FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    冬よりも夏のほうがツラい!?女医が実践している3大夏冷え対策法

  1. Share

  2. お気に入り

    2

ベッドの上で本を開き、温かい飲みものを飲む女性

1年を通して「冷え」で悩んでいるという女性は多いと思いますが、実は夏の冷えと冬の冷えでは、大きな違いがあることをご存知でしょうか? その違いについて、女医の丸田佳奈先生に教えて頂きました。さらに丸田先生が実践する、3つの夏冷え対策も一緒にご紹介します。


夏と冬の冷えには違いがある

女性の冷えの大きな原因は2つ。熱エネルギー産生が少ないことと、自律神経がうまく働かないときです。

夏になっても冷えで困っている女性はたくさんいますね。では、冬の冷えと夏の冷えに違いはあるのでしょうか? 実は、夏は自律神経による影響が冬よりもさらに大きくなります。

冬も夏も、自然の気温であれ、エアコンの影響であれ、気温が低くて寒いことには変わりないのですが、それに加えて夏は決定的な違いがあります。

毛布をかぶる女性

1日生活をするにあたり、温度差が大きいことです。外に出ると暑く、屋内に入ると寒い。本来自然の中で生活をしていれば、このような急激な温度変化は起こりません。しかし、冷房のある現代の生活では、体にとってめちゃくちゃな温度変化が起きる環境ができ上がってしまい、その結果、自律神経の調節がうまくできなくなります。

体温の調節は自律神経の仕事です。自律神経が調節できなくなれば、体はさらに温度の変化についていけなくなり、悪循環に。
また、自律神経は温度調節だけでなく体じゅうのさまざまな機能を調節しています。血流やホルモンバランス、代謝、消化まで体で自律神経の影響を受けていない部分はありません。ですから、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、便秘・下痢、不眠、生理不順など、ほかの不調が出やすいのも夏の冷えの特徴です。

ベッドに座り具合の悪そうな女性

丸田先生は自律神経対策として、自宅で少し離れた部屋のエアコンだけをつけるそうです。その理由とは?

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    2
  1. マインドフルネス
  2. リラックス
  3. 自律神経

関連記事

  1. Healthcare「夏なのに寒い…」外は暑くても気を付けたい、夏冷えの対策&解消法3選

    「夏なのに寒い…」外は暑くても気を付けたい、夏冷えの対策&解消法3選

    7
  2. HealthcareGoogle社も導入した「マインドフルネス」にトライ! 悩みやイライラから解放される瞑想アプリ・Zenify

    Google社も導入した「マインドフルネス」にトライ! 悩みやイライラから解放される瞑想アプリ・Zenify

    21
  3. Fitnessぐっすり快眠したい人に。疲れから心を解きほぐす「ヨガニードラ」

    ぐっすり快眠したい人に。疲れから心を解きほぐす「ヨガニードラ」

    2
  4. Healthcare渡辺満里奈さん「眠る前にやるとよさそう!」 自律神経のバランスを整える3つの方法

    渡辺満里奈さん「眠る前にやるとよさそう!」 自律神経のバランスを整える3つの方法

    40

あわせて読みたい

Pickup