FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Lifestyle

    自分大好き「ナルシスト」。じつは政治的な行動に積極的!? 海外研究の結果は…

  1. Share

  2. お気に入り

    12

鏡を見る女性

ふつう「ナルシスト」といえば、いわゆる「自分大好きな人」をちょっと揶揄して使ったりしますよね。このたび、そのような人は選挙の投票やさまざまな嘆願書の署名などの行動が活発だという海外からの報告がありました。SNSなどではクラウドファンディングのような活動のほか、逆にネガティブな炎上のような動きもありますが、背景にはそんな個性の違いもあるのかもしれません。


ナルシストは協調性に問題?

ドレスアップしてケイタイで自撮りする女性

このたびのコロナ禍による混乱がきっかけのひとつになって、SNSなどでもいろいろな議論の火種が増えているように感じます。いわゆる「炎上」のような動きも見てとれます。

建設的な話し合いならいいですが、ケンカになると問題です。そうした社会派の活動と関係しているのが「ナルシシズム」あるいは「自己愛」という特性だといいます。心理学では「利己的、権利意識が強い、他者への共感が欠如している、賞賛を必要とするなどを併せた特性」をいうようです。ナルシストというと、人を少しからかっていうこともあるかもしれませんが、ナルシストのレベルが高くなると、主張が強くなり、協調性や寛容さが減り、対立や争いが増えるのではと指摘されることも。

今回、米国のペンシルベニア州立大学とデンマークのコペンハーゲンビジネススクールの研究グループは、両国の合計5000人近くからさまざまなデータを集め、ナルシシズムと政治的な活動との関連性を分析しています。

「自足感」が強いとあまり政治参加しない

会議で挙手する女性

ここから見えてきたのが、ナルシシズムの傾向しだいで、人の行動には違いが出てくるということです。まず、「優越感」と「権威/リーダーシップ」といったナルシストの意識が強い人ほど政治的な行動に積極的でした。いわば意識の高さは、行動的になりやすいといえるのかもしれません。一方で、「自足感」という自分の現状に満足している感覚が強い場合には、そうした活動に消極的でした。意識の高さと、自分の状況への満足感というのは違いがあるようです。

研究グループが心配しているのは、政治的な活動が大きな人にナルシストの傾向が強い人ばかりだと、自分の利益や地位ばかり意識する人に有利な意見が世の中にはびこってしまう可能性があることです。もっといろいろなパーソナリティの人々の声が届きやすい仕組みが必要と研究グループ。人とのコミュニケーションで前に出ることが多いと意識している人は、自分自身はナルシストの傾向がないか、あるいは自分の利益ばかり主張していないか気をつけるとよいかもしれません。

<参考文献>

Higher narcissism may be linked with more political participation
https://news.psu.edu/story/633025/2020/10/02/research/higher-narcissism-may-be-linked-more-political-participation

Fazekas Z, Hatemi PK. Narcissism in Political Participation. Pers Soc Psychol Bull. 2020 Jun 4:146167220919212. doi: 10.1177/0146167220919212. Epub ahead of print. PMID: 32493116.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32493116/
https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/0146167220919212

星 良孝 <ステラ・メディックス>

星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス代表取締役社長/編集者 獣医師  専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。https://stellamedix.jp

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    12
  1. ポジティブ
  2. 人間関係

関連記事

  1. Lifestyle「共感」は必ずしも好まれない! 海外研究からわかったその理由は?

    「共感」は必ずしも好まれない! 海外研究からわかったその理由は?

    10
  2. Lifestyleつい気になる周囲の評価…「社会的に評価される人」ってどんな人? 研究で世界共通の特徴が明らかに

    つい気になる周囲の評価…「社会的に評価される人」ってどんな人? 研究で世界共通の特徴が明らかに

    25
  3. Lifestyleポジティブだと“脳力”も下がらない! 「前向きに考える効果」が研究で明らかに

    ポジティブだと“脳力”も下がらない! 「前向きに考える効果」が研究で明らかに

    3
  4. Lifestyleもっと自分を出すとハッピーに♪ 外向的な振る舞いが幸福感につながるって本当!?

    もっと自分を出すとハッピーに♪ 外向的な振る舞いが幸福感につながるって本当!?

    25

あわせて読みたい

Pickup