FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    「ぐっすり眠れる」睡眠美容の基本「3首温活」ってなに?

  1. Share

  2. お気に入り

    47

パジャマを着た女性が手をあげて伸びをしている後ろ姿画像

「ぐっすり」は、「起きるたびにキレイな自分」を目指すための重要なキーワード。睡眠時間にキレイを磨く「良質な睡眠時間」を作りあげるにはていねいな「おやすみ支度」が欠かせません。睡眠コンサルタントの友野なお先生は、寝るときの「温め」は睡眠美容体質になるために取り入れたいファーストアクションだと教えてくれました。

監修
友野 なお

睡眠美容体質になるための「3つの首」+「お腹」

レッグウォーマーを履いている女性の脚アップ画像

ある調査では、冷えをストレスと感じている人ほど睡眠に満足できていないということが明らかになっています。特に重点的に温めでいただきたいのが、「首」「手首」「足首」の3つの首。

私たちは内臓の温度である深部体温が低下することで眠くなるメカニズムをもっています。スムーズに深部体温を低下させるためには四肢が温まっていることがポイントになるのですが、大人の場合はストレスや自律神経の乱れなどで、なかなか赤ちゃんのように「眠たくなったから手足がポカポカ」とはいかないですよね。

そこで、意識的に手足を温めるための温活グッズの活用がおすすめです。

まずは「足首」
足首は筋肉量が少ないので、一度冷えてしまうと、熱の産生が難しく、温まりにくいという特徴があります。冷えてから温めるのではなく、常に予防の意識をもって冷えないようにすることがオールシーズンマストです。就寝時には靴下を着用するよりも、レッグウォーマーのほうが足先から放散される熱を妨げないのでよいでしょう。

続いて、意外と見落としがちな場所である「手首」
手首は、冷えを感じやすい人はポイントウォーマーを、そこまで感じない人は長袖を着るなどの対策でOKです。

ポイントウォーマーをしている女性の手もと画像

最後は、自律神経と深い関係のある「首」
ここが冷えていると自律神経のバランスの乱れにつながり、ストレスの原因になってしまうこともあるといわれているので、冷えない工夫を取り入れることが必要です。また、全身をめぐる太い頸動脈が通っているので、ここが冷えてしまうと全身が冷えて血のめぐりが悪くなってしまうことにもつながり、快眠のみならず健康にもよくありません。ネックウォーマーやマフラーなど、首まわりを温めるアイテムを活用しましょう。

さらに体の中心部である「お腹」も温めポイントです。末端の冷えを感じていない人でも、お腹をさわると冷えている場合があります。「3つの首」にプラスしてお腹も冷えないように意識しましょう。温かさと感じると、ふっと体の緊張やこわばりから開放されます。賢くおやすみ支度に温めアイテムをプラスワンして、ぐっすり眠れるための準備を整えてくださいね。

友野 なお

友野 なお

睡眠コンサルタント /産業心理カウンセラー。 株式会社SEA Trinity代表取締役。
千葉大学大学院 医学薬学府 先進予防医学 医学博士課程。順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科 修士。日本公衆衛生学会、日本睡眠学会、日本睡眠環境学会 正会員。

「社会予防医学」「社会疫学」のフィールドにおける睡眠を研究し、健康寿命の延伸、健康格差の縮小を目指す。自身が睡眠を改善したことにより、15kg以上のダイエット、さらに体質改善に成功した経験から科学的に睡眠を学んだのち、睡眠の専門家として全国にリバウンドしない快眠メソッドを伝授。著書に「ぐっすり眠れる不思議な塗り絵」(西東社)、「ねこ先生クウとカイに教わるぐっすり睡眠法(KADOKAWA)「昼間のパフォーマンスを最大にする正しい眠り方」(WAVE出版)、「疲れがとれて朝シャキーンと起きる方法」(セブン&アイ出版)、「大人女子のための睡眠パーフェクトブック」(大和書房)など多数。書籍は韓国・台湾・中国全土でも翻訳され発売中。
Website SLEEP CULTURE: http://tomononao.com/

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    47
  1. リラックス
  2. 快眠
  3. 自律神経

関連記事

  1. Healthcare今こそ「睡眠力」を育もう! 1日7時間睡眠の確保で「免疫力」がアップ!

    今こそ「睡眠力」を育もう! 1日7時間睡眠の確保で「免疫力」がアップ!

    20
  2. Healthcare夜ふかしが発育に悪影響!? 子どもの成績を上げるなら睡眠時間の確保が必須!

    夜ふかしが発育に悪影響!? 子どもの成績を上げるなら睡眠時間の確保が必須!

    11
  3. Healthcare朝15秒で快眠体質!「眠れない」「起きられない」を解消する朝習慣とは!?

    朝15秒で快眠体質!「眠れない」「起きられない」を解消する朝習慣とは!?

    12
  4. Healthcare不眠を断ち切る快眠習慣。就寝前1時間でスマートフォンを手放そう!

    不眠を断ち切る快眠習慣。就寝前1時間でスマートフォンを手放そう!

    14

あわせて読みたい

Pickup