FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    5

ヒハツと美香醋の画像

夏は猛暑続きで、体も肌も髪もダメージを受け、そろそろ不調が表に出始めるころではないでしょうか。疲れもたまってきますよね。そんな時期、プロはどんなことに気をつけて日々元気に過ごしているのでしょうか。今回は、多数のメディアで活躍している人気漫画家・腹肉ツヤ子さんの「アンチエイジング・ビューティー&メンテナンス」のコツをお届けいたします!


人気漫画家、腹肉ツヤ子さんのエイジング習慣

夏の間は暑さで負けぎみになっていた胃腸が、涼しく過ごしやすくなってくると途端にむくむく復活し、食欲が増してきてしまいます。
秋はおいしいものも多いのですが、ここで胃にはずみをつけてしまうと、さらに寒くなる季節に向けて越冬用脂肪蓄え本能が盛り上がってしまうので、個人的には1年でいちばん大事な季節だと思っています。

とくに糖分はとりすぎると肌のコンディションもてきめんに乱れ、体も疲れやすくなることを実感しています。太りやすいだけでなく夏の肌疲労も出て一気に老ける季節の変わり目は、糖分・炭水化物控えめ強化で!

私は食べるのが大好きでダイエットが長く続かないことを逆手にとって、あえて10日間くらいと期間限定のゆるい糖質制限をピンポイントで季節の変り目の時期に実行しています。

厳密な糖質制限ではない自分ルールですが、家では主食・お菓子はNG(ナッツ、フルーツOK)、友人との外の食事では制限なし、夜8時以降は食べないくらいです。やせることより太らないこと、季節の変り目を乗り切ることを目的に。ゴールを決めるとなんとかがんばれます。

また、「血」の状態が悪いとシミ、白髪が増え、肌もパサパサになることを痛感しているので、鉄分の多いもの、よい血になりそうなものを特に意識して食べるようにしています。
あとは抗酸化作用のあるビタミンEが豊富なアーモンドミルクを毎朝飲むことと、ヒハツと美香醋とコラーゲンを混ぜたヨーグルトを夜食べることはずっと続けています。

アーモンドミルクは飲み始めてからなんとなく肌が明るくなった気が…。特製ヨーグルトは乾燥しがちな肌がやわらかくなる感じがします。

 

腹肉 ツヤ子

腹肉 ツヤ子

1978年 岡山県総社市生まれ。17歳のときに講談社の少女漫画誌「なかよし」でデビュー。現在は女性誌を中心にイラスト・漫画・エッセイを発表し活動している。友人の影響で御朱印帳集めにハマり、神社巡りがライフワークとなる。著書に「恋開運神社へ行こう!」(主婦の友社)などがある。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    5
  1. アーモンドミルク
  2. 抗酸化
  3. 糖質制限

関連記事

  1. Healthcare“くすみ”や“たるみ”の要因にも!?「糖化」を抑えるアーモンドミルクに注目!

    “くすみ”や“たるみ”の要因にも!?「糖化」を抑えるアーモンドミルクに注目!

    47
  2. Beauty新エステ「3Dデザインフェイス」でもたついたフェイスラインがシャープな印象に #Omezaトーク

    新エステ「3Dデザインフェイス」でもたついたフェイスラインがシャープな印象に #Omezaトーク

    7
  3. Beauty美容と健康のために1日23粒のアーモンド習慣を開始!#Omezaトーク

    美容と健康のために1日23粒のアーモンド習慣を開始!#Omezaトーク

    58
  4. Beautyりんごはアンチエイジングの強い味方! 効果的な食べ方とおすすめレシピ3選

    りんごはアンチエイジングの強い味方! 効果的な食べ方とおすすめレシピ3選

    113

あわせて読みたい

Pickup