FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    有村実樹さんのキレイの秘密<後編> 年齢を重ねるごとに知性が滲み出るような女性を目指して

  1. Share

  2. お気に入り

    11

有村実樹さんのキレイの秘密<後編> 年齢を重ねるごとに知性が滲み出るような女性を目指して

第一線で活躍中のモデルやタレントのみなさん。外見はもちろんのこと、内面も“キレイ”でいるための“メソッド=方法”をご本人から特別に教えてもらう本企画。
前回に続き、女性誌のモデルやセミナー講師などで活躍中の有村実樹さんに、キレイでいるための秘密を伺いました! 抜群のスタイルや美肌、ポジティブな心を維持するために日々心がけていることなどについて、たっぷりとご紹介します!


Method 04)肌と食の関係性
栄養素が豊富な旬のものを食す

お仕事を始めた10代から、基本的には肌が強く、調子のいい状態を保てていたのですが、20代後半でエイジングによる肌や体の変化を感じ始め、食を意識するようになりました。だからといって、オーガニックや産地にこだわっているわけではありません。今は、季節に関係なくさまざまな食材がそろうようになりましたが、旬のものは栄養価が高いので、その季節にとれるものを食べるようにしています。野菜、たんぱく質、炭水化物をバランスよく食べていると、やっぱり肌も腸内も調子が上向きに。若さだけで何も気にしなかった20代の頃より、いろいろと気づけた30代の今のほうがお肌も体調も断然いい感じです!

家族がいるので料理はしますが、決して得意なわけではないんです。だからこった料理を作るというよりは、カンタンに作れて、素材の味をいかすメニューが多いですね。仕事が忙しくてなかなか自炊できないときは、優秀なインナーケアアイテムに頼ることもあります。
そういうふうに、ムリのない範囲でできることを続けていくのが大切なのではないかと思います。

有村さんおすすめのインナーケアアイテム
・ELLE café AyurAOJIRU
・DHC エルシスホワイト240

Method 05)メンタルの保ち方
自分がラクでいられることがいちばん

夫やペットと一緒にいる時間をとても大切にしています。家族といると、とてもリラックスできるんですよね。だから、疲れたときこそ家族と過ごします。
最近は、時間がとれればキャンプに行きます。焚き火の炎を見たり、寝転がりながら星を見たりして、の〜んびりする。これだけでも、本当に気持ちがラクになるんです。自分が自分でいるためには、家族との時間は欠かせません。

とはいえ、ときには落ちこむこともある。そんなときは、その原因となる事柄を振り返って、そのときの自分の在り方を自己分析します。何か思い当たることがあれば、次からそれを意識すればいいだけですから。その気持ちを前に向かせるためのエネルギーにできればと。それでも改善されなかった場合は、自分とは違う環境にいる人の意見を聞いてみます。新鮮な意見や情報がとてもいい刺激になって、意外とその問題がスムーズに解決したり、新しい考え方ができるようになったりすることもあるんですよ。

Method 06)ミニマムライフ
効率重視で持ち物も最小限に

最近ミニバックが流行っていますよね。じつは私、流行する前からミニバッグを愛用していました。というのも、もともと持ち歩いているものが少なくて。リップ、家の鍵、クレジットカード、スマホ、小さな小銭入れに多少のお金。大きなお財布は持ち歩きません。だって重いと疲れてしまうでしょ? 先の話に出てきた、ゆがまない体のためにもいいと思って。どこに行くにもこれだけです。当初は周りの人も驚いていましたが、今は荷物を持っていると逆に「今日はどうしたの!?」って突っ込まれることがあります(笑)。

私の生活は、ほぼ効率のよい導線で成り立っています。翌日の準備は、当然ながら前日の夜から仕込みを開始。洋服選びは、天気予報を見ることから始まります。晴れか雨かを前日のうちにチェックしておいて、洋服、アクセサリー、バッグ、靴まで準備しておきます。これが私のルーティーン。そうすると翌朝、スキンケア、メイク、歯を磨けば準備完了。出がけにバタバタせずに済むので無駄がない。起きてから15分で家を出られるんです! おかげでギリギリまでゆっくり眠ることもできます(笑)。

Method future)少し先の未来
知性溢れる年齢の重ね方をしていきたい

もともと探究心が強いほうだと思います。すでにセミナー等で美容の講座を開かせていただいていますが、これだけ美容の知識がついたのも、母が美容部員だったことで、美容への興味関心が人より高かったことが大きいですね。
一度興味をもつと、突き詰めてみよう、もっと勉強してみたいと思うんです。美容に関する資格を取得したのも、「よしとろう!」と意気込んでとったというよりは、気づいたらとっていたという感じに近いですね。

知識を身につけることは、自分にとってプラスになることしかないと思っています。知識がないと、人の意見に翻弄されて、自分自身でいられなくなってしまう気がして。
私はいくつになっても自分を信じられる自分でいたい。そして、年齢を重ねるごとに知性が滲み出るような女性でありたいと思います。

profile)
有村実樹 Miki Arimura

1986年2月26日栃木県生まれ。魚座・O型。
美容専門誌『美的』をはじめ、ファッション誌『美人百花』でモデルを務める。
その傍ら、NHK文化センター等でセミナーを行う美容講師でもある。
アロマコーディネーター、ホリスティックビューティー検定2級アドバイザー、
ジュニア野菜ソムリエの資格を保持。
近著に『すべては「乾かない肌」でいるために “毎日のスキンケア”と“身だしなみメイク”の基本』(小学館刊)がある。
インスタグラムも公開中。
https://miki-arimura.officialsite.co/pages/208535/instagram

取材・文/峯島由衣
撮影/山田英博
ヘア&メイク/冬木慎一(Sui)
スタイリング/北橋野枝

洋服クレジット)
ニット¥18,000(ボッシュ 03-6748-0336)
スカート¥26,000(ナチュラルビューティー 03-6748-0342)
イヤリング¥12,410リング¥6,873(ともにアビステ 03-3401-7124)
パンプス¥21,000(タラントン by ダイアナ/ダイアナ 銀座本店 03-3573-4005)

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    11
  1. インタビュー
  2. 美肌

関連記事

  1. Beauty有村実樹さんのキレイの秘密<前編> 自分に似合うものや状態を知ることが大切

    有村実樹さんのキレイの秘密<前編> 自分に似合うものや状態を知ることが大切

    5
  2. Beauty吉岡里帆さんインタビュー<後編> その透明感はどこから!? 過去のダイエット秘話や美肌のひみつ

    吉岡里帆さんインタビュー<後編> その透明感はどこから!? 過去のダイエット秘話や美肌のひみつ

    78
  3. Beauty元バレーボール女子日本代表、栗原恵さんに訊く! 美ボディをつくる“5つの秘訣”【連載インタビュー】 <フィットネス編>

    元バレーボール女子日本代表、栗原恵さんに訊く! 美ボディをつくる“5つの秘訣”【連載インタビュー】 <フィットネス編>

    8
  4. Beauty元バレーボール女子日本代表、栗原恵さんに訊く! 美ボディをつくる“5つの秘訣” 【連載インタビュー】 <食生活編>

    元バレーボール女子日本代表、栗原恵さんに訊く! 美ボディをつくる“5つの秘訣” 【連載インタビュー】 <食生活編>

    26

あわせて読みたい

Pickup