FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    13

AYAさんがレシピを作っているカットと、ブラウニーのレシピ

30代半ばで3人目のお子さんを出産後、体重-13kgに成功したAYAさん。なんと、パンやスイーツを毎日食べてもやせられたというから驚きです。
「作ること、食べることが大好き」というAYAさんのインスタグラムには、腸をきれいにする食材を活用したパンやスイーツのレシピが紹介されていて、「便秘が劇的に改善した」「20kgやせられた」「神レシピに感謝!」など、多くのダイエッターから絶賛されています。
AYAさんが“食べてやせる”腸活ダイエットにたどり着いた理由は、“食べない”ダイエットのつらい失敗経験があったからなのだそう。今回は、AYAさんのダイエット経験や罪悪感なく食べられる“罪なきレシピ”が生まれるまでのお話をお聞きします。

監修
AYA

高校生の頃、食べないダイエットで摂食障害に

「私はパンや甘いスイーツが大好き。でも、以前はやせるために好きなものを一切食べていませんでした。でも、そのガマンがストレスになって、プツンと糸が切れたように暴食してしまっていたんです」と、AYAさん。

この“食べない”ダイエットの怖さを実感した経験は、10代の頃にさかのぼります。
「15歳のときは、身長159㎝、体重48~50kgの標準体重でしたが、細い友人やモデルさんと自分を比べて体形が気になるようになり、人生ではじめてダイエットをしました。最初にしたのは、夜だけ炭水化物を抜き、サラダがメインでおかずは少しだけ、という食事量を減らすダイエット。体重が落ちても、まだ太っている、もっとやせなきゃ…と、太ることへの異常な恐怖心が生まれて、どんどん食事量が減っていきました」

この頃は、あらゆる食材のカロリーを把握し、食べ物が数字にしか見えていなかったというAYAさん。その後は…
「気づいたら体重が40kgを切っていました。生理が止まり、疲れやすくなって体は立っているのがやっと。でも、家族に心配されないよう元気なふりをしていて。それから体重が36kgまで落ち、体力がなくトイレすら自分で行けなくなって…。母に説得されて病院に行き、拒食症と診断されました」

その後、ご家族の支えで食事が普通に食べられるようになるまで回復したAYAさん。しかし、今度は食欲が暴走して過食するようになり、リバウンドして体重がその後27kg増加しました。
「食べないダイエットで筋肉量が減ってしまった体の状態から一気にリバウンドしたことで、エネルギーを消費しにくい太りやすい体質になってしまったんです。20代になってからも、ダイエットとリバウンドをくり返していました」

好きなものをガマンして暴食する負のループから脱出

その後、AYAさんは結婚をして3人のお子さんを出産。30代半ばで3人目を出産した後、体重は63kgまで増えていました。
「三女を産んだ後、糖質制限などあらゆるダイエットをしたのですが、一年間、何をやっても体重がびくともしなくて。早くやせたいと焦るあまり、一日2食にしたり、甘いものを禁止したり。でも、ガマンすればするほど食欲が暴走して必要以上に食べてしまい、罪の意識を感じる…その悪循環になっていたんです」

なぜ、いつもこの負のループにはまってしまうのか? AYAさんは、そこから抜け出すために、改めて自分と向き合うことにしました。
「私はパンやスイーツが大好き。それを全部ガマンするのは無理! 好きなものは心の栄養になってメンタルを安定させてくれる。食べないダイエット、短期間でやせようとする思考は捨てて、運動をしながら、しっかり食べてやせよう。そう考えるようになりました」

そしてAYAさんは、「食べたいものはガマンしないで、食材の栄養の質を考えて作ればいい。大好きなパンとスイーツも体や心の栄養補給となるように手作りしよう!」と決意。ダイエット中でも安心して食べられる“罪なきレシピ”の研究をスタートしました。

腸活食材で体と心の栄養がとれるパン、スイーツを手作り

AYAさんが特にこだわったのが、腸から健康になってやせられる“腸活”です。
「以前は便秘がひどく、1週間出ないこともありました。腸内環境が悪いせいでお腹が張り、肌はボロボロ。風邪をひきやすく、むくみなどのあらゆる不調を感じていたんです。腸は食べたものを消化して栄養を吸収したり、老廃物を排出したりする健康の要となる臓器。不健康で太りやすい体質を根本的に変えるために、腸内環境を整える食材を料理に使うことにしました。
例えば、パンやスイーツを作るときは、小麦粉の代わりに食物繊維が豊富なオールブランやオートミール、おからパウダーを生地に活用する、オオバコを加えるなど、腸内環境を整える食材を積極的に使ってみました」

▼下の写真は、オールブランのブラウニー。電子レンジで簡単に作れる、ダイエット中のスイーツ欲を満たしてくれるおやつです。

オールブランのブラウニー
AYAさんのInstagramより

▼こちらは小麦粉なし、発酵なしのオートミールパン。オートミールのクセを感じさせない味わいで、思わず「普通にパン!」と言ってしまう力作です。

オートミール
AYAさんのInstagramより

また、食事でも野菜、きのこ、果物など食物繊維が多く、腸をきれいにする食材を積極的にとり入れながら3食しっかり食べるように。運動については、スクワットなど10分の宅トレから無理なくスタートし、現在は時間があるときに30分ほどトレーニングを実践。スピンバイクの有酸素運動もとり入れているそう。
そして、半年ほどかけて体重は13kgダウン! パンやスイーツの試作でたくさん食べていても、50kgのベスト体重をキープしています。

ビフォアフ写真

「カメさんのようにゆっくりのダイエットでしたが、私にはこの方法が合っていました。腸内環境を整えることでお通じのリズムが整い、肌の調子もよくなって、体がむくみにくくなったんです。また、好きなものを食べることでガマンすることから解放され、メンタルも安定するようになりました」

AYAさんが何十回も試作を重ねて作っているパンやスイーツは、ダイエッターの体と心を満足させてくれるレシピがいっぱい。初の著書『腸からきれいにやせる! 罪なきレシピ』(学研プラス)には、ダイエット中のパン、スイーツ欲を満たすレシピがまとめられているので必見です。

次回からは、AYAさんのインスタグラムで「いいね!」多数の人気のパン、スイーツのレシピを紹介していきます!

『腸からきれいにやせる! 罪なきレシピ』(学研プラス刊)予約受付中です。

取材・文/掛川ゆり

AYA

AYA

37歳、3人の女の子の母。30代半ばに三女を出産した後に腸活ダイエットをスタートし、パンやスイーツを毎日食べながらストレスなく体重13kgダウンに成功。体と心の栄養補給ができる“罪なきレシピ”を研究し、インスタグラムなどのSNSで紹介。満足度が高く、繰り返し作りたくなるダイエットレシピが大好評で、フォロワー数は11万人を超える(2021年5月現在)。初の著書『腸からきれいにやせる! 罪なきレシピ』(学研プラス)が6月24日に発売予定。
Instagram(@mmm_diet_160

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    13

関連記事

  1. Dietおやつ時間に栄養チャージ! 女性にうれしいおせんべい「美穀」 #Omezaトーク

    おやつ時間に栄養チャージ! 女性にうれしいおせんべい「美穀」 #Omezaトーク

    71
  2. Dietカルディで見つけたスペインのスーパーフード!「タイガーナッツ」を食べてみた!

    カルディで見つけたスペインのスーパーフード!「タイガーナッツ」を食べてみた!

    75
  3. Diet【無印良品のおやつ】あなたはどっち派?素朴な味がおいしい「さつまいもチップスVS干しいも」

    【無印良品のおやつ】あなたはどっち派?素朴な味がおいしい「さつまいもチップスVS干しいも」

    62
  4. Diet小腹女子の携帯おやつに決定! 無印良品の「まんまのドライフルーツ」試食レポート

    小腹女子の携帯おやつに決定! 無印良品の「まんまのドライフルーツ」試食レポート

    89

あわせて読みたい

Pickup