FYTTE

Diet
CATEGORY : ダイエット |レシピ

大根を大量消費!お箸が止まらない「ぽりぽり大根」#今週の作り置き

Share
ぽりぽり大根のできあがり

今日は、この季節冷蔵庫に余りがちな「大根」を使ったレシピをご紹介します!
大根ってスーパーで安いときに一本買ったりしますが、意外に使い切れなくて困ること多いですよね? そんなときはとりあえず「ぽりぽり大根」にしちゃいましょう!
切って漬けるだけなのに、ぽりぽりぽりぽり、お箸が止まらなくなるおいしさですよ!

監修 : 中井 エリカ (管理栄養士)

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

Contents 目次

作り置きレシピ「ぽりぽり大根」

【材料】
大根 1/3本(350g程度)
◎しょうゆ 80ml
◎酢 80ml
◎砂糖 50g
◎輪切り唐辛子 適量(小さじ1程度)

【作り方】
(1)大根は皮をむき、1㎝角の拍子切りにして、タッパーに入れる。
(2)◎を小鍋に入れて火にかけ、沸騰したら(1)にかける。
(3)半日ほど漬けたらできあがり。(お好みの具合に漬かったら漬け汁を捨てます)

大根にはデンプンの消化を助けるアミラーゼや、タンパク質を分解するプロテアーゼなど、消化酵素が豊富に含まれているので、食べ過ぎ・飲み過ぎで胃腸が弱っているときにおすすめです。
消化酵素は熱に弱いので、大根を生のまま食べることで効果を発揮してくれます。

また大根には「イソチオシアネート」という成分が含まれています。
抗菌・抗炎症作用があるので、風邪のひき始めや、のどの痛みが気になるときに効果があります。風邪が悪化する前に、食材の力を借りて早めのうちにケアできるとよいですね♪

ぽりぽり大根は、大根を切ったら調味液に漬けるだけなので本当にあっという間にできる簡単さです♪
箸休めやお酒のお供にもぴったりなので、冷蔵庫に余りがちな大根を救出してぜひ作ってみてくださいね〜!

連載・関連記事

関連記事

  1. Diet高たんぱくがうれしい♪ レンジで簡単に作れる「鶏ささみとわかめのごま和え」 #今日の作り置き

    高たんぱくがうれしい♪ レンジで簡単に作れる「鶏ささみとわかめのごま和え」 #今日の作り置き

    0
  2. Diet美腸&美肌に♪ 小麦粉不使用の「梅しそ風味のおからナゲット」 #今日の作り置き

    美腸&美肌に♪ 小麦粉不使用の「梅しそ風味のおからナゲット」 #今日の作り置き

    0
  3. Diet手軽にたんぱく質をプラス!「鶏ささみのぺペロンオイル煮」 #今日の作り置き

    手軽にたんぱく質をプラス!「鶏ささみのぺペロンオイル煮」 #今日の作り置き

    0
  4. Diet夏の暑さで疲れた体に!「フレッシュトマトとえびの冷製スープ」 #今日の作り置き

    夏の暑さで疲れた体に!「フレッシュトマトとえびの冷製スープ」 #今日の作り置き

    0

おすすめの記事PICK UP