FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    楽しいときほど、じつは疲れがたまっている? 「隠れ疲労」に要注意

  1. Share

  2. お気に入り

    11

談笑する女性の画像

忙しくても、楽しいときほど、自分でも意識できない疲れがたまっていきます。疲労研究の第一人者で、東京疲労・睡眠クリニック院長の梶本修身先生は、それを“隠れ疲労”と呼んでいます。知らず知らずのうちにたまっていく隠れ疲労について、梶本先生に伺いました。

監修
梶本 修身

やりがいのある仕事で、過労を招く理由

腕組みをする女性の画像

“隠れ疲労”とは、自覚できない疲れのことです。
私たちが感じる体の疲れ、頭の疲れ、気疲れなど、すべての疲れは、じつは自律神経の疲れです。しかし、脳は、あえて「体が疲れた」と誤解させます。「それ以上の運動や作業は、命の危険があるから、休みなさい」と知らせるためです。隠れ疲労は、この防衛本能が働かないことで起こります。

隠れ疲労が起こるのは、どんなときでしょうか。

「注意したいのは、やりがいを感じて、仕事に夢中になっているときなどです。ランナーズハイというように、運動をしていると、ある時点でエンドルフィンなどの興奮物質や快感物質が分泌され、『気持ちいい』『楽しい』といった気分になってきます。仕事にやりがい感じているときも、興奮物質や快感物質が分泌されます。疲れていても、そのサインが興奮物質や快感物質でマスキングされてしまい、疲労感を感じなくなってしまうのです」

自覚できないまま疲れがたまっていくと、慢性的に疲れを感じるようになったり、過労で倒れるリスクも高まります。また、免疫力が低下して、感染症にかかりやすくなったりするといいます。楽しいときほど、意識して休みはきちんととるように心がけたいですね。

疲れのサインを見逃さないで! 隠れ疲労を防ごう

あくびをする女性の画像

疲れは、発熱、痛みとともに、人が命を維持するための「三大アラーム」といわれています。疲れがたまってきたら、必ず、なんらかのサインが現われます。次のような変化を見逃さないようにキャッチしましょう。

仕事や勉強中に「飽きた」と感じる

「仕事や勉強の最中に、“飽きた”と感じるのは、疲れのファーストサインです。長時間の同じ作業は、脳の特定の部位を使い続けることになるため、酸素を大量に消費します。それによって、活性酸素が発生。自律神経の細胞がダメージを受ける酸化によって、パフォーマンスが低下してきます。これが「飽きた」という状態です。『これ以上、同じ部位に負荷をかけないで』という脳からのシグナルなので、この時点で休息をとることが必要です」

サインを無視して作業を続けていると、肩がこったり、目がしょぼしょぼするなど、体にもさまざまな症状が出てきます。

「脳が疲れずに仕事や作業を続けられる時間は、1時間から1時間半といわれています。その前に休憩を入れて、気分転換をはかれば、脳の疲れによるパフォーマンスの低下を抑えられるので、仕事や勉強がはかどるようになります」

電車で寝落ちしてしまう

「電車の中だろうと、眠くてたまらず寝落ちしてしまうのは、脳の疲れがピークに近いというサインです。脳が半ば矯正的に休息に入ろうとして、意識をシャットダウンさせるのです。睡眠時間の不足や、質のよい睡眠がとれていないことが考えられます」

起床4時間後に、眠気やだるさを感じる

「人が本来持っている生体リズムでは、脳がもっとも活動的になるのは起床4時間後です。単純作業より、創造的なことに適しているといわれています。そうした時間帯に、眠気やだるさを感じるのは、疲れがたまっているサインです」

夜中に何度も目が覚める

「自律神経が疲れてくると、なかなか寝つけない、夜中に何度も目が覚めるようになります。正常な睡眠の場合、寝つくまでの時間は10分±2分です。ベッドに入って5分以内に寝落ちしたり、寝つくまでに30分以上かかるのも、疲れがたまっているシグナルといえます」

心あたりがあったら、疲れをほうっておかずに、ブレイクタイムをとりましょう。

取材・文/海老根祐子

連載・関連記事

  1. 今こそ、疲れをとるチャンス?! 「コロナ疲れ」を感じる人が、知っておきたい3つの秘訣

  2. 仕事のあとはジョギングでリフレッシュ! ついやってしまいがちな疲れ対策

  3. 気のせいじゃなかった! 疲れによる老け顔は、実際に老けている証拠?!

梶本 修身

梶本 修身

東京疲労・睡眠クリニック院長。医学博士。2003年より産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。ニンテンドーDS『アタマスキャン』をプログラムして「脳年齢」ブームを起こす。『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)など、メディアでもおなじみの疲労研究の第一人者。著書に『すべての疲労は脳が原因』『すべての疲労は脳が原因2〈超実践編〉』(集英社新書)、『隠れ疲労』(朝日新書)など多数。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    11
  1. 病気予防
  2. 風邪・インフルエンザ対策

関連記事

  1. Healthcare体の疲れも気疲れも、すべての疲れは脳で起こっている!

    体の疲れも気疲れも、すべての疲れは脳で起こっている!

    21
  2. Healthcare気のせいじゃなかった! 疲れによる老け顔は、実際に老けている証拠?!

    気のせいじゃなかった! 疲れによる老け顔は、実際に老けている証拠?!

    12
  3. Healthcare仕事のあとはジョギングでリフレッシュ! ついやってしまいがちな疲れ対策

    仕事のあとはジョギングでリフレッシュ! ついやってしまいがちな疲れ対策

    23
  4. Healthcare今こそ、疲れをとるチャンス?! 「コロナ疲れ」を感じる人が、知っておきたい3つの秘訣

    今こそ、疲れをとるチャンス?! 「コロナ疲れ」を感じる人が、知っておきたい3つの秘訣

    18

あわせて読みたい

Pickup