FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    痛風は男性だけがなりやすいって本当? 女性もなるけどその違いとは…

  1. Share

  2. お気に入り

    6

健康な足

男性に多い病気として知られる痛風。しかし、女性がまったく痛風にならないかというとそうではありません。実際にこれまで、痛風が起こりやすくなる要因に男女で違いがあるのかはっきりしていませんでした。そしてこのたび英国からの報告で、男女それぞれに特化した危険因子があるのではないかという仮説が提案されました。男性、女性、それぞれ何に気をつけたらよいのでしょうか。今回の調査から見えたことは?


男性と女性は違う要因で痛風になる?

足が痛んでいる様子

男性のほうが圧倒的に多い病気、と聞いてすぐ思い浮かぶ病気のひとつは、痛風かもしれません。しかし一方で、女性にまったく発症しないわけではないのも事実です。

そもそも痛風は、血液の中の「尿酸」と呼ばれる物質が増えて、あるとき突然関節が痛み出す病気です。よく痛みが出るのは、足の親指のつけ根などです。公益財団法人痛風・尿酸財団は、1992年の東京女子医科大学の調査を引用し、男性が98.5%で、女性は1.5%という男女差があることを説明しています。女性は痛風の原因になる尿酸が少ないからだといいます。

このたび英国、キール大学の研究グループが、これまでに実施された痛風の危険因子に関する研究結果を整理し直し、痛風には一方の性に特化した危険因子があるのか調査しています。研究グループは、痛風は圧倒的に男性に多い病気であると指摘しつつ、それでも男女それぞれの性別に特化した危険因子が存在するという仮説を調べました。

じつは魚介類好きの女性も危ない!?

足をケアする人

研究グループは、これまでに報告された痛風の危険因子に関係する研究結果を系統的に吟味し、痛風が起こりやすくなる要因に性別による違いがあるのかを調べています。

するとわかったのは、痛風のリスクを高める要因には男女で共通の傾向があるけれども、それぞれに特化した要因もあるということでした。

今回の研究グループが再調査した研究のうち、痛風の危険因子を男女間で比較した研究は33件(60.6%)で、男性のみを対象とした研究は10件(30.3%)、女性のみを対象とした研究は3件(9.1%)でした。

男女間の危険因子の違いを比較した研究では、ほとんどの危険因子(年齢、人種、アルコール摂取量など)で同じように痛風になるリスクが高まっていました。しかし、男性には危険因子としてメタボリック症候群が挙げられていたのに対し、女性にはそれはみられませんでした。一方で、魚介類を多くとる女性は男性に比べると、痛風になるリスクが36%高まっていました。

「結果としては、痛風になりやすくなる要因に男女間で大きな違いは見られず、性別に関係なく同じような予防法が必要である」と研究グループはまとめていますが、もう少し研究も必要性がありそうだということ。いずれにせよ、ウエスト周りがちょっと気になる男性や、無類の魚介類好きの女性は、用心に越したことはないかもしれません。

<参考文献>

Adv Rheumatol. 2019 Jun 24;59(1):24. doi: 10.1186/s42358-019-0067-7.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31234907

文/星良孝


【イベント】AYAさんも出演!FYTTE主催「The Fit & Wellness Live 2019」でワークアウトを楽しもう!

美ボディを目指したい人は、9月7日に開催するFYTTE30周年記念の女性限定イベント「The Fit & Wellness Live 2019」にGO!

人気のクロスフィットトレーナー・AYAさんによる追い込み系ワークアウトをはじめ、ヨガや最新フィットネス・BREAKLETICS(ブレイクレティクス)を体験できるビッグフィットネスイベント。スポーツビューティに関するトークショーやスポーツ時にオススメのドリンク・フードの試食も楽しめます!

イベントサイトはこちら
https://fytte.jp/feature/event/
チケットお申し込みはこちら
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01j04610c0fc3.html

星 良孝 <ステラ・メディックス>

星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス  専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    6
  1. 病気予防

関連記事

  1. Healthcare女性は特に飲み過ぎに注意! 男性より肝臓へのダメージが大きい可能性も

    女性は特に飲み過ぎに注意! 男性より肝臓へのダメージが大きい可能性も

    5
  2. Healthcareクラミジアもワクチンで予防できるかもしれない!? 世界初の発見

    クラミジアもワクチンで予防できるかもしれない!? 世界初の発見

    5
  3. Healthcare子宮内膜症の痛みは骨盤のけいれんのせい!? ボトックス注射で改善も

    子宮内膜症の痛みは骨盤のけいれんのせい!? ボトックス注射で改善も

    4
  4. Healthcare運動は長い目で見ても効果あり! 激しい運動ほど肺の病気が減少

    運動は長い目で見ても効果あり! 激しい運動ほど肺の病気が減少

    8

あわせて読みたい

Pickup