FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    95

脚のゆがみ直し2

脚は、ただ漠然と鍛えたり、もんだりしても細くなりません。重要なのは、「関節をほぐすことと、抗重力筋を鍛えること」と話すのは、整体エステ「ガイア」を主宰する南雅子先生。数多くの女性の美脚に導いてきた南先生に、脚やせに効果的なストレッチを教えていただきました。


抗重力筋を鍛えることで、すっと伸びた脚に

「スラリとした脚になるためには、まず、脚のつけ根である“股関節”をほぐし、整えることが不可欠です。股関節がつまっていると、そのまわりの筋肉の血液やリンパはスムーズに流れません。すると老廃物も蓄積し、むくんだり、セルライトもできやすくなってしまいます。さらに、太ももの裏やふくらはぎなど、抗重力筋を鍛えることも重要です」(南先生)

抗重力筋とは、その名の通り重力に抗う筋肉こと。重力に負けないように筋肉を引き上げ、姿勢を支えています。それらが衰えると姿勢は崩れ、お尻も脚もたるんでしまいます。すっと伸びた美脚になるためには、股関節に加え、抗重力筋へのアプローチも欠かせません。

土台である、足関節を整えることも重要

「もう1つ重要なのが、足首より下、つまり「足」です。体のいちばん下にある「足」は、いわば土台。この土台がゆがんでしまうと、足首の関節、ひざ関節、股関節も正しい位置からズレてしまいます」(南先生)

足には、片足だけでも骨が28個あり、33の関節がありますが、これらの関節は、毎日重い体を受け止めているため、大きな負荷がかかっています。そのため、つまりやすいのです。
これからご紹介するストレッチで、股関節に加え、足関節もほぐしていきましょう。

<壁押し開脚>

足にスポットを当てたストレッチです。
足裏から脚の抗重力筋を鍛えて、さらに股関節もほぐしていきます。

<1>

壁押し開脚1

壁に向かって座ります。手をややお尻の後方につき、体を支えながら、ひざを軽く曲げましょう。この際、手の指先は後方へ向けます。
足の指と壁の距離が、こぶしひとつ分程度の位置に移動します。左足を壁に向かっての伸ばし、足裏を壁にピッタリとつけましょう。

<2>

壁押し開脚2

左足を、壁を沿うようにして上げていきます。足裏は壁にピタリとつけて行うことがポイント。

<3>

壁押し開脚3

ひざ裏が伸びきるところまで左足を上げたら、かかとで壁をぐっと押し、つま先を離します。

<4>

壁押し開脚4

壁につま先を戻し足裏をつけ、今度は足指を壁に押し込み、かかとをアップ。このとき、足の指は曲げてグーにしておきます。<3>〜<4>の動きを10回くり返しましょう。

<5>

壁押し開脚5

ひざを伸ばし、足裏全体を壁にピッタリとつけます。
足裏を壁につけたまま、円を描くようにして、足を床に向かっておろします。

<1>〜<5>の動きを右足でも同様に行いましょう。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    95
  1. 美脚
  2. 脚やせ

関連記事

  1. Fitness自宅で簡単美脚ケア!つらくないから続けられるストレッチ3選

    自宅で簡単美脚ケア!つらくないから続けられるストレッチ3選

    55
  2. FitnessO脚はストレッチで直る!関節をほぐせば、まっすぐ長い脚に

    O脚はストレッチで直る!関節をほぐせば、まっすぐ長い脚に

    22
  3. Fitnessすっきり美脚をメイク!疲労回復にも効果的な脚やせストレッチ

    すっきり美脚をメイク!疲労回復にも効果的な脚やせストレッチ

    51
  4. Fitness毎日太ももに疲れ溜めてない?お疲れ脚を防ぐ「効くストレッチ」

    毎日太ももに疲れ溜めてない?お疲れ脚を防ぐ「効くストレッチ」

    54

あわせて読みたい

Pickup