FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    乳がんリスクが減る食事パターンは? ポイントは3つの食材

  1. Share

  2. お気に入り

    18

野菜サラダにオリーブオイルをかけている様子

日本を含め世界中で最も多い女性のがんである「乳がん」。検診や予防に関して数多くの研究が行われ、食べものについても研究が進んでいます。このたび「野菜、果物、大豆」をたくさん食べていると乳がんのリスクが下がるという報告がありました。ひとつの食品の効能だけでなく、食事全体のバランスにも目を向けるとよさそうです。


どんな食品を多く食べるかが影響

グリーンサラダ

女性のがんでは、日本を含め世界的に最も多い乳がん。2012年のデータによると、世界で新たに診断された人は167万人に上りました。
乳がんを引き起こす要因として、遺伝、環境、食事が影響すると考えられています。なかでも食事は、乳がんに限らずあらゆるがんの要素として30〜35%を占めるという研究結果も。最近ではひとつの食品に限らず、食事全体の構成についても研究が進められています。

乳がんについては、野菜、果物、豆類を多く含む食事に予防効果があるという研究結果が数多く出ています。豆類のなかでは特に大豆が代表的。しかし、野菜、果物、大豆が多い食事といっても民族や地域によって違いがあることから、これまで乳がんとの関連性が一致していませんでした。そこで、今回、中国の徐州医科大学の研究グループが過去の研究をまとめて分析してみました。

さまざまな栄養素が相互作用する食事パターンとは

トマト、にんじん、ブロッコーリーなどさまざまな野菜

欧州、アジア、北米などの大規模な追跡研究(それぞれの参加者1万人〜9万人以上)12件をまとめて分析してわかったのは、野菜、果物、大豆(食品)の多い食事をとっていると、乳がんになりにくいということ。これらの食品群には、ファイトケミカル、食物繊維、ビタミン、大豆イソフラボンなど、それぞれが乳がんへの効果が報告されている栄養素を含むことが大きいものと考えられました。

私たちはふだん、さまざまな食品を食べています。それぞれの栄養素が単独で効果を発揮するというよりは、複雑に相互作用しているという考え方が注目されるようになっています。今回の研究では、ひとつの食品というよりも、有効な成分を多く含む食品群をたくさん食べる「食事パターン」で効果が見られたことに意味があります。研究グループは、比較試験でさらに明らかにする必要があると指摘しつつも、「野菜、果物、大豆(食品)をたくさんとると乳がんの予防になるのではないか」と結論しています。

<参考文献>

J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo). 2019;65(5):375-382. doi: 10.3177/jnsv.65.375.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31666473

星 良孝 <ステラ・メディックス>

星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス代表取締役社長/編集者 獣医師  専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。https://stellamedix.jp

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    18
  1. 乳がん
  2. 病気予防
  3. 食事・栄養

関連記事

  1. Healthcare「オーガニックフード」で乳がんが減る? 食べるべき食品は…

    「オーガニックフード」で乳がんが減る? 食べるべき食品は…

    18
  2. Healthcare鶏肉が乳がんのリスクを減らす!? 米国の研究グループが報告

    鶏肉が乳がんのリスクを減らす!? 米国の研究グループが報告

    24
  3. Healthcare乳がんと関係する生活習慣とは? 英国の研究で「5つのポイント」を指摘

    乳がんと関係する生活習慣とは? 英国の研究で「5つのポイント」を指摘

    16
  4. Healthcare「乳がん予防に薬を」 米国でリスクの高い人への投薬を推奨

    「乳がん予防に薬を」 米国でリスクの高い人への投薬を推奨

    22

あわせて読みたい

Pickup