすることが大切です。コンプレックス解消のためには、バストケア商品を上手に活用していくこともオススメです。
ぜひ今日から、バストケアをはじめてみてはいかがでしょう。

文/FYTTE編集部

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    6
  1. ニュース
  2. バストケア

関連記事

  1. Beauty下着のプロが教える! ワイヤー入りブラとノンワイヤーブラの正しい使い分けの方法

    下着のプロが教える! ワイヤー入りブラとノンワイヤーブラの正しい使い分けの方法

    38
  2. Beauty今すぐやるだけで、バストが変わる! プロが教えるバストのハリを保つ、意外な方法

    今すぐやるだけで、バストが変わる! プロが教えるバストのハリを保つ、意外な方法

    80
  3. Beautyそのブラ合ってる?ブラの真ん中が「痛い!」意外な原因と対策をプロが解説

    そのブラ合ってる?ブラの真ん中が「痛い!」意外な原因と対策をプロが解説

    32
  4. Beauty「ノーブラで寝る」はセーフorアウト? おっぱいをおブスにする6つのNG行動

    「ノーブラで寝る」はセーフorアウト? おっぱいをおブスにする6つのNG行動

    43

あわせて読みたい

Pickup