FYTTE

Diet
CATEGORY : ダイエット |食べる

野菜と海藻を常備して不調すっきり! 管理栄養士が実践する体の調整法とは?

Share
海藻サラダの画像

季節の変わり目はなんとなく体がだるい…という人も多いのではないでしょうか。とくに今は、新型コロナウイルスの影響で、ふだん通りにいかないことばかり。このような時期に、栄養学のプロはどのような工夫で体調を維持しているのでしょうか。管理栄養士の大越郷子先生に、日々の食生活の工夫について伺いました。

監修 : 大越 郷子 (管理栄養士)

管理栄養士、フードコーディネーター。服部栄養専門学校卒業後、病院栄養士を経て現在に至る。雑誌や書籍を中心としたダイエット・健康・美容などの栄養指導など幅広く活躍。体によくておいしいレシピに定評がある。

Contents 目次

野菜の画像

私は比較的水分をとることが多く、日中、水やコーヒー・お茶をよく飲みます。
そのため、むくみも伴うことがあるので、野菜や果物は意識してとるようにしています。
野菜や果物にはカリウムが多く含まれます。カリウムはむくみを解消する効果があるので、積極的にとるようにしています。また、食物繊維をとることができるので、野菜は皮まで活用します。

夕食は、食べる内容や量が多くなりがちで、その分、カロリーや塩分も多くとりがちです。
なので、野菜か海藻の常備菜をいつも必ず用意しておき、その1品は、なるべく塩分少なめ、脂肪分少なめにしています。塩分を多く摂取することも、むくみにつながるので…。

例えば
・コールスローサラダをマヨネーズを使わないドレッシングで作る
・だいこんやきゅうりを、少なめの塩分で塩もみにしておく

とってもカンタンなひと皿ですが、夕食には必ず取り入れます。朝やお昼などにもときには活用するようにしています。野菜150gを1パックにした「即ベジパック」もおすすめです。

即ベジパックの画像

常備菜を作るときは1回で3~4日間分を作ってしまいます。すると、1週間で2回ほどしか作らなくてすむので、ムリなく毎日食べられます。

ちょっとしたことですが、不調をすっきりさせるために、食卓に野菜や海藻・きのこ類を欠かさないという生活をずっと続けています。

撮影/江藤はんな(食材)

連載・関連記事

関連記事

  1. Healthcare教えて、ママ女医ちえこ先生! 気になるフェムケア…吸水ショーツや月経カップのじょうずな使い分け

    教えて、ママ女医ちえこ先生! 気になるフェムケア…吸水ショーツや月経カップのじょうずな使い分け

    0
  2. Lifestyle50代で夢のお店をスタート! 女優・羽田美智子さんが「羽田甚商店」に込めた想いとは?

    50代で夢のお店をスタート! 女優・羽田美智子さんが「羽田甚商店」に込めた想いとは?

    0
  3. Healthcare吸水ショーツなど、老舗カバンメーカーからフェムケアが登場! 女性の悩みに応えるブランド【pace】

    吸水ショーツなど、老舗カバンメーカーからフェムケアが登場! 女性の悩みに応えるブランド【pace】

    0
  4. Lifestyle“いい言葉”を使えば、自分もまわりもハッピーに。女優・羽田美智子さんの「毎日をご機嫌に過ごす秘訣」は?

    “いい言葉”を使えば、自分もまわりもハッピーに。女優・羽田美智子さんの「毎日をご機嫌に過ごす秘訣」は?

    0

おすすめの記事PICK UP