FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    腸内環境を改善! 心臓病リスクの低下につながる可能性も…くるみのすごいチカラが新たに判明

  1. Share

  2. お気に入り

    15

食事

くるみはいろいろな効能が報告されて注目を集めています。そもそもナッツを食べると、長寿につながるという研究結果まで得ています。含まれる成分は美容にもよさそうですが、糖尿病の予防や腸の健康につながるとも。そしてこのたびまたひとつ新たな報告が。腸内細菌など腸への効果により心臓の健康につながるというのです。


くるみを食事にとり入れると…

クルミを食べる女性

くるみをはじめナッツは、健康への効果が注目されているオメガ3系脂肪酸が豊富なだけでなく、食物繊維が多いことから、腸内フローラにもよい影響があると考えられるようになっています。これまでくるみはコレステロールや血糖値を下げるという研究結果が出ていましたが、最近の研究では腸内環境がよくなることで、全身の健康にもよい影響があるといわれるように。
そこで米国の研究グループは、くるみの効果についてあらためて分析したのです。調べたのは、食事にくるみを加えると腸内細菌がどのように変化するのか、さらに心臓病のリスク要素に影響するのかという点。太りぎみや肥満の42人に3種類の食事をとってもらい違いを比べました。

3種類の食事とは、飽和脂肪酸を減らした標準的な食事にくるみを加えたもの(1日57〜99g)、くるみを加えずに同量のαリノレン酸(ALA)を入れた食事、αリノレン酸をオレイン酸に置き換えた食事の3つ。順番に6週間ずつ食べてもらい、それぞれ便を分析して、血圧や血液検査での脂質やコレステロールなどを測ったのです。αリノレン酸はDHAやEPAと同じオメガ3系脂肪酸、オレイン酸はオメガ9系脂肪酸なので、脂肪酸の違いを比べることになります。

善玉菌が増える効果

テーブルに置かれたクルミなどのナッツ

まずわかったのは、くるみを加えた食事をとっていると健康によいとわかっている腸内細菌が増えること。たとえば、これらは腸の内壁を保護するといわれているロゼブリア菌のほか、ユーバクテリウム菌といった善玉菌が増えていたのです。くるみの代わりにαリノレン酸を加えた食事でも増えていましたが、くるみを加えた食事のほうが多く増えて、多様性も豊かになるとわかりました。

さらに、これらの善玉菌の増加と心臓病のリスクにつながる体のトラブルも減らせる可能性も見られました。たとえば、ラクノスピラセア菌が増えると、血圧、総コレステロール、non-HDLコレステロール(総コレステロールからHDLコレステロールを引いた値)が低くなるという結果に。くるみを加えなかったほかの2種類の食事では見られない変化です。

研究グループは、「くるみに含まれる脂肪酸に加えて、食物繊維やほかの成分が腸内フローラを豊かにして、心臓の病気を防ぐ効果につながっている可能性がある」と結論づけています。

<参考文献>

Walnuts may be good for the gut and help promote heart health
https://news.psu.edu/story/603086/2020/01/16/research/walnuts-may-be-good-gut-and-help-promote-heart-health

J Nutr. 2019 Dec 18. pii: nxz289. doi: 10.1093/jn/nxz289. [Epub ahead of print] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31848609
https://academic.oup.com/jn/advance-article/doi/10.1093/jn/nxz289/5680186

連載・関連記事

  1. クルミでおなかの病気が治る?「炎症性腸疾患」を和らげる可能性

星 良孝 <ステラ・メディックス>

星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス代表取締役社長/編集者 獣医師  専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。https://stellamedix.jp

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    15
  1. 大腸マネジメント
  2. 病気予防
  3. 腸活

関連記事

  1. Diet体重を減らしてくれる腸内細菌「プレボテラ」。この細菌を増やす食事のポイントは?

    体重を減らしてくれる腸内細菌「プレボテラ」。この細菌を増やす食事のポイントは?

    17
  2. Dietパスタ、うどん、いも料理…。ダイエッター必見! 専門家が伝授「やせる炭水化物の食べ方」はこれ!

    パスタ、うどん、いも料理…。ダイエッター必見! 専門家が伝授「やせる炭水化物の食べ方」はこれ!

    8
  3. Diet白米を常温で1時間冷ますだけ! ダイエットの新常識!第3の食物繊維「レジスタントスターチ」の食べ方とは

    白米を常温で1時間冷ますだけ! ダイエットの新常識!第3の食物繊維「レジスタントスターチ」の食べ方とは

    3
  4. Dietやせたいならご飯を食べるべき? ダイエットの強い味方! 炭水化物に含まれる注目の物質とは

    やせたいならご飯を食べるべき? ダイエットの強い味方! 炭水化物に含まれる注目の物質とは

    14

あわせて読みたい

Pickup