FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    7

バレエダンサー武田亜希子さん

基礎代謝がアップするだけでなく、姿勢も整い、いいことばかりの体幹トレーニング。前回教わった、バレエダンサー武田亜希子さんによる「体幹を鍛えるストレッチ初級編」に慣れてきた人は、こちらの中級編にステップアップ!


 

■:体幹トレーニング中級編<1>

両手と両ひざを床につけます。足は肩幅に開き、肩の真下に手がくるようにします。このときお腹は引き締めて、背すじはまっすぐな状態に。

バレエダンサー武田亜希子さん
まずは右脚を後方へと伸ばして上げます。頭から足先までまっすぐ、床と並行した形をキープ。

バレエダンサー武田亜希子さん
脚はこのまま、今度は左手を上げてバランスをとります。
ポイントは、軸になっている左脚に体重をのせすぎないこと。あくまで体の中心である体幹でバランスをとるイメージで行います。
ほどよくキープしたら、反対側も行いましょう(武田さん)

 

■:体幹トレーニング中級編<2>

足もとは、つま先を開き、両足のかかとを上げて寄せるように立ちます。
高さは低くてもOK。グラグラしてしまう場合は、かかとを下ろしたままでも大丈夫です。

バレエダンサー武田亜希子さん

足もとはそのまま、全身が上に伸びるイメージで両手を天井側に向けて伸ばし、手を合わせます。

バレエダンサー武田亜希子さん
そして息を吐きながら、上半身を右に曲げます。

バレエダンサー武田亜希子さん
息を吸って真ん中に戻ったら、今度は息を吐きながら上半身を左に曲げます。
深く曲げる必要はありません。大事なことは、骨盤の位置がズレないようにすること。
これをほどよくくり返します(武田さん)

 

■:体幹トレーニング中級編<3>

あお向けに寝たら、頭を少し上げ、目線はお腹に向けます。

バレエダンサー武田亜希子さん
足もとは、股関節とひざが、それぞれ90度になるように足を上げて、両ひざはとじておきましょう。両手はそれぞれひざにそえます。

バレエダンサー武田亜希子さん
息を吐きながらひざを伸ばして、両手を上げます。肩に力が入りやすいので、力を抜いて上がらないようにしましょう。
このとき、お腹はぐっと引き締めておいて、腰が床から浮かないように。
息を吐ききったら、今度は息を吸いながら元の体勢に戻します。これをほどよくくり返しましょう。

ちなみに、脚を伸ばしたときに床に近くなればなるほど体幹強化につながります。継続するにつれて、角度が低くなるようになることを目標に継続していけるといいですね(武田さん)

まずは、ムリなく自分のペースで続けることが、第一目標! まだまだいけると思ったみなさん、次回はいよいよ上級編です。

 

取材・文/高田空人衣

 

武田 亜希子

武田 亜希子

日本女子体育短期大学舞踊専攻卒業。
様々なバレエ公演、TV、イベント、テーマパークダンサーや振り付け等を経験後、現在はクラシックバレエを中心にピラティス、ジャズダンスの講師として活動中。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    7
  1. 代謝アップ
  2. 体幹
  3. 姿勢

関連記事

  1. Fitnessバレエダンサーが教える、体幹を鍛えるストレッチ3STEP<初級編>

    バレエダンサーが教える、体幹を鍛えるストレッチ3STEP<初級編>

    10
  2. Fitnessバレエダンサーが教える、体幹を鍛えるストレッチ3STEP<上級編>

    バレエダンサーが教える、体幹を鍛えるストレッチ3STEP<上級編>

    8
  3. FitnessヒップUPと体幹を鍛える!基礎代謝を上げてやせ体質になるヨガポーズ3つ

    ヒップUPと体幹を鍛える!基礎代謝を上げてやせ体質になるヨガポーズ3つ

    38
  4. Fitnessラクな姿勢だと疲れやすい!? 疲れにくい体をつくるためのトレーニング

    ラクな姿勢だと疲れやすい!? 疲れにくい体をつくるためのトレーニング

    38

あわせて読みたい

Pickup