FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    インフルエンザワクチンは効果がある?ない? の疑問を解決

  1. Share

  2. お気に入り

    20

ワクチンや薬のイメージ

 インフルエンザが気になる季節。仕事もプライベートも予定の多い季節だからこそ、しっかり予防したいものです。インフルエンザの予防といえば、まず思い浮かぶのがワクチン接種です。インフルエンザワクチンの効果などについて、感染症に詳しい医療法人社団鉄医会理事長・ナビタスクリニック立川の久住英二医師に伺いました。


インフルエンザワクチンは打つべし

ワクチンと注射のイメージ

インフルエンザワクチンは、接種することで、インフルエンザウイルスへの抗体ができ、かかりにくくします。今シーズンのワクチンは、A型2種類、B型2種類が入り、A型B型の両方に対応しています。接種後2週間程度でインフルエンザへの抵抗力がつき、その効果は4か月間ほど持続します。インフルエンザの本格的な流行は12月下旬~3月上旬なので、その前までに受けるのがおすすめです。

しかし、ワクチンを接種しても、インフルエンザにかかることがあります。それでも、「ワクチンは打ったほうがいい」と久住医師は話します。

「ワクチンにはウイルスの増殖を抑える効果があるので、インフルエンザウイルスに感染したとしても症状が出なかったり、症状が出ても軽くすむことがあります。しかし、毎年のようにワクチンを接種しても、毎年のようにインフルエンザになる人もいます。はっきりとはわかっていませんが、ウイルスに感染しやすい人とそうでない人の違いといえそうです」

「ワクチンを打った年ほど、インフルエンザにかかる」のウソ

ワクチンをうたれる女性

ワクチンを接種した年ほどインフルエンザに感染する、という人の話もよく耳にしますが、それに対する久住医師の見解は……
「ただの偶然でしょう。『ワクチンを接種したのに、インフルエンザになった』というエピソードが、その人の中で強化されると、そのように感じてしまうものです。逆に、ワクチンを接種した年は、インフルエンザウイルスに感染しても軽くすんだことで、『ワクチンを接種したから大丈夫。風邪に違いない』と、病院に行かずにやり過ごしてきたのかもしれません」(久住医師)。
経験談はアテにならないと思ったほうがいいかもしれませんね。

家族がいる場合、ワクチン接種は子どもだけ、というところもあるかもしれませんが、「親もワクチン接種は必要」と久住医師は言います。
「子どもがインフルエンザになった場合、家庭内感染はほぼ防げないと考えたほうがいいでしょう。症状が出る前から、ウイルスの発散は始まっているため、家族はウイルスにさらされることになります。特に保育園や幼稚園、学校などで集団生活を送る子どもは感染リスクが高くなります。子供がインフルエンザにかかったときに備え、親もワクチンを接種しておいたほうがいいでしょう」

久住 英二

久住 英二

療法人社団鉄医会理事長。ナビタスクリニック立川院長。
新潟大学医学部卒業。虎の門病院血液科を経て、2008年ナビタスクリニックを開設。患者の医療ニーズに応え、アクセスのよいエキナカで21時までの通常診療を提供。専門分野は内科、血液内科、旅行医学。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    20
  1. インフルエンザ対策

関連記事

  1. Healthcare「のどが命!」の女優が、のどを痛めないために行うのどケア術

    「のどが命!」の女優が、のどを痛めないために行うのどケア術

    17
  2. Healthcareインフル回避…!無印のオーガニックハーブティー「エルダーベリー」&「エルダーフラワー」

    インフル回避…!無印のオーガニックハーブティー「エルダーベリー」&「エルダーフラワー」

    19
  3. Healthcare“なめる”から“飲む”へ!? 話題の「のど飴ティー」で風邪対策 #Omezaトーク

    “なめる”から“飲む”へ!? 話題の「のど飴ティー」で風邪対策 #Omezaトーク

    18
  4. Healthcare予防の秘訣は“ビタミンD”。インフルエンザの正しい知識!

    予防の秘訣は“ビタミンD”。インフルエンザの正しい知識!

    17

あわせて読みたい

Pickup