FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet
      1. 自己肯定感

    ダイエットと心の関係は? 心理カウンセラー・中島輝さんが教える、お悩み別「自己肯定感の高め方」

  1. Share

  2. お気に入り

    7

オンラインクラス画像

FYTTEでもおなじみの、自己肯定感の第一人者で心理カウンセラーの中島輝さん。10月15日(金)に開催したFYTTEのファンコミュニティ「Fan!Fun!FYTTE」のオンラインクラス「FYTTE流リラックス自己肯定感~ダイエット編~」では、ダイエットにまつわるお悩みにどうやって向き合えばいいのか、自己肯定感の観点から教えていただきました。


心とダイエットは直接的に結びついている

中島先生(本棚背景)画像

健康的な引き締まった体で活躍されている中島さん。ダイエットには無縁かと思いきや、実家で営む会社の後継者と目され働いていたころには、半年で20kgも体重が増えたことがあるのだとか。「認めてもらいたい、やらねば、というプレッシャーの中、『食べる』ことに癒しを求めていたんですね」と話す中島さん。心とダイエットは直接的に結びついているといいます。

「FYTTE流リラックス自己肯定感」のクラスでは、事前に参加者の皆さんに、任意でアンケートをお願いしています。こうして寄せられたアンケートから、今回のダイエットのお悩みは「“ついつい食べてしまう”といった食のコントロールの難しさ」と、「ダイエットが続かない、成功してもリバウンドしてしまってやる気が失せる、といったモチベーションを保つことの難しさ」の2つに大きく分けられることがわかりました。

「食べたい」が抑えられない…そんなときは“ネガ”か“ポジ”かを見極めるのが大事

中島先生背面・ホワイトボード画像

「人間は感情動物だから、そのときの自分の感情の状態を知ることが大切です」と中島さん。

「自分は今、ポジティブな感情とネガティブな感情、どちらが優勢な状態かを見極めるのです。ポジティブな状態であれば、視野が広くなっているので、食べたいという気持ちをほかのものに向けやすくなっています。食欲を他の欲求に置き換える、いわば『違う欲求探し』が有効です。例えばお茶を飲んだり、本を読んだり、散歩をしたり、シャワーを浴びたりして気分転換し、食べたい感情をコントロールするのです」

一方、ネガティブな状態のときには、どうしても視野が狭くなりがちで、『食べなきゃ』という感情から気持ちをそらすのが難しくなっています。そんなときは『咀嚼』が有効だそう。
「咀嚼することと食べることでは、脳の動きは同じなんですよ。だから、なるべく低カロリーで糖質が少なく、たくさんかむものを口に入れるといいですね。例えばガムや昆布、するめなどをしっかりかんで、脳に『食べた』と実感してもらうのです」

中島さんもダイエット中は、昆布やするめで乗り切ったそうですよ!
では、モチベーションが続かないというお悩みの場合はどうでしょうか。

モチベーションが続かない! そんなときは、まず自分を認めて。

中島先生前面・ホワイトボード画像

「ダイエット中にモチベーションの維持が難しいときは、何のためにダイエットをするのかをもう一度、考えることが必要です。“何のため”と言っても、“何kgやせるため”、ということではありません。そもそも自分がなぜダイエットをしようと思ったのか、『自分が健康でいるために』『心と体のバランスをとるために』『憧れのあの人のようになるために』、という本来のダイエットの目的を思い出しましょう。ダイエットというとついつい、数字に目を奪われがちですが、その先の目的を思い出すことが大事なんです。

自分を認めることも大切なことです。モチベーションが落ちているときに、『また食べちゃった』『まだまだダメ』と考えると、さらにモチベーションが下がるだけ。モチベーションが下がっているときには、自分のことを完璧にしようとしてしまいます。でもまず、いいところを見つけ、『よくがんばってるよ』という風に自分と対話してください。

つい食べてしまっても、『これまで頑張ってきたよね』『昨日食べ過ぎた代わりに、今日の食事は少しずつ減らそう』と、穏やかに考えればいいのです。『ケーキを食べちゃったから、今晩と明日はご飯抜き!』なんて、極端に考える必要はないんですね。

ダイエットの成功後に多くの人を悩ませる体重維持の難しさについても基本的には同じで、次の『何のため?』を探すのです。そのために、『何のために体重を維持するの?』と自分に問いかけます。そうすれば、『もっと体力をつけたいからジムにも行きたい。そのためには体重をキープするほうがいいな』『健康でバランスのいい生活のためには体を維持するほうがいいな』と、新しい目標が見えてくることでしょう。そして、ダイエットに成功した自分の力を受け入れます。そうすれば『私はこの体型を保ち続けられるんだ、できるできるできる』という自己効力感をもつことができますよ」

「そういえば自分も、しばらく思いっきりご飯を食べてないかもしれない…」と中島さん。現在、たくさんの講座を開いているので「講座でいちばんいいパフォーマンスをするための体重を維持したい」ということがモチベーションにつながっているそうです。

思うようにダイエットできない状態のときには

ただ、例えば心が疲れてしまったり、病気や薬の影響を受けたりして、どうしても思うようにダイエットできないときもあります。そんなときにはどうすればいいのでしょうか。

「メンタルが落ちてしまっているときには、その状態を無理に抑え込む必要はありません。リラックス&リリース、自分の気持ちの解放を最優先にし、できる範囲のことをすればいいんですよ。病気や薬の影響があるときもそれを受け入れて、まずは健康の維持を優先してくださいね。

人生にはいろんなことが起こり、いろんな状況に出会います。セルフ・コンパッションと言いますが、自分のことを大切にして受け入れ、万全になったらもう1回やろう、と考えればいいんですよ」

「セルフハグ」でクラス終了

セルフハグ画像

クラスの最後には、みんなでセルフハグを体験。
1,大きく伸びをしたり、手をうしろで組んだりして、こりをほぐします。
2,手をうしろに組んだまま、大きく3回深呼吸をし、肩甲骨を意識して肩を回します。
3,手首をぶらぶら振って、脱力します。
4,自分で自分の肩を抱きしめるようにします。
5,目を閉じてあごを引き、心臓に向かって「私、よくがんばってるよ」と心の中で5回言います。
6,腕をほどき、深呼吸を行いながら「私、がんばってるよ」と心の中で言います。再度、深呼吸をし、ゆっくりと目を開けます。

私も一緒にやってみましたが、背中の中心部が温かくなって、とてもリラックスできました。

「自分のことを大切に思えなかったり、認められなかったりするときには8秒くらいかけて深呼吸してみてくださいね。そうすれば脳波が整います。その上で、『がんばってるよ』と自分に声をかけるのです。自分に対して温かな思いやりを持ってくださいね」
そんな中島さんのメッセージで講座は終了。あっという間の40分でした!

次回の中島さんのオンラインクラスは11月16日(火)19:30~20:15に開かれます。次回のテーマは、「FYTTE流!リラックス自己肯定感~ビューティ編~」。内面と外面、心と肌には密接な関係があるそうです。立冬を過ぎて、ちょっと沈んだ気分になることもありますが、気持ちをアップさせて表情を一段明るくするコツがつかめるかも、と楽しみにしています!

まだ申し込みは間に合いますので、ご興味のある方は、まずは登録無料の「Fan!Fun!FYTTE」コミュニティに入会していただき、その後届くメルマガからオンラインクラスへのお申し込みを、お願いします。たくさんのご参加をお待ちしています♪

コミュニティの詳細はこちらから。

https://fytte.jp/community2021_pre/

取材・文/寺田 千恵

連載・関連記事

  1. 朝の過ごし方しだいで1日がご機嫌になる。朝の1時間は、夜の1時間の4倍の価値!

  2. 日々自己肯定感を高めて夢に近づこう。「セルフエスティーム」を確立する方法とは

  3. よく言われる「自己肯定感」って? 心理カウンセラーが教える、生きやすくなるための極意

中島 輝 (なかしま・てる)

中島 輝 (なかしま・てる)

https://www.teru-nakashima.com/
自己肯定感の第一人者/心理カウンセラー/肯定心理学協会代表。
5歳で里親の夜逃げという喪失体験をし、9歳ごろからパニック障害などに苦しむ。10年間実家に引きこもりつつ困難な精神状況のなか、独学で学んだセラピー・カウンセリング・コーチングを実践し続け、35歳で克服。
現在は、Jリーガー、上場企業の経営者など 15,000名を超えるクライアントにカウンセリングを行い、また、ニューライフスタイルを提案する資格認定団体「トリエ」 旧国際コミュニティセラピスト協会、ほか5団体を主催し120以上のオリジナル講座を開発。自己肯定感を高めれば、人生・仕事・人間関係・恋愛・健康・子育てが好転する「ナチュラル心理学」を提唱し、2020 年までに3000人のティーチャー育成を目標にし、2021年までに世界3か国に拡大する予定で活動中。2018年に開発したHSPカウンセラー資格講座を含め3000人以上の受講生を指導する。
著書は、累計30万部を記録し、代表作に『何があっても「大丈夫。」と思える自己肯定感の教科書』、『書くだけで人生が変わる自己肯定感ノート』(SBクリエイティブ)。2020年4月には『一瞬でメンタルが強くなる33のメソッド 1分自己肯定感』(マガジンハウス)を刊行。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    7

関連記事

  1. Healthcare習慣は人生を明るく変える。3日坊主さん必見!の、無意識を味方につける方法とは?

    習慣は人生を明るく変える。3日坊主さん必見!の、無意識を味方につける方法とは?

    24
  2. Healthcareなりたい私に近づく習慣の方法。そのサイクルとテクニックを知り、小さなザセツを乗り越えよう!

    なりたい私に近づく習慣の方法。そのサイクルとテクニックを知り、小さなザセツを乗り越えよう!

    18
  3. Healthcare「否定的な経験を手放したいのに、手放せない……」悩むあなたに心理カウンセラーがアドバイス!~中島輝のお悩み相談室~

    「否定的な経験を手放したいのに、手放せない……」悩むあなたに心理カウンセラーがアドバイス!~中島輝のお悩み相談室~

    49
  4. Healthcare朝の過ごし方しだいで1日がご機嫌になる。朝の1時間は、夜の1時間の4倍の価値!

    朝の過ごし方しだいで1日がご機嫌になる。朝の1時間は、夜の1時間の4倍の価値!

    24

あわせて読みたい

Pickup