FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    なすは栄養価が低いって本当? なすの基礎知識とおいしく食べる料理

  1. Share

  2. お気に入り

    8

焼きなすのアップ画像

さまざまな料理に使われているなすですが、じつは栄養価が低いというウワサを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか? なすの栄養価は本当に低いのでしょうか。ここでは、なすの栄養に関する知識をはじめ、なすに関するさまざまな情報をお伝えします。


なすの豊富な栄養成分

収穫前のなすのアップ画像

じつはなすはほとんどが水分からできています。そのため、ビタミンやミネラルなどは多くありません。栄養たっぷりというわけではありませんが、なすは低カロリーです。ダイエット中の食材にぴったりといえます。油を使った料理に相性のよいなすですが、体重を減らしたいときはできるだけノンオイルで調理しましょう。フライパンで焼きなすにするほか、レンジで温めるだけの簡単調理もおすすめです。

なすの効果効能

なすは体を冷やす効果がある、と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。なすを食べると体の熱が冷めるため、夏には積極的に食べられています。これは、なすに含まれるカリウムの作用によるものです。カリウムは塩分を排出する効果もあるため、むくみが気になる人にもおすすめです。ただし冷え性の人はとりすぎに注意しましょう。

また、なすの紫色を作る色素「ナスニン」はポリフェノールの一種で、抗酸化作用があるのが特徴です。ナスニンは動脈硬化や高血圧など、生活習慣病の一因を作る活性酸素を抑制します。コレステロールの吸収を阻害する効果もあります。

ナスニンは水に溶けやすい物質です。ただ、なすはアクが強いため、調理の際は水にさらしてアク抜きをする人も多いのではないでしょうか。ナスニンを摂取したい場合は、水にさらさず油で炒めるのが効果的です。また、旬の手前である6月頃に収穫されたものや「水なす」など、なすの収穫時期や品種によってはアク抜きしなくもおいしく食べられます。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    8
  1. なす
  2. 抗酸化
  3. 疲労回復

関連記事

  1. Healthcare秋バテ撃退!管理栄養士おすすめの疲労回復レシピ3つ

    秋バテ撃退!管理栄養士おすすめの疲労回復レシピ3つ

    28
  2. Healthcare1日1杯「みそ汁健康法」のヒミツ。美肌・がん予防になるレシピ!

    1日1杯「みそ汁健康法」のヒミツ。美肌・がん予防になるレシピ!

    28
  3. Healthcareこれでわかるトマトのすべて。栄養が多いトマトをおいしく食べよう!

    これでわかるトマトのすべて。栄養が多いトマトをおいしく食べよう!

    12
  4. Healthcare牛肉は料理に合わせて部位を使い分け!おいしくて人気のレシピを紹介

    牛肉は料理に合わせて部位を使い分け!おいしくて人気のレシピを紹介

    9

あわせて読みたい

Pickup