FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    少ない量でも飲酒はがんにつながる!? 日本の研究からわかったことは…

  1. Share

  2. お気に入り

    2

グラスに注いだカクテル

お酒の飲み過ぎが病気につながることはよく知られています。しかしお酒は量を守って飲めば大丈夫と思っている人も多いはず。残念ながらこのたび、日本の研究グループによって少量であっても飲酒でがんのリスクが高まることが報告されました。お酒を飲まない人は、最もがんにかかるリスクが低いという結果が出ています。


日本人約12万6千人を調査

お酒を飲みながらパーティーを楽しむ人たち

これまでの研究から、お酒をたくさん飲むと、がんにかかるリスクが増えることが確認されていますが、基本的にお酒に弱いとされる日本人を対象とした研究はあまり行われていませんでした。そこで東京大学の研究グループが日本での飲酒とがんのリスクの関連性を詳しく調べています。

研究グループは全国 33か所の病院での2005~2016年の間の入院患者データベースを用いて、がんとなった6万3232 症例と、性、年齢、診断年、病院のバランスを等しくするようにしたがんではない6万3232 症例とを比べて、飲酒とがんにかかるリスクの関連を調査したのです。

対象者は1日の平均飲酒量(飲酒1単位換算)と飲酒年数を報告。飲酒1単位はアルコール含有量23gで、これを一般的なお酒に換算すると、日本酒1合(180 ml)、ビール中瓶1本(500ml)、ワイン1杯(180ml)、またはウイスキーダブル1杯(60ml)となります。

お酒を飲まない人はがんにかかりにくい

カクテルを注ぐバーテンダー

そうしてわかったのは、お酒を飲まない人は最もがんにかかるリスクが低く、お酒を飲む人は飲む量によってがんのリスクが高まることです。飲酒指数が10 飲酒年(1日1杯を日常的に10年間継続)で、がん全体の罹患リスクは 1.05 倍、つまり5%程度上昇しました。また低~中程度の飲酒においても、がん全体の罹患リスクは上昇する可能性が。がんの種類別でみても大腸がん、胃がん、乳がん、前立腺がんの罹患リスクはいずれも増えていました。これは、性別、飲酒・喫煙傾向や職業分類などを考慮しても同じ傾向が現れていました。

今回の結果からも、研究グループは「現在、日本の死因の第1位はがんであり、がん予防のため、飲酒によるがん罹患リスクの啓発活動をさらに強化する必要がある」と指摘しています。飲酒には健康リスクがあることをあらためて意識し、ほどほどにするとよいのかもしれません。

<参考文献>

Even Light Alcohol Consumption Linked to Higher Cancer Risk in Japan

Cancer. 2019 Dec 9. doi: 10.1002/cncr.32590. [Epub ahead of print]

星 良孝 <ステラ・メディックス>

星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス  専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    2
  1. 病気予防

関連記事

  1. Healthcare甘い飲み物が好きでもガマン!メリットはダイエットにとどまらない

    甘い飲み物が好きでもガマン!メリットはダイエットにとどまらない

    18
  2. Healthcare鶏肉が乳がんのリスクを減らす!? 米国の研究グループが報告

    鶏肉が乳がんのリスクを減らす!? 米国の研究グループが報告

    13
  3. Healthcareついつい宵っ張り…眠りにつくのが苦手な体質なら「心臓」の健康に要注意!

    ついつい宵っ張り…眠りにつくのが苦手な体質なら「心臓」の健康に要注意!

    14
  4. Healthcare「脂肪」が乳がんを増やす!? がん細胞が脂肪をとり込むことで起こることは…

    「脂肪」が乳がんを増やす!? がん細胞が脂肪をとり込むことで起こることは…

    2

あわせて読みたい

Pickup