FYTTE

Healthcare
CATEGORY : ヘルスケア |不調

足刺激と食生活の変化で生理痛が和らいだ! 体調を映し出す足相に驚いた3週間のモニターレポ

Share
トップ画像

足から全身に働きかけることで健康的な毎日を生み出す「足ウェルネスⓇ」というライフスタイルを提唱している足のひと 鈴木きよみさん。生理痛でお悩みだったモニターのTさんは、ホルモンバランスを整える足刺激を3週間続けました。体調の変化は実感できたのでしょうか? くわしくお聞きします!

監修 : 鈴木 きよみ (足のひと®)

足のひと®(足読み師/足裏研究家)
https://kiyomi-suzuki.jp/ 
「めん棒ダイエット®」考案者
東京・自由が丘を拠点に30万人以上の足を診てきた経験豊富なセラピスト。足を見て全身の不調を探る診断法「足相診断®」と、足学に基づき不調を整える技術「きよみ式ゾーンセラピー®」を確立。足と体のつながりに着目し、高齢化社会に向けて「歩ける寿命」を延ばし、人生を楽しむためのライフスタイルとして「足ウェルネス®」を提唱。
著書に「めん棒ゾーンセラピーですぐやせっ!」(学研)、ほか多数。
また、現在は施術のかたわら、より多くの方に自分自身で不調や未病を改善してほしいという想いから、公式LINEやオンラインサロンにて誰でも簡単にできる「足読み法」や「養生法」を発信。
https://lin.ee/M6g8BnO

インスタグラムやTikTokでも足ウェルネスの最新情報、足相や足刺激テクニックをわかりやすく解説中です。ぜひご覧ください!
https://www.instagram.com/anpiel_kiyomi/
www.tiktok.com/@kiyomi_anpiel

Contents 目次

朝夜の足刺激を始めて1週間で足の冷えにくさを実感

Tさんは、毎日どんなタイミングで足刺激を行ったのかを教えてください。

Tさん:「お風呂上がりと朝の出かける前の時間に足刺激をしました。お風呂上りに行うときは、オイルをつけてしっかり念入りに行いました。時間は5〜10分くらいです。また、朝の出かける前に、ゆっくり座ってお茶を飲む時間をとっているのですが、その時間を使って5~7分くらい足刺激をしました。朝の足刺激のときは、靴下の上からか、オイルをつけずにそのまま行いました」

ご自分で足刺激をしてみて、いかがでしたか?

Tさん:「足を押したりさわったりしたときに、痛みがあるところとないところが明確にある、ということがわかりました」

足裏のゾーンを押して、痛みやかたさがあるところは体の働きが弱っている部分です。痛みのあるゾーンを見つけたら、しっかりと刺激をしてみましょう! 痛みが薄れ、かたさがほぐれてくると、だんだんと体の調子が整ってくるはずです。

足裏とグッズ画像

モニターを始めてから、1週間が過ぎたころに足刺激の効果を感じたそうですね。どんな変化があったのでしょうか?

Tさん:「足が冷えにくくなったと感じました。モニター期間中は残業が増えてとても忙しかったのですが、以前に比べて体に無理がきくようになったと思います。これも毎日の足刺激で体調ケアをしていたからかもしれません」

疲れたときは休息をとるのがいちばんですが忙しいときはその時間すら、とりづらいものです。体調をくずさないためにも、毎日の足刺激で、疲れた体をケアしてあげるといいですね!

生理前に赤い野菜をたっぷり摂取。生理痛がラクに!

1番のお悩みだった生理痛のツラさは、軽減したのでしょうか?

Tさん:「前回の生理のときより痛みが和らいでいます。生理痛がまったくないわけではありませんが、ツラさが和らいでいることは実感できています! 痛みの質は変わりないのですが、痛みの強さが違いました」

Tさんは、生理前に食べ過ぎることで胃に血液が集まり過ぎてしまい、それが体の冷えを招き、生理痛を悪化させる原因になっているとのお話でしたね。生理前の食べ過ぎを抑えるには、赤い野菜をたっぷり食べるといい、というきよみ先生のアドバイスでしたが、食事にとり入れてみましたか?

Tさん:「パプリカなどの赤い野菜を入れたスムージーにして、意識してとるように心がけました。食事の効果なのか、足刺激の効果なのかは自分では区別できませんが、足の温かさが継続するのを実感できるようになりました。足の指先まで感覚が行き届き、血液が末端まで通っていることを感じます」

●スムージーにする前の野菜

スムージー用野菜の画像

Tさんが冷えの改善に気づいたのは、いつもはいていた温かい素材の靴下が『暑すぎる』と感じたことからだったそうです。歩いているときにも、足の指先まで使えていると実感できるようになったといいます。

足裏の赤みが強過ぎるのは、感情のストレスがあるサイン

冷えの改善により、生理痛が軽くなってきたTさんですが、以前と比べて足相はどのように変化しているのでしょうか? きよみ先生に、Tさんの3週間後の足相を見てもらいました。

きよみ先生:「以前の足裏に比べて、今は足色が全体的に明るくなってきています。血の巡りがよくなっていますね!」

●足刺激前

足刺激前画像

●3週間後

3週間後画像

ただし、部分的に見ると気になる足相が出ているそうです。

きよみ先生:「親指から母指球にかけての部分は、赤みが強過ぎる印象です。これは、怒りや悲しみなどの感情によって心身が興奮状態にある場合に見られる足相です。何らかのストレスによって、自律神経のバランスが乱れた状態にあるのではないでしょうか」

●親指~母指球の部分(丸囲みの中)の赤みが強い

足裏画像(オレンジ囲みあり)

Tさんに、ストレスなどの心当たりがあるかどうかをお聞きしました。

Tさん:「その通りです! じつはモニター期間中に、家族のことを考えたり今後のことを考えたり…と、感情が揺さぶられるようなできごとが多くありました。日常では、怒りというよりも悲しみや悔しさなどの気持ちを強く感じていました。また、生理前になると、何もなくても怒りの感情が強く出ることがあり、気持ちのコントロールが難しいと感じるタイミングは何度かありました」

Tさんは、足相が示した通りのストレスを、実際にも感じていたことがわかりました。足相には、そのときの心身の状態がしっかりと反映されているのです。

きよみ先生:「足にふれて刺激することは、自律神経のバランスを整えることにつながります。このまま足刺激を続けていけば、だんだんと感情のストレスが癒され、足裏の赤みも収まっていくはずですよ」

最後に、Tさんにモニター体験の感想をお聞きしました。

Tさん:「足裏がとてもやわらかくなりました。これからも足刺激を続けて、次の生理痛に備えたいと思います!」

日常生活の体調管理や、ツラい症状を和らげるには、毎日の足刺激を続けることが効果的です。少しの時間でも、自分の足にふれる習慣を始めてみませんか?

取材・文/牧内夕子

鈴木きよみ先生の足相学が1冊にまとまりました! 足をチェックするときに欠かせない、ゾーンMAPをはじめ、足の形、色、しわ、温度などのチェックポイント、各症状別の足相、そしてそれを解決すべきゾーンセラピーの方法などがわかりやすくまとまっています。初めてご自分の足裏を見るという方にも、足裏のケアを続けてきた方にも、すぐに役立つ1冊です。ご自身の体調管理を、足裏から始めてみてはいかがでしょうか。全国の書店、ネット書店で販売しています。

『すべての不調は足裏をみればわかる!』(ワン・パブリッシング刊)

書影

連載・関連記事

関連記事

  1. Healthcare生理痛がひどい人は、食べ過ぎが原因のことも!  PMS対策にもなる足刺激テクニック

    生理痛がひどい人は、食べ過ぎが原因のことも! PMS対策にもなる足刺激テクニック

    0
  2. Healthcare閉経前の生理不順にも足刺激がおすすめ! ホルモンバランスの乱れを整える足刺激テクニック

    閉経前の生理不順にも足刺激がおすすめ! ホルモンバランスの乱れを整える足刺激テクニック

    0
  3. Healthcare朝の足刺激タイムで1日を調子よく過ごせる! お腹の張りが減った3週間のモニター体験レポ

    朝の足刺激タイムで1日を調子よく過ごせる! お腹の張りが減った3週間のモニター体験レポ

    0
  4. Healthcareまじめな性格が体を緊張させ、肩や首こりの原因になることも! 体と心をゆるめる足刺激テクニック

    まじめな性格が体を緊張させ、肩や首こりの原因になることも! 体と心をゆるめる足刺激テクニック

    0

おすすめの記事PICK UP