FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    14

妊娠検査薬を持つ女性

日本ばかりではなく世界の先進国で少子化がクローズアップされています。初婚年齢が高くなるなどの背景がありますが、ストレスとの関連が指摘されるようにもなっています。これまでも関連は疑われていましたが、このたび海外研究において、その関連性に新しい発見がありました。


ストレスがあると妊娠に影響?

ストレスを抱える女性

最近の日本においては、赤ちゃんの16人に1人が人工授精で生まれています。人工授精は不妊治療のなかの一部ですから、不妊治療は本当に一般的になっていると考えられます。妊娠に困難を伴う場合に、不妊治療を受けることになりますが、不妊の要因はさまざまです。男性、女性いずれも関係しますし、そこには年齢のほか、生活習慣などが関与していると考えられます。これまでにはストレスとの関係も可能性が指摘されていました。

このたびニュージーランド、オタゴ大学の研究グループが、ストレスと不妊との関連について研究を行いました。研究グループが注目したのは、「生殖ホルモン」を出している神経に働きかける、「RFRPニューロン」という神経細胞の存在です。

正常な状態では、生殖ホルモンを出す神経の働きによって妊娠しやすい体の状態になります。しかしストレスがかかると、ストレスホルモンとも呼ばれる「コルチゾール」が体内に増えてきて、生殖ホルモンの分泌を阻害することがわかっていました。

今回、研究グループは、生殖ホルモンを出す神経に働きかける、RFRPニューロンの働きを止めてみて変化を調べました。これによってストレスホルモンの影響がどのように現れるのかを検証したのです。

ストレスにより生殖機能に影響

赴任に悩む男女

こうして浮かび上がってきたのが、ストレスによって不妊に至るメカニズムです。研究グループが、RFRPニューロンという神経細胞の働きを止めると、ストレスホルモンによる不妊の状態が治ったのです。というのも、ストレスホルモンが出ると、それまでは生殖ホルモンの分泌が阻害されたのに、RFRPニューロンが働かなくなると、阻害されなくなったのです。つまり、ストレスが効かなくなったわけです。少し複雑ですが、ストレスは神経やホルモンの働きによって体に悪影響を及ぼしているのですが、たしかに不妊もストレスとつながりがあると考えられました。

研究グループは、これまで見えなかった“ミッシングリンク”がRFRPニューロンである可能性を説明しています。このRFRPニューロンの働きを抑える薬が開発できれば、妊娠しやすくする治療も可能になるかもしれないのです。

<参考文献>
Q16.生殖補助医療の治療成績はどの程度なのですか?(日本生殖医学会)
http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa16.html

Researchers find “missing link”
https://www.otago.ac.nz/news/news/otago758274.html

Mamgain A, Sawyer IL, Timajo DAM, Rizwan MZ, Evans MC, Ancel CM, Inglis MA, Anderson GM. RFamide-related peptide neurons modulate reproductive function and stress responses. J Neurosci. 2020 Nov 20:JN-RM-1062-20. doi: 10.1523/JNEUROSCI.1062-20.2020. Epub ahead of print. PMID: 33219002.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33219002/
https://www.jneurosci.org/content/early/2020/11/20/JNEUROSCI.1062-20.2020

連載・関連記事

  1. 米国の研究グループが開発した「男性不妊」を調べる新しい検査。その精度は? 従来の検査とどこが違う?

  2. 妊娠率のカギ「卵子の質」を決めるのは? 研究で明らかになった秘密とは

  3. 「男性不妊」の遺伝子発見。原因不明の不妊の謎解明につながるかも?

星 良孝 <ステラ・メディックス>

星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス代表取締役社長/編集者 獣医師  専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。https://stellamedix.jp

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    14

関連記事

  1. Healthcareつらい記憶を引きずるのはなぜ? その秘密は脳のメカニズムにあり

    つらい記憶を引きずるのはなぜ? その秘密は脳のメカニズムにあり

    15
  2. Healthcareコロナ禍の不安やストレスで「体型不満」が募りがち!? 海外研究からわかった思わぬ悪影響とは…

    コロナ禍の不安やストレスで「体型不満」が募りがち!? 海外研究からわかった思わぬ悪影響とは…

    16
  3. Healthcareお母さんの睡眠の質が悪化する理由。 海外研究が指摘する睡眠パターンの問題とは?

    お母さんの睡眠の質が悪化する理由。 海外研究が指摘する睡眠パターンの問題とは?

    14
  4. Healthcare新型コロナのせいで産後うつが重くなる? 海外研究によると…

    新型コロナのせいで産後うつが重くなる? 海外研究によると…

    17

あわせて読みたい

Pickup