ダイエットカウンセラーが教える「大人の食べ物・食べ方」のコツ|ダイエット、フィットネス、ヘルスケアのことならFYTTE-フィッテ
FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    ダイエットカウンセラーが教える「大人の食べ物・食べ方」のコツ

  1. Share

  2. お気に入り

    22

ダイエットカウンセラーが教える「大人の食べ物・食べ方」のコツ Timolina/shutterstock.com

小さなころに「ご飯は残さず食べなさい」、「栄養たっぷりの○○を食べなさい」と教わると、それが自分の食スタイルの基盤になります。しかし、大人になった今、子どものころと同じ食スタイルは必要ないのだとか。ダイエットカウンセラーの伊達友美先生に教えていただきました。


人は年齢とともに食生活も変わるのが当たり前

例えば20代の頃と同じ体型をキープしている40代の人がいたら、とても素敵ですね。古くからの友だちは、きっとその人に対して「昔からぜんぜん変わらないよね」とうらやましく思いながらホメてくれるに違いありません。
でも……。人には絶対に何かしらの変化はある。人は年齢とともに変わっていくのが当たり前です。

takayuki/shutterstock.com

例えば「食」にスポットを当ててみると、スタイルや好み、自分に合うもの、食べる量……。いろいろなことが年を重ねるごとに変化しているはずなのです。
本来なら、そうした変化を受け入れ、変化した自分に合った食生活をしなくてはいけません。
昔はこれくらい食べていたけど、今はこれくらいがちょうどいい。昔はこれを食べているとお通じがよかったけれど、今は、こっちを食べるほうがお通じがいい……。こんなふうに、ベストな体調を維持してほしいのです。

ところが、実際は、変化についていけていない人がほとんど! 人は変わっていくものだ、ということに気づかず、ずっと食のスタイルを変えない人がいかに多いことか……!

子どものときの食べ方をやめて、大人の食べ物を選ぶ

食事は規則正しく1日3食ちゃんと食べる、好き嫌いはダメ、何でも残さず食べる……。例えば、こんなふうに、子どもの頃のしつけを、大人になってもずっと守っている人がいます。
でも、基本的に大人と子どもは違うのです。

子どもは成長するための栄養やエネルギーがたっぷり必要だから、好き嫌いをしないで、何でも残さず食べなければいけません。でも、成長が終わった大人は、同じように食べてはいけないのです。

食欲がないときもあるし、体調によって食べたいものが変わるし、食べられる量だって日によって違ってくる。大人は、自分の体と相談しながら、そのときに必要なだけ食べることが重要なのです。本当は、大人になったら自然とそれができなくてはいけないのですが……。

「自分は子どもとは違う」ということを自覚して、〝大人の食べ物〟を選ぶようにしましょう。

bitt24/shutterstock.com

例えば、これもまた子どもの頃の延長なのか、ずっと牛乳を飲み続けているような人がいます。でも、牛乳や乳製品は、成長期の子どもに必要なものでしょう? だって、牛乳は本来、子牛を育てるためのもの。ですから、大人には、それほど必要はないはずです。カルシウムは、日本人が昔からとってきた豆や小魚、海藻などから補給すればいいのです。

食事による自分の変化を要チェック!

子どもと大人では食の質も違って当たり前。子どもは栄養素が薄いものをドカンとたくさん食べるのもアリですが、大人はそうはいきません。年齢を重ねると栄養はそれほど要らなくなるとはいえ、内臓が衰え吸収が悪くなるため、多めにとっておくほうがいいものもあります。そうは言っても、ドカンとは食べられないので、栄養素がギュッと凝縮された質のよいものをコンパクトに食べる、というイメージでしょうか。

大人は、体が欲しているものをより敏感に感じとって食べるという能力を身につける必要があるのです。

人は年齢とともに変化していく、といっても10代後半から20代前半の人にしてみれば、まだ実感がないかもしれません。でも、この年代は成長期が終わり、生理周期が安定し、「これから変化するよ」というお年頃。子どもを産み育てる準備を始める必要もあります。

「何をどう食べたらいいのか」をいろいろと試し、自分の変化に合わせながら食べて体をつくることが大切です。
何を食べると満足できるか、食欲が落ち着くか、お通じがよくなるか、肌の調子がよくなるか……。
自分の食を常にチェックし、ひとつひとつ確認していくようにしましょう。

伊達 友美

伊達 友美

ダイエットカウンセラー、管理栄養士、日本抗加齢医学会認定指導士。日本アンチエイジングダイエット協会理事。これまでに5000人以上の食事指導を経験。ボディラインと肌を美しく変身させる指導に定評があり、ダイエットのカリスマとして注目され、各種メディアで活躍している。
日本アンチエイジングダイエット協会の「ダイエットスタイルスクール」講座

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    22
  1. ダイエットカウンセラー

関連記事

  1. Diet怒りっぽい人は太りやすい!?  「やせる性格」と「やせにくい性格」

    怒りっぽい人は太りやすい!? 「やせる性格」と「やせにくい性格」

    11
  2. Dietダイエットにザセツしない秘訣は「始めるタイミング」だった!

    ダイエットにザセツしない秘訣は「始めるタイミング」だった!

    2
  3. Diet管理栄養士が教える! 太りにくい体になれるコンビニメニューの選び方

    管理栄養士が教える! 太りにくい体になれるコンビニメニューの選び方

    8
  4. Dietランチをお弁当にするだけ。おかずの詰め方の工夫で低カロリーのお弁当に

    ランチをお弁当にするだけ。おかずの詰め方の工夫で低カロリーのお弁当に

    9

あわせて読みたい

Pickup