FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    12

とうもろこしの画像

今年は梅雨が長引きそうな気配で気分も少し滅入ってしまいがち。そんなときは、今が旬のおいしいとうもろこしを食べて、元気に過ごしましょう!
とうもろこしには、食物の消化吸収力を高める作用があるため、胃腸が弱っていたり、食欲がない、疲れがとれないときなどにとても効果のある食材。また、体の熱を冷ましてくれ、余分な水分も出してくれるので、梅雨時のむくみがちな体にはとってもおすすめです。

監修
糸櫻 敦子

とうもろこしは、梅雨から夏にかけて薬膳では大活躍の食材!

とうもろこし畑

とうもろこしは、この時期とっても大活躍の優秀な食材として、いろいろな料理によく使われています。栄養価が非常に高く、たんぱく質や脂質、糖質も多く含まれ、食物繊維が豊富で、暑い時期に手軽においしく栄養補給できる野菜です。

とうもろこしの冬瓜スープ 

また、冬瓜も体の熱を冷まし、余分な水分を出してくれる、むくみに有効な食材。食欲のないときや夏バテぎみのときに、淡白で食べやすい野菜です。梅雨のこの時期、どちらの食材も代謝をよくしてくれます。2つの食材を使ったおすすめの食べ方は「とうもろこしの冬瓜スープ」です。冷え性の人は、しょうがを加えていただくといいですよ。

見た目にも、体にもおいしい「とうもろこしと枝豆のご飯」

トウモロコシと枝豆ご飯

もうひとつ、私がこの時期におすすめしたいのが、「とうもろこしと枝豆のご飯」。栄養価が高いことで知られる枝豆ですが、それだけでなく、胃腸を丈夫にしてくれたり、消化を促進してくれる作用もあり、とてもすぐれた食材。さらに、女性にはうれしい美肌効果もあり、便秘解消や高血圧にも有効です。黄色と緑のコントラストがとてもキレイなので、見た目にも体にもおいしいご飯です。

今回は、枝豆だけでなく、いろいろな豆を一緒に入れて、さらに彩りをよくしてみました。とうもろこしの甘さと、いろんなお豆の食感がサッパリと蒸し暑い季節にもおいしくいただけるご飯です。食欲のない日などに、ぜひお試しあれ!

そのまま食べてもとってもおいしいとうもろこしですが、食材のもつ効果をうまくとり入れて、ジメジメした梅雨の季節をおいしく食べて、快適に過ごせるとよいですね。また、とうもろこしとほかの食材とのおいしい組み合わせを考えるのも楽しいかもしれません。

とうもろこしのおいしい季節に、少し効果を意識して食べてみてはいかがでしょうか?

糸櫻 敦子

糸櫻 敦子

フードアナリスト。フードコーディネーター。漢方養生指導師。2012~2018年度フードアナリスト広報委員。レシピサイトにヘルシーで体によいレシピを掲載したり、横浜在住のフードアナリストとしてTVやラジオにも出演。現在は、フィットネスクラブのインストラクターとしてもレッスンを指導。体の中から外から、両方からのアプローチでキレイになることを提案している。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    12
  1. むくみ対策
  2. 消化吸収
  3. 胃腸

関連記事

  1. Beautyじめじめする時期を味方に。美容研究家の全身ピカピカになるスキンケア法

    じめじめする時期を味方に。美容研究家の全身ピカピカになるスキンケア法

    11
  2. Healthcareカルシウムは牛乳の2倍以上!? 冷凍しじみのパワーで手軽にカルシウムをチャージ♪

    カルシウムは牛乳の2倍以上!? 冷凍しじみのパワーで手軽にカルシウムをチャージ♪

    3
  3. Healthcare侮るなかれ、納豆パワー! 大豆食品の意外なメリットとは?

    侮るなかれ、納豆パワー! 大豆食品の意外なメリットとは?

    4
  4. Healthcare中性脂肪にもアレルギーにも効果があると大注目! 話題のアマニ油をおいしく食べるレシピ

    中性脂肪にもアレルギーにも効果があると大注目! 話題のアマニ油をおいしく食べるレシピ

    5

あわせて読みたい

Pickup