FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    赤身肉を食べて脂肪燃焼! やせ体質を手に入れる牛肉を使ったレシピ3選

  1. Share

  2. お気に入り

    61

調理済みの牛肉の塊がまな板の上に乗っている

食べると太りそう……。そんなイメージから、ダイエット中は肉を避けている人も多いのでは? でも肉は、上手に部位を選んで食べることで、やせ体質に近づける食材だったのです! そこで今回は、ダイエット効果が期待できる赤身肉の中から牛肉を使ったレシピをご紹介します。


肉を食べてやせ体質になれる理由とは?

肉を食べるとどんないいことがあるのでしょう。3つのポイントをご紹介します。

<ポイント1> 筋肉の材料となるたんぱく質が豊富

基礎代謝を高めて、余分な脂肪を燃やすためには、筋肉が必要。筋肉の材料となるのは、たんぱく質です。肉は良質なたんぱく質が豊富なので、肉を食べると筋肉がつきやすくなり、やせ体質に。

<ポイント2> L-カルニチンが脂肪燃焼をサポート

肉に含まれるアミノ酸、L-カルニチンには、体脂肪を燃焼しやすくする働きが。L-カルニチンは、肉以外にほとんど含まれていないので、ダイエット中に肉を食べれば、脂肪燃焼効果がアップ!

<ポイント3> 甘いものへの欲求が減る

甘いものが食べたい! という欲求が強いとき、実はたんぱく質不足になっていることが多いのだとか。肉を食べて、しっかりとたんぱく質を摂取すると、甘いものへの欲求が減っていくそう。とにかく毎日甘いものを食べないと気がすまないという人は、肉を減らしすぎているのかも!? 甘いものの間食が減れば、一日の摂取カロリーを減らすことができます。

ダイエット中は牛肉・豚肉などの赤身肉がおすすめ!

肉をダイエットに役立てるポイントは、肉の種類と部位に気をつけること。おすすめは、脂肪燃焼効果のあるL-カルニチンが豊富な牛肉、豚肉などの赤身肉。

ここで、牛肉、豚肉それぞれの部位別のカロリーをチェックしてみましょう!

<牛肉(和牛)の部位別カロリー(100gあたり)>
ばら    517kcal
サーロイン 498kcal
かたロース 411kcal
もも(赤身)246kcal

<豚肉の部位別カロリー(100gあたり)>
ばら    386kcal
ロース   263kcal
かた    216kcal
もも(赤身)183kcal

牛肉、豚肉どちらも、赤身のもも肉は、脂身が少なく低カロリー。噛みごたえもあるので、しっかりと噛んで食べれば満腹中枢が刺激されて満足感も◎。摂取目安は、成人女性で肉と魚介を合わせて1日100g程度。食べるときには、調理法にも工夫を。油をたっぷり使って揚げものをしてしまうと、どうしても高カロリーになってしまいます。ダイエット中は、煮る・蒸す・焼くなどがおすすめです。

今回は、牛肉を使ったレシピをご紹介したいと思います。
それではさっそくレシピを見てみましょう!

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    61
  1. やせ体質
  2. 脂肪燃焼
  3. 赤身肉

関連記事

  1. Diet肉を食べても太らない!赤身肉でやせ体質を作る2つのルール

    肉を食べても太らない!赤身肉でやせ体質を作る2つのルール

    62
  2. Diet『伊達式』やせ体質をつくるお茶の食べ合わせ術3タイプ

    『伊達式』やせ体質をつくるお茶の食べ合わせ術3タイプ

    34
  3. Diet肉を食べれば脂肪が燃える!? 赤身肉でやせ体質になれる理由

    肉を食べれば脂肪が燃える!? 赤身肉でやせ体質になれる理由

    72
  4. Diet10日間で-3.65kg!? 羊肉を食べるダイエット術にDJ KOOさんが挑戦

    10日間で-3.65kg!? 羊肉を食べるダイエット術にDJ KOOさんが挑戦

    3

あわせて読みたい

Pickup