FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    お酒の前に1杯のトマトジュース! 楽しいお酒とのつき合い方

  1. Share

  2. お気に入り

    16

トマトジュースの画像

年末年始は、忘年会や新年会などお酒を飲む機会が多くなります。二日酔いや悪酔いをしがちな人は、お酒の選び方に問題があるのかも? 『酒好き医師が教える薬になるお酒の飲み方』(日本文芸社)の著書を持つ秋津医院院長・秋津壽男先生に、大人の女性にふさわしいスマートなお酒の飲み方について、ご指南いただきました。

監修
秋津 壽男

空腹で飲むと悪酔いしやすい

楽しそうにお酒を飲む女性の画像

同じお酒を飲むにしても、ちょっとした行動で、悪酔いを回避できます。まず、飲む前から対策を始めましょう。

●お酒を飲む前にスープか、トマトジュースを
胃がからっぽの状態で、お酒を飲むのは、悪酔いしやすく、胃に悪いという意味でもおすすめできません。
「空きっ腹にお酒が入ると、アルコールが急速に吸収されるため、血中のアルコール濃度も急速に上昇します。その状態から、さらにお酒が入ってくるため、肝臓でのアルコール分解が追いつかず、悪酔いしやすくなります。また、アルコールで胃の粘膜を傷めやすく、胃炎や胃潰瘍につながることも。飲む前には、何か胃に入れておくことをおすすめします」

秋津先生のおすすめは、スープやみそ汁です。カップ入りのみそ汁はコンビニで、缶入りのポタージュは自動販売機などで買うことができます。
「また、トマトジュースでもいいでしょう。トマトには、アルコールの代謝を早める効果があります」

空腹のまま飲み会に出ることになったときは、つまみをちゃんと食べるのが鉄則です。

●料理を食べながら、お酒を飲む
「理想は食中酒として、料理を食べながら飲むことです。胃の中で、アルコールが薄まり、胃の粘膜に直接アルコールがあたるのを防ぐこともできます。居酒屋であっても、栄養バランスを考えながら、つまみを頼みましょう。お腹がいっぱいになれば、自然とお酒も飲みたくなくなります。NGなのは、乾きものを食べながら、飲むこと。お腹も満たされず、ついつい飲み過ぎてしまい、アルコールで胃の粘膜を傷めることにもなります」

おしゃべりとチェイサーが飲み過ぎを防ぐ

氷を入れる女性の手の画像

お酒を飲み始めると、雰囲気でついつい飲んでしまいがちですが、楽しくおしゃべりをしながら、マイペースで飲むことも、悪酔いを防ぎます。

●チェイサーを飲む
バーでストレートのウイスキーを頼むと、水が一緒にできますよね。強いお酒のあとや間に出てくる水などをチェイサーといいます。お酒を飲み始めたら、チェイサーも用意しましょう。

「たとえば、ウイスキーは40~43度ですが、チェイサーとして水を飲めば、胃の中で12~15度に薄めることができます。最近では、和らぎ水ともいいますが、お酒を飲んでいるときに、併行して水を飲むと、アルコールの吸収スピードが遅くなり、肝臓でゆっくりアルコール分解もできるので、酔いにくくなります。お酒を飲むペースもゆっくりになって、飲み過ぎや脱水を防ぐ効果もあります」

チェイサーは、水以外でも、基本的に水分なら何でもOKです。
「ただし、緑茶やウーロン茶は、カフェインの利尿作用で、トイレが近くなるため、脱水が起きやすくなるので注意が必要です。ちなみに、飲んでいる最中に、自分が脱水状態かどうか知るには、トイレで尿の色をチェックします。ふだんより濃くなってきたら、脱水状態のサイン。水かジュースなどに切り替えるといいでしょう。私は、ウイスキーを飲むときには、チェイサーにオレンジジュースを用意します」

●宴会では、楽しくおしゃべりをする
黙々と飲んでいると、ついお酒に手がいって、飲み過ぎてしまいがちです。
「悪酔いや二日酔い防止には、友だちや同僚と楽しく飲むことがいちばんです。おしゃべりは代謝を上げ、アルコールの分解速度を速めてくれますし、ストレス解消にもなります」

●手酌でマイペースをキープ
手酌で飲んでいると、いかにも「酒飲み」のイメージで、敬遠する人もいるかもしれませんが、自分のペースで飲むには、手酌がおすすめです。
「宴会では、びんビールが出てくることも多いと思います。空いたグラスに『どうぞ、どうぞ』と言われるがまま注いでもらっていると、自分がどれくらい飲んだのか、お酒の総量がわからなくなってしまい、飲み過ぎの一因になります。最初の1杯を注いでもらったら、自分用のビールを1本キープしましょう。『お酌で飲むと、飲み過ぎてしまうので、あとは自分で飲みます』と言っておけば、気を遣わせることもなく、お互い気楽に飲めると思います」

●飲み放題でちゃんぽんより、いいお酒を少しだけ
いろいろな種類のアルコールを飲む「ちゃんぽん」は、悪酔いしやすいといわれますが、「医学的根拠はない」そうです。
「ちゃんぽんで悪酔いするのは、いろいろなお酒を飲んだことで、自分の飲んだお酒の総量がわからなくなってしまうからです。飲み放題などで、起こりがちなことです。お酒に飲まれないようにするには、ちょっといいお酒を少しだけ、という飲み方もおすすめ。いいお酒なら大事に飲みますから。30代を過ぎたら、そうした飲み方ができるようになりたいですね」

取材・文/海老根祐子

秋津 壽男

秋津 壽男

秋津医院院長
大阪大学工学部発酵工学科で酒造りの基礎を学ぶ。卒業後、社会人を経験した後、和歌山県立医科大学医学部に入学。同大学循環器内科、東京労災病院を経て、現職。“酒好き医師”として知られ、『酒好き医師が教える薬の飲み方』(日本文芸社)等の著書もある。エテレビ番組等の出演も多い。ブルゴーニュ、ボルドー各騎士団よりシュバリエ(騎士号)叙勲。日本ソムリエ協会名誉ソムリエ。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    16
  1. 食事・栄養
  2. 飲酒

関連記事

  1. Healthcareお酒にまつわる素朴な疑問、不安を一挙に解決!

    お酒にまつわる素朴な疑問、不安を一挙に解決!

    11
  2. Healthcareたんぱく質が悪酔いを防ぐ! 医師がすすめる最強おつまみ

    たんぱく質が悪酔いを防ぐ! 医師がすすめる最強おつまみ

    15
  3. Healthcare水割りよりもソーダ割りのほうが早く酔う? 悪酔いしないお酒の飲み方

    水割りよりもソーダ割りのほうが早く酔う? 悪酔いしないお酒の飲み方

    19
  4. Healthcare体重が多ければたくさん飲める? 今こそ知りたい自分に適した飲酒量

    体重が多ければたくさん飲める? 今こそ知りたい自分に適した飲酒量

    13

あわせて読みたい

Pickup