FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    0

腹部に手を当てる女性

世界的に増えつつあるという子宮がん。体重と身長で計算されるBMIが高い人はなりやすいという確かなデータがあり、BMIが高いほどリスクも高くなると考えられています。このたび、どうしてそうなるのかを分子レベルで調べた研究から、その理由がわかってきました。ホルモンの働きが影響しているようです。


太りやすさとの関連を調べたところ

女性

BMIと子宮がんリスクが関連するといっても、さまざまな要素がからんでくるために明確なメカニズムを突き止めるのはなかなか大変です。そこで今回、英国を中心とする研究グループは「メンデルランダム化」という手法を採用。1万人単位の多くの人を対象として、遺伝情報に基づいてリスクを計算しました。

子宮がんになった約1万3000人近くと、年齢や性別を合わせた子宮がんにならなかった人約1万1000人のゲノム解析結果に基づいて調べました。着目したのは、LDLコレステロール値や空腹時インスリン、総テストステロン値など14の要素で、その人の遺伝子の情報による差を踏まえて、BMIや子宮がんとの関連性を分析したのです。

4つの要素が子宮がんのリスクに関連

女性

今回の分析から確認されたのが、やはりBMIが高くなるほど子宮がんのリスクが高いことに加えて、いくつかのホルモンの状態が子宮がんに関連しているということでした。

そうしたホルモンのうちのひとつは、意外にも男性ホルモンとして知られているテストステロンでした。女性でもテストステロンは分泌されているのですが、このホルモンが多いと気をつけたほうがよいようです。また、空腹時のインスリンにも注意が必要とのこと。インスリンは血糖値を下げるホルモンとして知られていますが、肥満などで血糖値が下がりにくくなることがあり、インスリンが出すぎることがあると知られています。

そのほか、性ホルモン結合グロブリン、総コレステロール値も子宮がんのリスクと関連するようです。血液検査をしないとなかなかなじみのない検査値ですが、今後さらに研究が進んで、子宮がんの危険をあらかじめ知ることができるとよいのかもしれません。

<参考文献>

Hazelwood E, Sanderson E, Tan VY, Ruth KS, Frayling TM, Dimou N, Gunter MJ, Dossus L, Newton C, Ryan N, Pournaras DJ, O’Mara TA, Davey Smith G, Martin RM, Yarmolinsky J. Identifying molecular mediators of the relationship between body mass index and endometrial cancer risk: a Mendelian randomization analysis. BMC Med. 2022 Apr 19;20(1):125. doi: 10.1186/s12916-022-02322-3. PMID: 35436960; PMCID: PMC9017004.
https://bmcmedicine.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12916-022-02322-3
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35436960/

星 良孝 <ステラ・メディックス>

星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス代表取締役社長/編集者 獣医師  専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。https://stellamedix.jp

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    0

関連記事

  1. Healthcare慢性腰痛に高い効果アリ! 海外研究でわかった「水中エクササイズ療法」の実力とは?

    慢性腰痛に高い効果アリ! 海外研究でわかった「水中エクササイズ療法」の実力とは?

    0
  2. Healthcare植物性の食事を続けると女性のがんが減る! 海外研究が菜食とがんリスクの関係を検証

    植物性の食事を続けると女性のがんが減る! 海外研究が菜食とがんリスクの関係を検証

    0
  3. Healthcare乳がんの放射線治療、「手術直後1回だけ照射」でも有効!?  海外研究の結論は?

    乳がんの放射線治療、「手術直後1回だけ照射」でも有効!? 海外研究の結論は?

    24
  4. Healthcare運動の有無が新型コロナの重症リスクに関連!?  海外研究で約5万人の感染者を分析した結果は…?

    運動の有無が新型コロナの重症リスクに関連!?  海外研究で約5万人の感染者を分析した結果は…?

    23

Pickup