FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    4

生徒さんの作品2

みなさんは、野菜を使った食べられるブーケがあることをご存知でしょうか? じつは私も先日都内で行われた、グリームナック野菜ブーケ教室Senkaの「野菜ブーケ特別発表会」に参加するまで、その存在を知りませんでした。発表会では、国産野菜でブーケを制作する「食べるブーケ」の第一人者である、中澤洋子さんによるデモンストレーションも開催。今回は、野菜ブーケがどのようにつくられるのか、その様子をお伝えします!


まず会場に入ると、生徒さんたちの作品がズラリ。
どれも色鮮やかで、とってもキレイでした! 目で見て楽しめるだけでなく、全部(器以外)食べられるのも魅力です。近くで見てみると、どの野菜や果物も、とてもみずみずしく、ツヤツヤしているのがわかります。「おいしそう…」と、食いしん坊の私は、ついそんなことを考えてしましました(笑)…失礼しました。スーパーに並んでいるものよりも、なんだかイキイキして見えるのは気のせいでしょうか…?

生徒の作品1

生徒の作品2

中澤さんによると、農薬を使っていない作物のほうが、収穫後も長時間イキイキしているのだそう。さらに、少し曲がってしまうなど見た目が悪く、商品としては出荷できなかった農作物こそ、個性があってブーケ制作には最適なのだとか。

ブーケの制作過程1

中央にはアスパラ。そのまわりに、葉物系の野菜をバランスよく配置していきます。
素材をそのまま使うだけでなく、葉を編み込むなどいろいろなアレンジもできるそうです。

ブーケの制作過程3

今回器として使うのは、なんと、ごぼうです! バランスをとるのが難しそうですね…
この上に完成したブーケを乗せると…

ブーケの完成品

これで作品の完成です。ごぼうを縛っているヒモは、紫キャベツの葉で隠すなど、細部まで細やかな気遣いを感じます。使う農作物によりますが、だいたい6時間ぐらいはもつのだそう。そのあとは解体して、調理をすればおいしい料理として大変身!

野菜ブーケ教室、なんだか楽しそうですよね。ちょっと通ってみようかしら…。

(編集こえだ)

 

Omezaトークとは…
FYTTE編集部員が、みなさんの朝のお目覚ましになるようなダイエット・美容・健康小ネタをお届けするコラムです。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    4
  1. Omezaトーク
  2. 野菜

関連記事

  1. Lifestyle使う場所と必要な光を考慮した目に優しいダイソンのタスクライトが気になる! #Omezaトーク

    使う場所と必要な光を考慮した目に優しいダイソンのタスクライトが気になる! #Omezaトーク

    6
  2. Lifestyle3COINSの「ストックバッグ」でキッチン収納をおしゃれに! #Omezaトーク

    3COINSの「ストックバッグ」でキッチン収納をおしゃれに! #Omezaトーク

    26
  3. Lifestyleインテリアと風水が1つに!おしゃれな「エレメンタリウム」をつくってみた #Omezaトーク

    インテリアと風水が1つに!おしゃれな「エレメンタリウム」をつくってみた #Omezaトーク

    23
  4. Diet野菜をパンにはさめる限り全力で!ハムが埋もれる「野菜全力!」サンドイッチで今日のランチ決定! #Omezaトーク

    野菜をパンにはさめる限り全力で!ハムが埋もれる「野菜全力!」サンドイッチで今日のランチ決定! #Omezaトーク

    23

あわせて読みたい

Pickup