FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    26

フムスチップ カラマタオリーブ』(左)と『レンティルチップ ローズマリー』(右)

たんぱく質ブームで豆を使った食品が大人気。日本では大豆が主流ですが、最近よく聞く、中東のディップ、フムスはひよこ豆ですし、そのほか欧州のえんどう豆を使った代替肉など、世界では多様な豆が用いられています。今回はカルディで見つけた、ギリシャ発のレンズ豆とひよこ豆のチップスを2種類ご紹介します。


小麦粉なしで、たんぱく質が豊富

カルディで買ってみたのは、ギリシャ発ウェラビィーズというブランドのチップス。『フムスチップ カラマタオリーブ』、『レンティルチップ ローズマリー』の2種類で、グルテンフリー、ノンフライのチップスです。

『フムスチップ カラマタオリーブ』は、じゃがいもでん粉やひよこ豆の粉、とうもろこし粉にクミンなどのスパイスとカラマタオリーブを混ぜて焼き上げています。カラマタオリーブはギリシャのカラマタ地方でとれるオリーブで、ヨーロッパ一ともいわれるほど、とても人気があるそう。100gで391kcal、18.7gのたんぱく質がとれます。

フムスチップ カラマタオリーブの原材料名と栄養成分

もうひとつの『レンティルチップ ローズマリー』はレンズ豆粉をメインに、じゃがいもでん粉、とうもろこし粉を混ぜ合わせ、ローズマリーで味つけしたチップス。こちらは100gで390kcal、18.5gのたんぱく質がとれます。

レンティルチップ ローズマリーの原材料名と栄養成分

オリーブとローズマリーがアクセントに

お皿に出した「フムスチップ カラマタオリーブ」のチップス

両方とも四角形の薄焼で、ぱりっとした食感。『フムスチップ カラマタオリーブ』はオリーブの香りがしっかりとしていて、本当のオリーブを食べているかのようなフレッシュな香りです。生地の香ばしさと合間って、大人っぽい味わいに仕上がっています。

お皿に出した「レンティルチップ ローズマリー」のチップス

『レンティルチップ ローズマリー』はオリーブと比べると、材料の違いで少し厚めに焼き上がっています。薄っすらとローズマリーのアクセントがあり、一般的なチップスに慣れていると、最初は薄味に感じますが、食べ慣れてくると、生地のうま味やローズマリーのフレーバーのやさしい味わいがクセになります。

豆を使っているということを忘れる風味豊かな味わいのあるチップス。クラッカーとして、パテやディップソースに添えてもおいしそう。たんぱく質がとれるほか、脂質や塩分は低く抑えられているのもポイントです。

ウェラビィーズ フムスチップ カラマタオリーブ 120g 375円(税込)
ウェラビィーズ レンティルチップ ローズマリー 140g 375円(税込)

文・写真/庄司真紀

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    26

関連記事

  1. Dietさくっと作れて栄養バランスのよい一品に!カルディで見つけた『具入りだし巻き卵の素』

    さくっと作れて栄養バランスのよい一品に!カルディで見つけた『具入りだし巻き卵の素』

    30
  2. Diet大豆の栄養価がさらにアップ! カルディで見つけた北海道産「発芽大豆きな粉」

    大豆の栄養価がさらにアップ! カルディで見つけた北海道産「発芽大豆きな粉」

    28
  3. Dietたんぱく質が白米の2倍! 食べ方いろいろ! カルディで見つけた『玉木商店 北海道産はとむぎ』

    たんぱく質が白米の2倍! 食べ方いろいろ! カルディで見つけた『玉木商店 北海道産はとむぎ』

    28
  4. Diet腹持ち抜群、スイスのカンタン朝食! カルディで見つけた、伝統のじゃがいも料理「ロスティ」を作ってみた

    腹持ち抜群、スイスのカンタン朝食! カルディで見つけた、伝統のじゃがいも料理「ロスティ」を作ってみた

    15

あわせて読みたい

Pickup