FYTTE

Healthcare
CATEGORY : ヘルスケア |不調

お酒は健康にいい? 悪い? 海外研究によると40歳を境に「安全な飲酒量」が変化する!?

Share
飲酒

お酒の効能については賛否両論あります。適量なら健康によいという情報がある一方で、少量でも健康に好ましくないという情報が出てくることもあります。それは継続的に研究されているためで“常識”を更新していくのが大切なのでしょう。新たに海外研究で、年齢や地域によって安全な飲酒量は異なるという最新の報告がありました。40歳を境に違いがあるのだといいます。

監修 : 星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス代表取締役社長/編集者 獣医師  専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。https://stellamedix.jp

Contents 目次

世界中の30年にわたるデータを分析

飲酒

今回の報告は、GBD(Global Burden of Disease study:世界の疾病負荷研究)2020の一環として、特にアルコールのリスクについて分析したものです。GBDは米国ワシントン大学保健指標・保健評価研究所(IHME)を中心に、152の国や地域の大学、 研究所、政府機関が参加して行われている共同研究です。

この研究のなかでは、アルコールが関係する病気として、脳卒中、糖尿病、がん、ケガなど22種類について1990〜2020年の30年間にわたるデータを調べました。ここには、世界204の国・地域に住む15〜95歳以上が関わる情報が含まれています。国や地域、年齢、性別によって病気の種類や死因が異なりますから、5年ごとの単位で、しかも国や地域別にリスクを詳しく検討しています。

ここから研究グループでは、1日の推定平均飲酒量、つまり安全な飲酒量を計算しました。これはある国や地域で病気になるリスクがいちばん小さくなる飲酒量です。

基準になる単位のお酒1杯は、純粋なアルコール10gを含む量(アルコール度数13%のワイン100ml、3.5%のビール375ml、40%のスピリット30ml)としています。

男女差は見られず

飲酒

この分析からわかったのは、年齢が高いほど許容される飲酒量は増えるということでした。安全な飲酒量は国や地域ごとの違いはあるものの共通した傾向が見られました。

具体的には、安全な飲酒量は39歳以下が0〜0.6杯、40歳以上は0.1〜1.9杯の範囲になり、40歳を境に範囲が変わります。どの地域でも40歳以上のグループでは、少量の飲酒であれば、心臓や血管の病気、糖尿病になるリスクの低下が見られ、そのために安全な飲酒量が押し上げられるという結果です。39歳以下のグループでは、少量の飲酒でも健康によいということはなさそうでした。

また、年代による死因や病気の違いが安全な飲酒量に影響していました。39歳以下のグループでは、事故や自殺なども含めたケガが最も多く、40歳以上のグループでは、心臓や血管の病気と生活習慣病が最も多く見られました。すべての年齢グループで、健康リスクに男女差はありませんでしたが、男性は飲酒量が多いことから飲酒量の問題がより身近といえそうです。なお、世界全体で見たときに、2020年に健康にとって有害な量のアルコールを摂取していた人(およそ13億人)の8割近くが男性で、6割が39歳以下でした。

若い世代ではアルコールの影響を受けやすいという結果です。特にケガのリスクがそこに影響すると見られます。ノンアルコールや低アルコールなどのバリエーションは増えていますので飲み物の選択を工夫するのがよさそうです。この調査結果は、今後のアルコールとのつき合いをアップデートするきっかけになるかもしれません。

<参考文献>

GBD 2020 Alcohol Collaborators. Population-level risks of alcohol consumption by amount, geography, age, sex, and year: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2020. Lancet. 2022 Jul 16;400(10347):185-235. doi: 10.1016/S0140-6736(22)00847-9. PMID: 35843246.
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(22)00847-9/fulltext

The Lancet: Alcohol consumption carries significant health risks and no benefits for young people; some older adults may benefit from drinking a small amount of alcohol
https://www.healthdata.org/news-release/lancet-alcohol-consumption-carries-significant-health-risks-and-no-benefits-young

関連記事

  1. Healthcare意外に身近な病気「脳卒中」。お酒の飲みすぎでリスクが高まる!?

    意外に身近な病気「脳卒中」。お酒の飲みすぎでリスクが高まる!?

    36
  2. Diet酵母で人工的にホップの香りを実現! 低アルでも本格ビールに負けないおいしさに期待

    酵母で人工的にホップの香りを実現! 低アルでも本格ビールに負けないおいしさに期待

    0
  3. Healthcareおこもりでお酒の量が増えていたら要注意? ダイエットのつもりでやりがちなNGパターンとは

    おこもりでお酒の量が増えていたら要注意? ダイエットのつもりでやりがちなNGパターンとは

    48
  4. Diet【ダイエットチョイス!】お酒を飲むなら、どんなつまみがベスト?(その2)~EICO式ダイエットのコツ(173)~

    【ダイエットチョイス!】お酒を飲むなら、どんなつまみがベスト?(その2)~EICO式ダイエットのコツ(173)~

    0

おすすめの記事PICK UP