FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Lifestyle

    【早見優さんインタビュー】「さわやかさとは別の印象を与えたい」ミュージカル『アニー』への意気込み

  1. Share

  2. お気に入り

    36

早見優さん1

80年代アイドル全盛期での活躍を経て、昨年、デビュー35周年を迎えた早見優さんが、7年ぶりの舞台となるミュージカル『アニー』に出演。自身もミュージカルファンで、16歳と18歳の娘さんがいる早見さんにとって、『アニー』は思い出深い作品だそう。稽古真っ最中の早見さんに、作品との出合いや意気込みについて聞きました。


今回はさわやかさを封印。ものすごく怖い女性を演じます!

早見優さん2

『グリース』『オズの魔法使い』『レ・ミゼラブル』など豊富な舞台経験を持ち、「ミュージカルは観るのも演じるのも大好き!」という早見さん。今回、『アニー』への出演依頼がきた際も、2つ返事で引き受けたそうです。

「娘たちと一緒に『アニー』を初めて観に行ったのは、10年くらい前のことです。11歳のアニーが主役ですし、子ども向けのミュージカルというイメージがあったのですが、楽曲の素敵さといい、練られたストーリー展開といい、子どもはもちろん、大人もぐいぐいひきこまれる内容で。以来、私も娘たちも毎年、楽しみに観に行った大ファンの作品なんです。
だから今回、お声をかけていただいたときはすごくうれしくて。『やる! 絶対出たい!!』という感じでしたね(笑)」(早見さん)

早見さん演じるハニガンは、アニーが住む孤児院の院長。子どもたちにとっては恐怖の存在で、アニーの両親探しにまつわる大金をだましとろうとする、いわば悪役です。

「ハニガンは、『オズの魔法使い』のドロシーや、『レ・ミゼラブル』のコゼットなど、私が今まで演じてきた人物とは真逆の役。そこがとても面白いと同時に難しいところで、声の出し方ひとつとっても発見ばかりです。
いじわるな役なんですけど、彼女の心の中には、『なんで私は幸せになれないんだろう?』というつらさや孤独感もあって。強く見える彼女も、ひとりの女性として葛藤を抱えているところに共感しますね。

ただ、子どもたちにとってハニガンは、震え上がるほど怖い存在です。演出の山田和也さんからも、最初にハニガンが登場する一幕一場では、子どもたちが、『この人のせいで私たちは幸せになれない!』と思うほど、彼らの前に立ちはだかる大きな壁であってほしいと言われたんです。アニーと孤児たちが現状を嘆いて歌う『ハード・ノック・ライフ』という歌に入る気持ちを作る上でも重要な存在だから、と。ならばものすごく怖い女性でいなければ、と思いながら、ひとつひとつのセリフに向き合っています」

ハイトーンの声と笑顔が素敵な早見さんは、どの現場に行っても、「さわやかですね!」と言われることが多いそうですが、ハニガン役ではまったく別の顔を表現。

「さわやかと言っていただけるのはとてもありがたいことなんですが(笑)、今回ばかりはそうではなくて、ハニガンにしか見えない存在として舞台に立ちたいです。私としては、『アニー』を観てくださるお客さまに、『今年のハニガン、誰? え、早見優なの!?』と意外に感じていただけたらうれしいですね」

子どもたちから大きなパワーをもらっています

早見優さん3

劇中では子どもたちとのシーンが多い早見さん。稽古場はとても和やかな雰囲気だそうですが、厳しいハニガンを演じるうえで、子どもたちとの距離をはかるのも自分の役目、と言います。

「アニー役の岡菜々子ちゃんと山﨑玲奈ちゃん(Wキャスト)をはじめ、子どもたちはとてもかわいいです。子どもたちも、『早見さ~ん♪』と親しみを持って接してくれるので、愛情がどんどんわいて、すぐに仲よくなりました。でも、連日立ち稽古をするうちに、あまり仲よくなると、舞台上で子どもたちもやりずらいかな?と思うようになって。通し稽古がはじまってからは、仲よくしすぎないようにガマンしていますね。最近は、ほかのキャストの人と子どもたちの仲のいい様子を見ては、そっとジェラシーを感じています(笑)。

それでも、子どもたちが持つパワーはすごいな!と日々思います。さっきまでお菓子を食べて、『アッハッハ!』と笑っていたのに、お芝居になるとキッ!と集中して顔つきから何から瞬時に変わる。純粋であるがゆえに、一瞬で自分の役になれるんだなと思いますし、その真剣さとまっすぐな情熱に、私も大きなパワーをもらっています」

新たな挑戦の日々が、「楽しくてしかたがないです」と話す早見さんが、どんなハニガンを見せてくれるのかは、『アニー』ファンならずとも見逃せません。
インタビュー後編では、早見さんがインストラクターとして指導するダンスフィットネス・ZUMBAのことや、早見さんの健康美を作る日々の習慣について伺います。

(舞台情報)
丸美屋食品ミュージカル『アニー』

東京公演2019年4月27日~5月13日(新国立劇場 中劇場)、大阪公演8月1日~6日(シアター・ドラマシティ)、松本公演8月10日(まつもと市民芸術館 主ホール)、仙台公演8月17日、18日(東京エレクトロンホール宮城)、広島公演8月24日(JMSアステールプラザ 大ホール)、名古屋公演8月30日~9月1日(愛知県芸術劇場大ホール)
●公演チケットは、東京公演・キョードー東京、日テレゼロチケ、チケットぴあ、イープラス、ローソンチケット、楽天チケットほかで取り扱い中

「アニー」公式ホームページ

撮影/臼田洋一郎 取材・文/浜野 雪江

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    36
  1. インタビュー

関連記事

  1. Lifestyle【秋元才加さんインタビュー】三谷幸喜さん作・演出のミュージカルへの思い

    【秋元才加さんインタビュー】三谷幸喜さん作・演出のミュージカルへの思い

    77
  2. Lifestyle【山下リオさんインタビュー】音楽劇「コインロッカー・べイビーズ」に寄せる思い

    【山下リオさんインタビュー】音楽劇「コインロッカー・べイビーズ」に寄せる思い

    62
  3. Lifestyle【辺見えみりさんインタビュー】ミュージカル『アニー』で、母娘2代で同じ役に!

    【辺見えみりさんインタビュー】ミュージカル『アニー』で、母娘2代で同じ役に!

    73
  4. Lifestyle野沢和香さんインタビュー!ハワイでのヨガ講習で得たものとは?

    野沢和香さんインタビュー!ハワイでのヨガ講習で得たものとは?

    74

あわせて読みたい

Pickup