FYTTE

Diet
CATEGORY : ダイエット |レシピ

満足度抜群、ダイエット中にもオススメ! 「えびときのこのおろ玉ソテー」 #今日の作り置き

Share
えびときのこのおろ玉ソテー

たっぷりきのこがボリューミーで、満足度抜群の一品です。カロリー控えめでダイエット中にもオススメ! おろし玉ねぎを加えるのがおいしさの決め手です♪

監修 : 中井 エリカ (管理栄養士)

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

Contents 目次

作り置きレシピ「えびときのこのおろ玉ソテー」

【材料】(2~3人分)
冷凍むきえび(大きめのもの) 200g
しいたけ 5枚
しめじ 1パック
玉ねぎ 1/4個
ポン酢 大さじ4
片栗粉 大さじ1
サラダ油 大さじ1

【作り方】
(1)えびは解凍して背に切れ目を入れ、あれば背わたをとり除く。しめじは石づきをとり、ほぐす。しいたけは石づきを落とし、4つ割りにする。
(2)玉ねぎはすりおろし、ポン酢と混ぜ合わせる。
(3)えびの水気をふきとり、片栗粉をまぶす。フライパンにサラダ油を熱し、えびを並べて焼く。片面が焼けたらひっくり返し、きのこをのせてふたをし、弱めの中火で5分蒸し焼きにする。
(4)ふたをとり(2)を加えて混ぜる。

【ポイント】
・時短のために冷凍むきえびを使いましたが、殻つきを使っていただいても大丈夫です。
・えびの背に切り込みを入れることでボリュームが出る、火が通りやすいなどのメリットがあります。
・保存期間は冷蔵で4日になります。

えびは高たんぱく・低脂質でダイエット向きの食材です。また、コレステロールを下げる働きがあるバナジウムを含みます。

バナジウムは肝臓や腎臓など体のいろいろな部分で利用される必須ミネラルです。インスリンの分泌や血糖値を正常に保つ働きもあるとされ、糖尿病への効果が期待されています。忙しくて料理をする時間があまりとれない人は、冷凍のむきえびを使うのが手軽です。

今回はえびときのこだけを使いましたが、「もっと食べ応えがほしい」という人は卵を加えるのもオススメです。

えびときのこのおろ玉ソテーのスクランブルエッグ

作り方は、まず溶き卵をフライパンで炒めてスクランブルエッグにし、「えびときのこのおろ玉ソテー」を加えてさっと炒めるだけ。(半量で卵2個が目安です。)
粗びきこしょうをふってもおいしいですよ!

卵を加えるアレンジは「えびは高くてたくさん買えないな〜」というときにもオススメです! ぜひ試してみてくださいね!

関連記事

  1. Diet高たんぱくがうれしい♪ レンジで簡単に作れる「鶏ささみとわかめのごま和え」 #今日の作り置き

    高たんぱくがうれしい♪ レンジで簡単に作れる「鶏ささみとわかめのごま和え」 #今日の作り置き

    0
  2. Diet美腸&美肌に♪ 小麦粉不使用の「梅しそ風味のおからナゲット」 #今日の作り置き

    美腸&美肌に♪ 小麦粉不使用の「梅しそ風味のおからナゲット」 #今日の作り置き

    0
  3. Diet手軽にたんぱく質をプラス!「鶏ささみのぺペロンオイル煮」 #今日の作り置き

    手軽にたんぱく質をプラス!「鶏ささみのぺペロンオイル煮」 #今日の作り置き

    0
  4. Diet夏の暑さで疲れた体に!「フレッシュトマトとえびの冷製スープ」 #今日の作り置き

    夏の暑さで疲れた体に!「フレッシュトマトとえびの冷製スープ」 #今日の作り置き

    0

おすすめの記事PICK UP