FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    80

アマニ油

以前は、ダイエットといえば「油を抜く!」というのが常識でしたが、最近では油の質を選んで、しっかりプラスすることが大切だということが、ようやく一般的に浸透してきました。ここで、脂質(油)について、改めて知っておきましょう。管理栄養士の伊達友美先生に脂質の大切さについて教えていただきました。

監修
伊達 友美

脂質不足から起こる冷えによるやせにくさ

体重計と女性
人の体にとって、油が必要だということをまだまだ知らない人も多いようです。脂質は、1gあたり9kcalのエネルギーを作ります。ですから、糖質やたんぱく質に比べてカロリーが高いという思いから、ダイエッターのみなさんはどうしても控えてしまいます。しかし、逆に考えれば、効率的に熱エネルギーを作って、体を温めてくれるものなのです。
ダイエッターのみなさんが悩んでいる「冷え」は、じつはエネルギー(カロリー)不足が原因になっている場合がほとんど。カロリーを気にして、エネルギーを作る食べものを控え過ぎると、体は熱を起こすことができなくなって、冷えてしまうのです。
体が冷えていると、代謝が下がって消費するカロリーが少なくなりますから、太りやすくなってしまいます。脂質も適度にとってカロリーを補わないと、やせにくい体を自ら作ってしまうことになりますから、注意しましょう。

女性に欠かせない!大切な脂質の働き5つ

そして、油には次の5つの重要な働きがあります。

<1>心臓のエネルギー源:心臓はバクバクと動くたびに、油を使います。ですから、心臓の病気になると、まず油のコントロールをしなければいけません。心拍数を上げる運動を効率的に行うには、心臓の機能を高めることが重要です。やせるために運動をするなら、脂質をしっかりとりましょう。

<2>脳を作る栄養素:水分を除けば、脳ミソは半分以上「脂質」でできています。食欲をコントロールしたり、自律神経を整えるためには、脳の機能を上げなければいけません。

<3>女性ホルモンの材料:じつは女性ホルモンはコレステロールという脂質から作られます。ムリな食事制限をして脂質不足になるとと、まず生理が止まるのはそのせいなのです。

<4>腸の潤滑油:女性のお悩みで多いのが便秘。ダイエットをすると、それまでは自然にあったお通じがスッキリしなくなってしまう人も多いでしょう。便秘には、食物繊維と水分が必要といわれますが、スベリをよくするオイルがなければ、便がつるんと出ることはありません。じつは、油不足も便秘の原因。脂質は腸のエネルギー源でもあるのです。

<5>皮脂膜を作る:お肌のうるおいを保つためには、水分が必要ですが、その水分を適度に閉じ込めておくためには、油の膜も大切です。皮膚の表面にある皮脂膜は、うるおいを保つ肌のバリアー。これがないと、お肌が乾燥してカサカサしたり、ちょっとした刺激にも敏感になってしまいます。乾燥肌や敏感肌は、脂質の不足が大きな原因のひとつなのです。

どうですか?脂質は、健康や美容に、そして何よりもダイエットに重要だということがおわかりいただけたでしょうか?

オメガ3脂肪酸をとってヘルシーでキレイな体に

大切だからといってただ油をとればいいのではなく、問題は、油の「質」です。最も危険なのは、トランス脂肪酸。マーガリンやコーヒーミルク、ショートニングに含まれています。専門家の間では、「狂った油」とか「プラスチックオイル」と呼ばれています。非常に不自然な油なので、上記の油は体のトラブルの原因になるといわれています。常温で固まっている油(飽和脂肪酸)は、あまりとり過ぎない方がよいでしょう。肉の脂身、鶏の皮、バターなどです。ちょっと前にブームになったココナッツオイルも、この飽和脂肪酸の仲間です。基本的に、体内で合成できるものですから、必要以上に食品として口からとらなくても大丈夫。

オリーブオイル
不飽和脂肪酸といわれる油のなかで、オメガ9脂肪酸の多いオイルの代表はオリーブオイルです。加熱調理にはよいですが、これも体内で作ることができるので、ムリに多くとる必要はありません。体内では合成できない必須不飽和脂肪酸の多いオイル「オメガ6脂肪酸」は、ベニバナ油やコーン油などに含まれますが、サラダ油として現代人はかなりとっています。
とり過ぎると、体内で炎症をおこし、アレルギーやニキビなどの原因になることもあります。

体内で作ることができなくて、ふだんの食事からはなかなかとりにくいのが「オメガ3脂肪酸」。DHAやEPAを含む旬の魚を生で食べたり、ナッツなら素焼きのクルミをおやつに食べるのもオススメです。エゴマ油、アマニ油なども、だいぶ手に入りやすくなりましたね。

健康や美容のためなら、1日に小さじ1杯を目安に。ダイエット、冷え、便秘、ニキビ、敏感肌などが気になる人は、小さじ2杯くらいを目安にしてみましょう。ただし、このオイルは非常にデリケートで酸化しやすいので、加熱調理はできません。瓶入りのオイルは、冷蔵庫に保管して、3か月以内には使い切るようにしましょう。

 

伊達 友美

伊達 友美

ダイエットカウンセラー。管理栄養士。日本抗加齢医学会認定指導士。日本アンチエイジング・ダイエット協会理事。専門は、ダイエット、「心」と「体」と「性」にまつわる栄養学=ホリスティック・ニュートリション。自ら20㎏の減量に成功した経験を持ち、正しい栄養学×食事法×睡眠×ダイエット×メンタル×ファッションスタイル学といった幅広い知識をともに、これまでに7000人もの食事指導を行う。著書に『大盛りご飯を食べてもやせる技術』(池田書店)などがあり、メディア出演も多数。
日本アンチエイジングダイエット協会の「ダイエットスタイルスクール」講座

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    80
  1. 女性ホルモン
  2. 心拍数

関連記事

  1. Healthcare見落としがちな貧血に注意!なんと日本人女性の半数以上は鉄欠乏状態!

    見落としがちな貧血に注意!なんと日本人女性の半数以上は鉄欠乏状態!

    82
  2. Diet医師がすすめる!「連休」を利用して確実にやせる方法とは?

    医師がすすめる!「連休」を利用して確実にやせる方法とは?

    77
  3. Diet立つだけでOK!ニートするダイエットでラクやせしよう!

    立つだけでOK!ニートするダイエットでラクやせしよう!

    75
  4. Healthcareスーパーフードとは?栄養バランスに優れたおすすめスーパーフード8選!

    スーパーフードとは?栄養バランスに優れたおすすめスーパーフード8選!

    59

あわせて読みたい

Pickup