FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Fitness

    本格ランナーにもおすすめ♡ トレーニングと出場大会を管理できるランニングアプリ「TATTA」

  1. Share

  2. お気に入り

    23

複数でランニングを楽しんでいる画像

新年を迎えて、新たに目標を立てている人も多いでしょう。ダイエットやトレーニングなどに初挑戦する場合は、道具なしでも始められるランニングがおすすめ。そこで今回は、ランニングサポートアプリ「TATTA RUNNET連動GPSトレーニングアプリ」をチョイスしてみました。


■出場予定の大会と連動できる「ランニングサポートアプリ」

ロード中を表示した画像

同アプリは、ランニング時の距離・ペース・消費カロリーを計測するアプリです。サポートが充実しているだけでなく、本格ランナーのために「大会連動」機能も搭載。出場したいマラソンなどの大会を設定すると、ほかのエントリー者の練習量をチェックできます。
また、走った距離をもとに“練習ランキング”を表示。ライバルたちと競い合えるので、モチベーションを高く持ち続けられるはず。

ホーム画面を表示した画像

早速「TATTA」を立ち上げて、ユーザー名などを入力します。基本情報を設定すると、計測結果を表すホーム画面にジャンプ。画面上部には運動スタイルを選べる項目があり、「ランニング・ウォーキング・サイクリング」といったジャンルが登場しました。なかには、山道を走る「トレイルランニング」という本格トレーニングも。陸上競技がもれなくそろっている印象で、何だかアスリートになった気分です。

カウントダウンを表示した画像

試しにホーム画面の「スタート」をタップ。するとカウントダウンがスタートし、0になった瞬間から計測がはじまります。続けて適当なタイムでストップを押すと、走った時間や総距離などが一覧で表示されました。思った以上にラクラク操作だったので、これならランニング初心者でも気軽に利用できるかも。

また、1kmごとに走った時間を表す「ラップタイム」を自動で分析。大会出場予定の人は自身のラップタイムを参考にして、記録更新に役立ててみてください。

「RUNNET」の検索画面を表示した画像

アプリ内で大会にエントリーしたい場合は、ランニングポータル「RUNNET」と連携しましょう。登録が完了すると、出場したい大会を検索できるトップ画面に移動します。気になる大会があれば、自分の力を試すためにエントリーしてみてはいかが?

実際に利用しているランナーからは、「使いやすくて見やすい! ランニングがさらに楽しくなりました」「ライバルと切磋琢磨できるのがいい」「大会出場者の練習状況を見て、勝手に闘志を燃やしています(笑)」「音声案内で1kmごとにタイムを伝えてくれるから超助かる」「タイムが早くなっていくのが快感」と好評の声が続出しています。

ランニング初心者だけでなく、本格ランナーも楽しめる「TATTA」。ランニングのサポーターとして活用してみてくださいね。

<レート>
4.2(最大5/App Store/1月8日現在)
3.8(最大5/Google Play/1月8日現在)

<アプリ情報>(App Storeより)
販売元:R-bies, Inc.
サイズ:76.8MB
互換性:iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語:日本語
年齢:4+ 対象年齢
Copyright:(C)R-bies, INC.

<App Storeでダウンロード>

文/矢野りさ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    23
  1. アプリ
  2. 健康系アプリ

関連記事

  1. Fitness初心者ランナーから上級者までの走りをサポートするアプリ「Nike Run Club」

    初心者ランナーから上級者までの走りをサポートするアプリ「Nike Run Club」

    17
  2. Fitness30万人以上のランナーが愛用♡ 消費カロリーと体脂肪率を管理できるランニングアプリ「JogNote」

    30万人以上のランナーが愛用♡ 消費カロリーと体脂肪率を管理できるランニングアプリ「JogNote」

    25
  3. Fitness街に謎解きスポットが出現!? 体と脳を一度に鍛えられるウォーキングアプリ

    街に謎解きスポットが出現!? 体と脳を一度に鍛えられるウォーキングアプリ

    21
  4. Fitness江戸時代の旅行に“ウォーキング”でトライできるアプリ「徒歩でゆく ~東海道五十三次」

    江戸時代の旅行に“ウォーキング”でトライできるアプリ「徒歩でゆく ~東海道五十三次」

    37

あわせて読みたい

Pickup