FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare
      1. 病気予防

    難病「ALS」に関与するのは神経だけじゃない!?  神経まわりの「血管」「細胞」との関連を海外研究が指摘

  1. Share

  2. お気に入り

    24

意見交換する医師たち

ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、筋肉が弱くなる難病として日本でも知られるようになっています。神経が侵されることで筋肉を動かせなくなるメカニズムはわかっていますが、治療する手段がないのが大きな問題になっています。そうしたなかで海外の研究から神経だけではなく、血管とも関連があると報告されました。治療手段を見つけ出すヒントになりそうです。


ALSはなぜ起こる?

ドクター

ALSは人によって症状の進み方に差があるとわかっています。それがどうして違うのか、神経にどのような変化が起こるのかの研究が進んできました。そうしたなかで注目されたもののひとつが、弱っていく神経との関係において、神経に酸素や栄養を送り込む血管の役割でした。

スウェーデンのカロリンスカ研究所などの研究グループは、血管の関与について研究を進めるなかで、血管の周辺にある「線維芽細胞」と呼ばれるごく一般的な細胞の役割に着目して、詳しく調べてきました。これまでの動物実験からわかったのが、線維芽細胞の遺伝子によって、症状の出方や生存率などに影響しそうだということ。この点からさらに人に対象を変えて詳しく検証を続けてきました。対象は、574人のALSと診断された人たちと、504人の健常者。血液検査によって血液の変化について検証しました。

病気の進み方の手がかりを発見

患者に説明する女性医師

ここからわかったのは、ALSの進み方が血液の変化から判別できるかもしれないということです。具体的には、すでに動物実験で発見されていた、血管周囲にある線維芽細胞という細胞に関連しているタンパク質の一種「SPP1」という成分が血液に増えると、ALSの進行が起こりやすくなったり、生存期間が短くなったりする可能性があると判明しました。

研究グループによると、ALSになると、神経細胞を支えている「ミクログリア」と呼ばれる神経に関連した細胞がダメージを受けるのですが、それよりも先に血管周囲の線維芽細胞に変化が起こる可能性があるというのです。血液検査からこの変化がわかる可能性があるとしたら、診断や治療など、難病の解決につながることも期待されそうです。

<参考文献>

New type of cell contributes to increased understanding of ALS
https://news.ki.se/new-type-of-cell-contributes-to-increased-understanding-of-als

Månberg A, Skene N, Sanders F, Trusohamn M, Remnestål J, Szczepińska A, Aksoylu IS, Lönnerberg P, Ebarasi L, Wouters S, Lehmann M, Olofsson J, von Gohren Antequera I, Domaniku A, De Schaepdryver M, De Vocht J, Poesen K, Uhlén M, Anink J, Mijnsbergen C, Vergunst-Bosch H, Hübers A, Kläppe U, Rodriguez-Vieitez E, Gilthorpe JD, Hedlund E, Harris RA, Aronica E, Van Damme P, Ludolph A, Veldink J, Ingre C, Nilsson P, Lewandowski SA. Altered perivascular fibroblast activity precedes ALS disease onset. Nat Med. 2021 Apr;27(4):640-646. doi: 10.1038/s41591-021-01295-9. Epub 2021 Apr 15. PMID: 33859435.
https://www.nature.com/articles/s41591-021-01295-9
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33859435/

Ny typ av cell ökar kunskaperna om ALS
https://news.cision.com/se/karolinska-institutet/r/ny-typ-av-cell-okar-kunskaperna-om-als,c3325945

星 良孝 <ステラ・メディックス>

星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス代表取締役社長/編集者 獣医師  専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。https://stellamedix.jp

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    24

関連記事

  1. Healthcare過敏性腸症候群の引き金になるのは何…? 海外研究で新たな発見

    過敏性腸症候群の引き金になるのは何…? 海外研究で新たな発見

    38
  2. Healthcare新型コロナ治療の救世主になるのは「ラマ」!?  世界で研究が進む治療法に新たな可能性

    新型コロナ治療の救世主になるのは「ラマ」!? 世界で研究が進む治療法に新たな可能性

    42
  3. Healthcareサプリメントでも効果あり! DHAなど「オメガ3系脂肪酸」はやっぱり病気を防ぐ

    サプリメントでも効果あり! DHAなど「オメガ3系脂肪酸」はやっぱり病気を防ぐ

    39
  4. Healthcare一緒に食べるとヘルシー!  海外研究が指摘する、「個食」より「グループ」での食事が健康的な理由

    一緒に食べるとヘルシー! 海外研究が指摘する、「個食」より「グループ」での食事が健康的な理由

    22

あわせて読みたい

Pickup