FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    49

グルテンフリーランチ

一般社団法人グルテンフリーライフ協会による「グルテンフリーランチ交流会」が11月22日に池袋にある『リビエラカフェ グリーンスタイル』にて開催。当日のセミナーではグルテンフリー食材のひとつとして「カルローズ米」も紹介。前回の記事『「実践してよかった!」うれしい声続出。グルテンフリーセミナーのレポートをお届け!』に続き、後半のランチビュッフェでは、そのカルローズ米をメインにしたグルテンフリー対応の特別メニューを味わいました。


グルテンフリー食品として米にも注目!

カルローズ米セミナーの様子

グルテンを含んでいない食品ということでは、米もグルテンフリー食品のひとつ。日本にはおいしい米がたくさんありますが、今回は、日本のものとは少しタイプの違う米としてUSAライス連合会の小島由美さんから「カルローズ米」が紹介されました。

「カルローズ」は、「カル(カリフォルニア)のローズ(バラ)」という意味だそうで、米国・カリフォルニア州オリジナルの中粒種の米。カリフォルニア州の米生産量の約90%を占め、40か国以上に輸出されていて、世界でもよく知られた米なのだそう。

自然環境にやさしい農法で収穫されているというのもポイントで、水資源や大気汚染への配慮や太陽光発電の利用などがおこなわれ、広大な田んぼを訪れる野生の水鳥や動物たちが豊かな土壌づくりの手助けをしてくれているのだとか。

味のほうは、中粒種は短粒種(日本の米など)と長粒種(タイ米など)の中間にあたる米で、短粒種と長粒種のいいところを持ちあわせているのだそう。「軽い食感」「アルデンテのような歯ごたえ」「冷たくしてもおいしい」「調理に手間がかからず扱いやすい」という特徴があるといいます。
アメリカをはじめ海外では、サラダやスープなどに使われ、「ヘルシーなライスメニュー」という位置づけなのだそうです。

ビュッフェで「おいしいグルテンフリー」も体験

リビエラグリーンカフェのシェフ

会場の真ん中に特別料理が並べられ、お楽しみのランチビュッフェの時間に。
それらの料理は、会場であるリビエラグリーンカフェのシェフ考案によるグルテンフリー対応の特別メニュー。カルローズ米がメインに使われているのもポイントです。

グルテンフリーランチビュッフェ

右<ALT>カルローズ米グリーンの画像 真ん中<ALT>カルローズ米レッドの画像 左<ALT>カルローズ米ブラックの画像” width=”680″ height=”200″></p>
<p>カルローズ米を使ったメニューは、グリーン、レッド、ブラックとカラフルな「ライスサラダ」、パンの代わりに米を使った「クリスピーライスのブルスケッタ風」、「シーライススープ」。ふだんとは違う米料理に興味しんしん。食べてみると、たしかにあまり粘り気のなくさらっと軽い食感で、冷たい料理にもよく合います。</p>
<p><img class=

フォーブス 弥生

フォーブス 弥生

一般社団法人グルテンフリーライフ協会代表理事。身内のグルテン過敏症をきっかけにグルテンフリーの探求と実践の道へ。長年にわたり培った知恵とノウハウをグルテンフリーの普及活動に生かすべく、2013年12月一般社団法人グルテンフリーライフ協会を設立。 著書に、自身の経験と実践レシピをまとめた『2週間、小麦をやめてみませんか?』(三五館)。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    49

関連記事

  1. Dietグルテンフリー、乳製品の不使用のヘルシースィーツが買える!ニューヨーク人気店特集

    グルテンフリー、乳製品の不使用のヘルシースィーツが買える!ニューヨーク人気店特集

    134
  2. Dietダイエット中に食べるならどっち? 麺食で迷ったらグリテンフリーの「十割そば」

    ダイエット中に食べるならどっち? 麺食で迷ったらグリテンフリーの「十割そば」

    74
  3. Diet「実践してよかった!」うれしい声続出。グルテンフリーセミナーのレポートをお届け!

    「実践してよかった!」うれしい声続出。グルテンフリーセミナーのレポートをお届け!

    46
  4. Dietダイエット中の外食選びのコツ。パスタやピザを食べるなら「リゾット」がおすすめ!

    ダイエット中の外食選びのコツ。パスタやピザを食べるなら「リゾット」がおすすめ!

    63

あわせて読みたい

Pickup