FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Lifestyle

    車で移動販売する、おにぎりシャトルがシカゴに登場。チーズやペッパーなどを使ったアメリカンなおにぎりが今大人気!

  1. Share

  2. お気に入り

    25

車で移動販売する、おにぎりシャトルがシカゴに登場。チーズやペッパーなどを使ったアメリカンなおにぎりが今大人気! セットには、たくあんとおみそ汁がついて、竹の皮で包む本格的スタイルが人気です。

お寿司、ラーメンなどの日本食が当たり前になっているシカゴ。そんな中、最近注目をあびているのが、おにぎり専門店です。おにぎりの専門店ということ自体、シカゴでは斬新なアイディアなのですが、さらに驚くのが、なんと店舗を構えずに、車で毎日違う場所へ移動してのシャトル販売! これが地元、シカゴの人にウケで、今ではリピーターも多く、超人気なのです。


すべてが丁寧で、心のこもったサービスがシカゴで喜ばれています。

日本の心飯のおにぎりがシカゴで話題!

新型コロナウイルスの蔓延により、現在シカゴでも思うように外食ができない状態です。このおにぎりシャトル「Onigiri Shuttle KORORIN(おにぎり しゃとる ころりん)」は、まさにうってつけのサービス。毎週、決まった場所と時間を設定し、ルーティンで配達しています。

「Onigiri Shuttle KORORIN」を営むのは、東京で飲食業のマネジメントコンサルティング会社に務めていた若きオーナーの勝山雄太さん。勝山さんはシカゴに留学中だった今年、新型コロナウイルスが流行り、その間にこのおにぎりシャトルを思いつきました。若者や会社勤めの人が多い地域にシャトルで登場して販売したり、人気の雑貨屋などでおにぎり売り場を設置させてもらって販売したりしているうちに、忙しくて食事をとる時間が無い人や、外食したくてもできない人などから「気軽に日本の味が楽しめる」と注目を集め、現在口コミでは人気が急上昇中!

なぜシカゴでおにぎりなのか?

オーナーの勝山さんと共同経営者のクリスティーナがシャトルでシカゴを颯爽と走ります。
自家用車兼シャトルのルーフトップには、おにぎりの形をした看板が設置されています。

勝山さんが留学中にデザインの授業で、おにぎりの型をしたメーカーを作ったことが、クラスメイトや教授に好評で、シカゴ名物のホットドッグや、サンドイッチのように手軽に食べられるのでは? とアイディアが出たのだとか。
「おにぎりはキャンバス!」と、好きな味、色、食感など、さまざまな“表現”が可能だと言います。アイディアは無限大で、今後もいろいろな種類が出てきそうです。

シカゴはニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ第3の都市で、新しいことや流行に敏感な人たちが多く、日本食レストランや食材など、自然に異文化にふれる機会も多い場所。そんなシカゴで、ヘルシーでもある「おにぎり」という文化は、地元の人たちにすんなり受け入れられているようです。

日本の味を出しつつ、アメリカでウケる味をチョイス

おにぎりセットに、みそ汁、箸があるほか、アメリカンなスリラチャソースがついています。
この日、自転車で取りに来た地元シカゴアンの女性はうれしそうに受け取っていました。

シカゴの人たちが、おいしく食べられて、ヘルシーな食べものとして考えられた「Onigiri Shuttle KORORIN」のおにぎりは、日本ではあまり見かけないようなアメリカンスタイルで、どれも香ばしく風味よく焼いた、焼きおにぎりのスタイルになっています。
シカゴのラーメン屋さんから仕入れているチャーシューをたっぷり使った「Pork Belly」、梅干しにおかかとチーズを混ぜて酸味をやわらかくしたやや和風寄りの「Ume Okaka Cheese」、甘いコーンとチーズに加え、パンチの効いたペッパーを使った「Corn Cheese Pepper」、鮭の風味をバターでまろやかに包む「Salmon Butter」など、アメリカナイズされた味など全5種類。これに、おみそ汁とたくあんをセットメニューにして提供しています。
日本でも珍しい本物の竹の皮に包むこだわりもシカゴでは「アーバン(都会的な、洗練されているなどの意味)」と評価が高くなっています。

おにぎりは手軽にアレンジできるので、これらの組み合わせも参考に、アメリカンなおにぎりを自宅で試すのもいいかもしれません。
また、海外旅行が楽しめるときがきたら、シカゴを訪れた際にはぜひこの「Onigiri Shuttle KORORIN」も試してみてくださいね。

■Onigiri Shuttle KORORIN
https://www.onigirikororin.com
Instagram: @onigirishuttlekororin

写真・文/脇方真由美

ホリコミュニケーション/編集者

ホリコミュニケーション/編集者

ホリコミュニケーションLLC
2007年より海外企画編集会社を設立。ハワイにオフィスを設ける。アメリカ、イタリア、イギリス、スペイン、アジアなど50名ほどのライターを登録、世界の情報を日本の雑誌、ウェブマガジン等へ提供している。www.horicomm.com

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    25
  1. アメリカ

関連記事

  1. Lifestyleパーティーが盛り上がること間違いナシ! 手作りの「フードボード」が今シカゴでアツい!

    パーティーが盛り上がること間違いナシ! 手作りの「フードボード」が今シカゴでアツい!

    12
  2. Lifestyleガイドブックには載らないアメリカ南部の「ユーレカスプリングス」は訪れる価値ありの穴場スポット!

    ガイドブックには載らないアメリカ南部の「ユーレカスプリングス」は訪れる価値ありの穴場スポット!

    21
  3. Lifestyle一生に一度は行きたいアメリカ・モニュメントバレーの絶景を独り占めする旅

    一生に一度は行きたいアメリカ・モニュメントバレーの絶景を独り占めする旅

    20
  4. Lifestyle旅のお土産に! シカゴで見つけた便利でかわいいコスメ&バスグッズ

    旅のお土産に! シカゴで見つけた便利でかわいいコスメ&バスグッズ

    27

あわせて読みたい

Pickup