FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    13kgやせの管理栄養士が教える! 食べても太りにくい小腹レスキューフード

  1. Share

  2. お気に入り

    22

片手にケーキと片手にりんごを持つ女性

小腹がすいたときはひたすらガマンというダイエットはもう卒業! 置き換えフードでお腹を満たして乗り切りましょう! ダイエット中に食べてもOKのレスキューフードをダイエットアドバイザーの岸村康代さんに教えていただきました。


お菓子を食べたいときは甘栗!

甘いものが好きな人は小腹がすくと、チョコレートやクッキーなどお菓子類に手が伸びそうになりますね。そんなときは甘栗がおすすめ、と岸村さん。食べてみるとしっかり甘みがあって「甘いものが食べたい」という欲求を満たしてくれます。ダイエット中のおやつ向きと言われるナッツ類よりもよいのだとか。

おやつにおすすめの甘栗

「ナッツ類はミネラルや食物繊維がとれますが、全般に脂質が多く、カロリーが高いんです。特に、脂質の中毒性も問題。食べ始めると歯止めがきかなくなり、食べ過ぎてしまう場合が多いんです。それに対し、甘栗はナッツと同じ種実類ですが、脂質は少なめ。糖質は含まれますが、食後の血糖値の急上昇を防ぐ食物繊維や糖質の燃焼を助けるビタミンB群も多く含まれているのでおすすめです」

おせんべいなら魚肉ソーセージやスルメ!

おせんべいやスナック菓子が好きという辛党派には、コンビニなどで手軽に買える魚肉ソーセージやスルメにスイッチするといいと、岸村さん。

スルメはシンプルなタイプを選ぶ

「魚肉ソーセージはたんぱく質食材のため、糖質が多いおせんべいのように食後の血糖値の急上昇を招くことはありませんし、スナック菓子のように脂質も多くありません。一方、スルメは糖質が少なくたんぱく質もとれ、糖質の代謝を助ける亜鉛も豊富。噛みごたえもあるので、満足感も得られます。ただし、さきいかやのしいかは糖分や添加物が入っていて食欲スイッチが入りやすいので避け、いかを乾燥させただけのシンプルなタイプを選びましょう」
魚を日頃から食べていると、魚には筋肉の修復効果があるため筋肉痛になりにくいという研究も! 筋トレをしている人には体のメンテナンスとしてもよいかもしれませんね。

炭酸飲料より炭酸水、ジュースより豆乳!

炭酸水はダイエット中活用する方も多いですね。コーラやビールなどパンチのきいた炭酸が好きな人は、それを飲むと落ち着く効果もあり、おすすめなのだそう。
「ただ、飲む量に注意が必要です。量が少ないと、食欲を増進させて逆効果になってしまう場合もあるんです。少なくとも500mlくらい飲めば、満腹感が得られて食べ過ぎを防ぐのに効果的です」

豆乳をもつ女性

ジュースのように甘いものを飲みたいと思ったとき、カロリーを抑えようと、ついゼロカロリー飲料を選びがちです。でも、それはやめたほうがいいと、岸村さん。
「ゼロカロリー飲料をよく飲む人のほうが肥満になりやすいという報告もありますし、その強い甘みに慣れてしまうと、ほかの食事でも糖分を欲するようになってしまいます。甘いものが飲みたいときは、豆乳がおすすめです。できれば無調整豆乳がいいのですが、ほんのり甘い調製豆乳まではOKです。調製豆乳には若干の糖分と米油が入っているので、腹持ちもいいんです。ただし、いろいろな味がついている豆乳飲料は避けましょう」

食後のデザートにはスイーツでなくフルーツ!

夕食後まだ物足りない、何か食べたい。そんなときはフルーツがよいそうです。ただし、その選び方にはポイントがあります。

デザートにはりんごを

「フルーツの中でも、柑橘類、りんご、キウイなど、酸味があるものや食物繊維が豊富に含まれているものが血糖値が急上昇しにくく、ダイエット向きです。そのなかでも、イチオシはりんごです。食物繊維やポリフェノールが豊富で、噛みごたえがあるので満腹感を得やすいんです。それに対し、バナナはビタミンB6と糖質がとれるのでアスリートにはいいのですが、糖質が多めなのでダイエットには少し不向きです。バナナを食べるときはほかの糖質食品を控えて摂る、など注意しましょう」

「これを食べてもいい」と思うものがあるだけで、安心するもの。レスキューフードを備えて小腹対策に上手に活用してくださいね。

さらにくわしく、岸村さんのメソッドを知りたい人はこちら!

書影

取材・文/野上郁子

連載・関連記事

  1. ごはん好きvs揚げもの好きvs甘いもの好き。食べたいものを上手に食べてやせる方法

  2. 13kgやせのダイエットアドバイザー岸村康代さん教えて! しっかり食べてやせ体質に変わる方法

  3. 糖質オフはなぜ失敗する? 糖質と上手につき合ってやせた13kgやせ管理栄養士の成功法則

岸村 康代

「大人のダイエット研究所」代表理事。フードプランナー、管理栄養士、野菜ソムリエ上級プロ。目的に合わせて効率よく栄養をとる“パワーフードスタイル”を提唱。忙しい大人のための食の推進を目的に、「大人のダイエット研究所」を設立。「繊活」や「ズボラレシピ」など、現代社会に求められる食の提案を行う。「食べないリセットから、食べるリセット」をテーマにした「リセットごはん®」商品もプロデュース。栄養監修、商品コンサルティング、メディア出演など、多方面で活躍中。著書に『いつもの料理にかけるだけ おからパウダーダイエット』(セブン&アイ出版)、『落とした脂肪は合計10トン! 伝説のダイエット・アドバイザーが教える最強のやせ方』(東洋経済新報社)がある。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    22
  1. 小腹対策
  2. 間食

関連記事

  1. Diet10kgやせ成功者が実践する「食べたい!」の誘惑に打ち勝つ方法

    10kgやせ成功者が実践する「食べたい!」の誘惑に打ち勝つ方法

    54
  2. Dietごはん好きvs揚げもの好きvs甘いもの好き。食べたいものを上手に食べてやせる方法

    ごはん好きvs揚げもの好きvs甘いもの好き。食べたいものを上手に食べてやせる方法

    26
  3. Diet管理栄養士・木下あおいさんに聞く!お肉、揚げ物、パン、パスタ…つい食べすぎたときのリセット食とは?

    管理栄養士・木下あおいさんに聞く!お肉、揚げ物、パン、パスタ…つい食べすぎたときのリセット食とは?

    56
  4. Diet10kgやせ成功者がたどり着いた「ダイエット中のストレス」との付き合い方

    10kgやせ成功者がたどり着いた「ダイエット中のストレス」との付き合い方

    80

あわせて読みたい

Pickup