ゆっくり走れば脂肪が燃える! スロージョギングでやせるワケ|ダイエット、フィットネス、ヘルスケアのことならFYTTE-フィッテ
FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    16

ゆっくり走れば脂肪が燃える! スロージョギングでやせるワケ

ダイエットのための運動と言えば、ジョギング。ジョギングは健康にもイイとわかってはいるけれど、「一生懸命走るなんてツラくて無理……」「そんなに長く走れない……」となかなか腰が上がらないという人も多いのでは? そこで今回は、ジョギングが苦手な人にもおすすめのスロージョギングについてご紹介します!


【スロージョギングでやせる理由とは?】

スロージョギングとは、歩くくらいの超スローペースでジョギングをすること。ジョギング初心者の場合、目安は時速5㎞程度。友だち同士で走るなら、普通に会話をしていてもラクに走れる速さです。これだとウォーキングと変わらないようにも思えますが、スロージョギングは、ウォーキングに比べて、およそ2倍のエネルギー消費量なのだそう。

筋肉は、瞬発力を担う「速筋」と、持久力を担う「遅筋」の2種類に分けられます。スロージョギングでは主に遅筋を使うため、走り続けるうちに遅筋の能力が高まり、少しずつ持久力がついていきます。これによって、筋肉内の毛細血管が増えて筋肉に効率よく栄養や酸素が行き渡るようになり、体内に蓄えられている脂肪が消費されやすくなるというワケ。筋肉量が増えれば基礎代謝も高まるので、消費カロリーもアップ!

速く走らなければ効果がない! と思い込んでいたアナタも、さっそくスロージョギングにトライ!

【スロージョギングの走り方4STEP】

  • STEP1.背筋を伸ばし、あごは自然に上がるくらいを保つ。視線は前に。
  • STEP2.着地は足の指の付け根あたり。体を少し前傾させ、ジャンプをしたときの着地イメージで、つま先を使って走る。歩幅は小さめに。
  • STEP3.肩の力を抜いて、腕は自然に振る。
  • STEP4.走っている途中で息が上がってしまったら、ペースを落として息を整える。

最初は1日10分程度でもOK。慣れてきたら、1日30~40分を目標に。けが防止のためにも、普通のスニーカーではなくランニング用シューズを選んで。

スロージョギングを続けていくと、じょじょに長く走れるようになるといううれしい効果も。スロージョギングでゆっくり楽しくダイエットしていきましょう!

文/eko

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    16
  1. スロージョギング

関連記事

  1. Fitness歩く速さで走るだけ! スロージョギングの効果を高める2つのポイント

    歩く速さで走るだけ! スロージョギングの効果を高める2つのポイント

    17
  2. Fitness動物や楽器に“アフリカ土産”まで!? ウォーキングでフィギュアをコンプリートする「歩いてコレクション」

    動物や楽器に“アフリカ土産”まで!? ウォーキングでフィギュアをコンプリートする「歩いてコレクション」

    1
  3. Fitnessビシッと歩きに変えて“13kgやせ”したモデル・仁香さんのウォーキングレッスン

    ビシッと歩きに変えて“13kgやせ”したモデル・仁香さんのウォーキングレッスン

    2
  4. Fitness着せ替えパターンは5000通り以上!歩数に応じてねこがオシャレに進化するアプリ「ねこと歩く」

    着せ替えパターンは5000通り以上!歩数に応じてねこがオシャレに進化するアプリ「ねこと歩く」

    2

あわせて読みたい

Pickup