FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    17

女性にもおすすめ! バッティングセンターでストレス発散!#Omezaトーク

バッティングセンターといえば、野球の練習や仕事帰りの男性などがよく行くイメージですが、最近は女性でも気軽にストレス発散しに行ける場所として注目されているそう! 最近ソフトボールをはじめた編集おこめも、バッティングセンターで全力でスイングしてきました!


以前の記事でも書いたのですが、今年の3月から趣味でソフトボールをはじめました。
キャッチボールやバッティングの練習など、ほぼ毎週行っているのですが、それだけでは飽き足らず、バッティングセンターにも行ってきました!

毎週バッティングをしているとはいっても、加減をして投げてもらっての練習なので、80km、100kmほどの速度のボールが打てるのか不安になりつつも、いざ挑戦!

今回は1100円で10球、3ゲームできるカードを購入しました。
まずは、ちょうどいい重さのバットを選んでヘルメットをかぶります。
カードを機械に入れて、球速を選んだらバッターボックスへ。

私はあまり野球に詳しくないのですが、ピッチャーもお気に入りの人が選べるようです!

ちなみに、私は左打ちなのでベースの右側に立って打ちます。
正面のスクリーンに映るピッチャーがボールを投げると、ボールが飛んできます。
バットを思い切り振りかぶって、打つ! ただそのくり返しですが、ボールにバットが当たる感触がとにかく気持ちいいです。
もちろん、すべてのボールに当たるわけではないのですが、スイングするタイミングや位置を調整するうちに当たる回数が増えてきました。

打つときのポイントとしては、
・ボールをよく見てタイミングを合わせること。
・腕を下げすぎないようにバットのグリップ(握るところ)を上げること。
・思い切りバットを振り切ること。
まずはそれらを意識することが重要なんだそう。

ただ、全然バットに当たらない…という人は、最初は軽めにバットを振って当たる感覚を覚えてからスイングすると当たりやすいです。

打ち終わったころには手がビリビリしびれるほど熱中していました!
今回は残念ながらホームランは打てませんでしたが(ソフトボールの練習でも打ったことはありません…)、運動不足の解消やストレス発散にこれからもバッティングセンターに通いたいと思います。
(編集おこめ)

Omezaトークとは…
FYTTE編集部員が、みなさんの朝のお目覚ましになるようなダイエット・美容・健康小ネタをお届けするコラムです。

FYTTE 編集部

FYTTE 編集部

ダイエット専門誌として1989年に雑誌創刊し、2016年よりWEBメディアに。ダイエットはもちろんのこと、ヘルスケア、ビューティなど体の内側からも外側からも美しくかつ健康でいるための体づくりのノウハウを、専門家への取材とともに紹介。“もっと、ずっと、ヘルシーな私”のキャッチフレーズとともに、編集部員も自らさまざまなヘルシーネタを日々お試し中!

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    17

関連記事

  1. Fitness30歳を過ぎてからでもOK! 体を思い切り動かす趣味でスポーツを日常に! #Omezaトーク

    30歳を過ぎてからでもOK! 体を思い切り動かす趣味でスポーツを日常に! #Omezaトーク

    27
  2. Fitness涙涙!【名古屋ウィメンズマラソン2018】 出走レポート!(後編)

    涙涙!【名古屋ウィメンズマラソン2018】 出走レポート!(後編)

    98
  3. Healthcareスマホ・PC画面がよく見える! ダイソーの「メガネ型ルーペ」で目の疲れが軽減 #Ome-zaトーク

    スマホ・PC画面がよく見える! ダイソーの「メガネ型ルーペ」で目の疲れが軽減 #Ome-zaトーク

    21
  4. Beautyぷるんと唇にツヤ肌復活! マスクしながら保湿もできる美容アイテム2選 #Omezaトーク

    ぷるんと唇にツヤ肌復活! マスクしながら保湿もできる美容アイテム2選 #Omezaトーク

    11

あわせて読みたい

Pickup