FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    114

 

効果が出るプチ断食のやり方3か条

フルーツボウルを片手に持つ女性の脚元

体の細胞は、夏バージョンから冬バージョンへ、冬バージョンから夏バージョンへと衣替えします。ちょうどその時期にオートファジー機能をONにすると、細胞の中にたまっていた悪いものが外に出ていきやすいのです。

真夏や真冬は、暑さ、寒さによるストレスがあり、断食によって体調を崩してしまうこともあります。
そのため、うまく毒素を排泄することができないでしょう。
つまり、気温による環境ストレスの少ない、春先と秋口がベストシーズンなのです。

効果の出る断食には、やり方があります。

<プチ断食のやり方3か条>
(1)年に3回以上行うのはあまりおすすめできません。
オートファジー機能をONにするのは、緊急事態のときに警報装置のスイッチを押すようなもの。頻繁にプチ断食をするということは、それだけ体を緊急事態にさらすことになるので気をつけて。

体は怖がって臆病になり、代謝を下げる引き金になることも十分に考えられます。要するに、頻繁にプチ断食を行うと、太りやすい体になってしまうのです。

(2)プチ断食を長く続けることも同じく危険ですから、絶対に48時間以上は続けないでください。

(3)そしてもうひとつ。女性の場合は、生理の周期に合わせることもポイントです。生理前や生理中は、プチ断食をしても、うまく毒素が排泄されません。
生理が終わったときがベストのタイミングです。

連載・関連記事

  1. ダイエットにまつわる6つの噂を検証!「お酒は絶対にNG」はウソor本当?

  2. 食べすぎた翌日はこれで完璧! 「リセット食テク」3つのルールと豆腐レシピ3選

伊達 友美

伊達 友美

ダイエットカウンセラー。管理栄養士。日本抗加齢医学会認定指導士。日本アンチエイジング・ダイエット協会理事。専門は、ダイエット、「心」と「体」と「性」にまつわる栄養学=ホリスティック・ニュートリション。自ら20㎏の減量に成功した経験を持ち、正しい栄養学×食事法×睡眠×ダイエット×メンタル×ファッションスタイル学といった幅広い知識をともに、これまでに7000人もの食事指導を行う。著書に『大盛りご飯を食べてもやせる技術』(池田書店)などがあり、メディア出演も多数。
日本アンチエイジングダイエット協会の「ダイエットスタイルスクール」講座

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    114

関連記事

  1. Dietコロナ太り、その実態は? イタリアの研究で食生活の変化などが明らかに

    コロナ太り、その実態は? イタリアの研究で食生活の変化などが明らかに

    32
  2. Dietナッツを食べる人は食生活の質も高い!? ポーランドの研究からわかったことは…

    ナッツを食べる人は食生活の質も高い!? ポーランドの研究からわかったことは…

    35
  3. Diet子どものころからフルーツジュースを飲んでいると太る? 太らない? 研究でわかった食生活への影響は?

    子どものころからフルーツジュースを飲んでいると太る? 太らない? 研究でわかった食生活への影響は?

    34
  4. Dietやっぱりヘルシーな食事が大事! 若い世代ほど、「不健康な食事」が体重増加につながりやすい

    やっぱりヘルシーな食事が大事! 若い世代ほど、「不健康な食事」が体重増加につながりやすい

    40

あわせて読みたい

Pickup