FYTTE

Beauty
CATEGORY : ビューティ |ファッション

着るだけで小顔見せ♡ 野暮ったくならない「フーディー」の選び方と着こなし方

Share
着るだけで小顔見せ♡ 野暮ったくならない「フーディー」の選び方と着こなし方

小顔見せしたい人におすすめのアイテムが「フーディー」。そんなフーディーを、もっさり感なくスタイリッシュに着こなすための選び方のポイントをスタイリストの筆者が紹介します。

監修 : 高田 空人衣(くにえ) (パーソナルスタイリスト)

スタイリスト・ライター。日本を代表するパーソナルスタイリストとして、TV『サタデープラス』ほか、「着痩せ」「高見え」「エイジレス」ファッション企画に多数出演、監修を担当。2011年創業、一般男女へのパーソナルスタイリングサービスを主宰。広告、芸能人・要人のスタイリング、執筆、講師、講演と、多方面で活動中。プライベートでは、ジャズダンス歴20年以上。着たい服がいくつになっても似合う体づくりに、日々取り組んでいます。
http://onnamind.net/

Contents 目次

小顔見せにすぐれたフーディーの、見極めポイント

着るだけで小顔見せが簡単にできるアイテムといえば、私は決まって「フーディー」と応えます。フーディーとは、フードがついたスウェットのことを指すのですが、今季はアイテムとしてもフーディーがトレンド! そのため、ベーシックなものから進化系まで、続々と登場しているのです。
しかし、フーディーならなんでも小顔見せにすぐれているわけではありません。“小顔見せ”にすぐれたフーディーにはポイントがあるんです。その見極めポイントは、ずばり“フード部分”。

ハンガーにかけた状態、もしくは着用したときに、横からチェックしてみてください。
フードがしっかりと立ち、高さがついて立体感があるフードのものが◎。

やや硬めの生地のフーディーを選ぶことも、ひとつの目安になります。
なぜなら、生地がやわらか過ぎるとフード部分がへたれやすく、洗濯するにつれてペタンとしてしまい、野暮ったさが増してしまうのです。

+αとして、ワッフル地のフーディーは、カジュアルになり過ぎないのでおすすめですし、カラーはライトグレーがイチ押し! 合わせる色やテイストを選びにくく、着こなしの幅が広いんです。

フーディーの丈は少し短めのほうが、すそをインしても腰回りがもたつかず、アウトしてもすっきりとした見た目が作れます。

野暮ったくならないフーディーの着こなし方

カジュアルな印象が強めのフーディー。
野暮ったさをスッキリとり払ったコーディネートにしたいなら、スカートとのコーディネートが最も失敗がなくて簡単です。

スカートの丈は、長めが鉄則。
花柄のような春らしい柄をチョイスしたり、白などの春らしいカラーと合わせることで、季節感と今っぽさを両方兼ね備えた旬のフーディーコーディネートができます。

「どうしてもパンツと合わせたい!」それならヒールのある靴をはいてカジュアルダウン。女っぽさを足してみてはいかがでしょう?
おすすめのパンツは、今季のトレンドである「バミューダパンツ」。ワイドパンツやガウチョパンツより軽やかさが出て、女性らしい印象が作りやすいのが特徴。その点フーディーとの相性もよいのでおすすめです。

暖かくなる季節柄、これからどんどん着用率が上がるフーディー。ぜひ着こなしの参考にしてくださいね。

関連記事

  1. Beauty今冬も『タートルニット』が旬! 小顔美人に見えるタートルニット選びの絶対法則

    今冬も『タートルニット』が旬! 小顔美人に見えるタートルニット選びの絶対法則

    30
  2. Beauty植物が作り出す「フィトケミカル」の力で紫外線対策! 肌ダメージを修復するアイテム2つ #Omezaトーク

    植物が作り出す「フィトケミカル」の力で紫外線対策! 肌ダメージを修復するアイテム2つ #Omezaトーク

    0
  3. Beauty季節の変わり目の「なにを着よう?」を解決! 服を買わずに手持ちの夏物で作れる、秋コーディネートの作り方

    季節の変わり目の「なにを着よう?」を解決! 服を買わずに手持ちの夏物で作れる、秋コーディネートの作り方

    0
  4. Beauty[スタイリストの自腹買い名品#6] “雨の日”こそおしゃれを! 心が晴れる「Francfranc(フランフラン)」で買える雨傘

    [スタイリストの自腹買い名品#6] “雨の日”こそおしゃれを! 心が晴れる「Francfranc(フランフラン)」で買える雨傘

    0

おすすめの記事PICK UP