FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    9

腸ストレスを取って出す力を高める!自律神経バランス体操でやせる3つのワケ

便秘を改善し、やせやすい体になるためのキーワードは“自律神経”。
「自律神経とは、呼吸、内臓の動き、血流などをコントロールする神経のこと。緊張モードのときに高まる交感神経とリラックスモードのときに高まる副交感神経があり、シーソーの関係でバランスをとっています。ところが現代人は、時間に追われてイライラしたり、ストレスにさらされたり、冷えや生活リズムの乱れなどでも交感神経が高まり過ぎた状態になりがちに。すると、腸のぜん動運動が低下し、便秘を引き起こします。副交感神経を高める“自律神経バランス体操”を行えば、腸のぜん動運動が活発になり、便秘を改善することができます」(小林弘幸先生)


【やせるワケ1】全身がリラックスしてストレスがやわらぐ

ゆっくりとした動きに合わせて深い呼吸をすることで、緊張した体をリラックス。

【やせるワケ2】自律神経のバランスが整い、血流もアップ!

副交感神経を高めて自律神経のバランスを整え、血管を弛緩させて血流をアップします。

【やせるワケ3】スムーズに排便でき、太りにくい体に!

腸のぜん動運動が活発になれば、腸内環境が整って代謝がアップ。やせやすい体になれます。

「自律神経バランス体操」の効果がわかったところで、実践してみましょう!

自律神経バランス体操のポイント

  1. 1日の終わりの就寝前などに行う
    副交感神経がピークになる午前0時からは「腸のゴールデンタイム」。寝る1時間前に体操を行うことで全身がリラックスし、副交感神経が高まって、腸のぜんどう運動が活発に!
  2. 動きに合わせて呼吸を意識する
    ストレスを感じると呼吸が浅くなり、交感神経が高まり過ぎた状態に。ゆっくりとした動きに合わせて深い呼吸をすることでリラックスし、自律神経のバランスが整います。
  3. 日中、イライラ、疲れを感じたときに行う
    仕事や学校の休憩中など、イライラや疲れを感じたときに行うことで、体の緊張をほぐすことができ、血流アップ。高まり過ぎた交感神経を抑え、自律神経のバランスを整えます。

次回は「自律神経バランス体操」のやり方をご紹介!

監修/小林弘幸、取材・文/掛川ゆり、撮影/小澤晶子

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    9
  1. 太りにくい体づくり
  2. 腸ストレス

関連記事

  1. Fitness朝たったの2分! 「あげてこ体操」で脂肪が燃えやすい体に

    朝たったの2分! 「あげてこ体操」で脂肪が燃えやすい体に

    8
  2. Healthcare排便力が身につく、腸ストレス解消法6つのルール

    排便力が身につく、腸ストレス解消法6つのルール

    6
  3. Fitnessトランポリンで体幹力UP! セレブもハマる最新フィットネスが日本初上陸

    トランポリンで体幹力UP! セレブもハマる最新フィットネスが日本初上陸

    4
  4. Fitness「筋トレ」って、ホントに必要!?  痩せない人が誤解している、筋肉の効果と筋トレのやり方

    「筋トレ」って、ホントに必要!?  痩せない人が誤解している、筋肉の効果と筋トレのやり方

    6

あわせて読みたい

Pickup