FYTTE

Healthcare
CATEGORY : ヘルスケア |不調

閉経前の生理不順にも足刺激がおすすめ! ホルモンバランスの乱れを整える足刺激テクニック

Share
きよみ先生画像

足から全身に働きかけることで健康的な毎日を生み出す「足ウェルネスⓇ」というライフスタイルを提唱している足のひと 鈴木きよみさん。足裏に表れる表情を読み解き不調の原因を見出す、先生の足相診断をレポートします。今回のモニターさんは、生理不順と更年期症状でお悩みです。足刺激でホルモンバランスを整える方法をご紹介します!

監修 : 鈴木 きよみ (足のひと)

足のひとⓇ(足裏研究家)
鈴木きよみクリニカルサロン 代表セラピスト
癒しと温かな手の学校 校長
有限会社オフィスキヨミ 代表取締役
アンピールグループ運営サロン 監修
「めん棒ダイエットⓇ」 考案者
東京・自由が丘を拠点に30万人以上の足を診てきた経験豊富なセラピスト。足と体のつながりに着目し、高齢化社会に向けて「歩ける寿命」を延ばし、人生を楽しむためのライフスタイルとして「足ウェルネスⓇ」を提唱。
著書に「足裏押すだけ!指圧棒セラピー」(学研プラス)、「めん棒ゾーンセラピーですぐやせっ!」(学研プラス)、他多数。
また、インスタグラムやYouTubeで、足ウェルネスの最新情報、足相や足刺激テクニックをわかりやすく解説中。ぜひご覧ください!
オフィシャルサイト:https://kiyomi-suzuki.jp/
https://www.instagram.com/anpiel_kiyomi/
https://www.youtube.com/channel/UCdY_mrrP4LjAF_ECnnSLnHQ

Contents 目次

連載総タイトル画像

ホルモンバランスの乱れは、かかとの角質でチェック

今回のモニターは、専業主婦をしている40代後半のMさんです。今の体調を100点満点で表すとどのくらいかをお聞きすると、30点との回答でした。かなり不調を感じているようですね。

Mさん首から下画像

Mさん:「去年の夏から倦怠感が激しく、更年期障害を疑って婦人科を受診しました。生理がきちんときていないことが心配で気になります。また、やる気も起きないので、長年通っていたジムをやめたところ、数か月で5kgくらい太ってしまいました」

さっそく、きよみ先生に足相を見てもらいましょう!

きよみ先生:「足のかかとに角質がついていることから、ひと目でホルモンバランスが乱れていることがわかります。子宮と卵巣の働きが悪いようですね」

●左足のかかとについた角質

左足かかと画像

かかとは生殖器のゾーンに当たるので、ここに角質がついている人は、ホルモンバランスの乱れが起きているそうです。

Mさん:「まだ閉経はしていませんが、排卵ができていないようで、3か月生理が来なかったり、不正出血があったりと調子が悪いです」

Mさんは婦人科を受診しましたが、子宮の状態やホルモンバランスに異常はないとの診断を受けているそうです。ところが、不調が続いているので、何か原因があるのでは?と不安に思っているといいます。

Mさん:「ホットフラッシュなどの更年期症状が出ているので、自律神経を整える薬や漢方薬を飲んでいます」

きよみ先生:「去年の夏に急に生理の調子がおかしくなったそうですが、この時期にストレスを感じるできごとなどがありましたか?」

Mさん:「去年の夏は、子どもの進学について悩みがあり、ストレスが強くかかっていたかな、と思います」

精神的なストレスが、ホルモンバランスの乱れの原因になることもあるそうです。不調の原因がはっきりしない人は、過去に受けたストレスが引き金になっているかもしれません。

Mさん:「そのころから、とにかく体がだるくてだるくてしょうがないのです。それも更年期を疑った原因です」

きよみ先生:「お話を聞くと、体温の高温期がないようなので、排卵ができていないようですね。更年期が始まっていると考えて、ホルモンバランスを整える足刺激を始めてみましょう!」

四角い指先の人はまじめな性格が多い

Mさんの足相の特徴として、とくに目を引くのが四角い指先です。

きよみ先生:「四角い指先をしている人は、とてもまじめな人が多いのですよ! 決めたことはきちんとやらないと気が済まない、という性格ではありませんか?」

M さん:「たしかに宿題をやらずに学校に行く、ということはなかったですね!」

●足の指先が四角い形の人はまじめな人が多い

Mさん足指先画像

これまでの取材で、これほどはっきりと指先が四角いモニターさんに出会ったのは初めてなので、珍しい足相なのかもしれません。まじめな性格を自覚している人は、指先の形をチェックしてみてくださいね!

ホルモンバランスを整える足刺激テクニック

閉経前の生理不順があり、更年期症状が表れているMさんには、ホルモンバランスを整える足刺激テクニックがおすすめです。

【腎臓~輸尿管~膀胱のゾーンをプッシュ】
はじめに、足裏の反射区の基本的な部位である腎臓・輸尿管・膀胱のゾーンを流れで刺激します。体の不要な毒素を排出する働きを高めることで、全身の巡りをよくし、むくみを解消します。オイルやクリームをつけ、指圧棒を使ってしっかりと刺激しましょう。

●腎臓・輸尿管・膀胱のゾーン

腎臓~輸尿管ゾーンイラスト画像

【かかとの内側と外側を刺激】
かかとの内側には子宮のゾーン、外側には卵巣のゾーンがあります。この部分を指の関節の角や、指圧棒の先を当てて、ゴシゴシと強めに刺激をします。子宮や卵巣の働きが悪くなっている人は、ゾーンの肌の感触が固く感じられます。ほぐれるまでしっかりと刺激をしましょう。

●子宮(かかとの内側)と卵巣(かかとの外側)のゾーン

横から見たゾーンイラスト画像

●子宮のゾーンを指の関節の角や指圧棒の先でゴシゴシと刺激

かかとをこする画像

【親指の腹を刺激】
親指の腹には、ホルモン分泌をつかさどる脳の視床下部(下垂体)のゾーンがあります。足刺激で脳の血行をよくして、ホルモンバランスを整えます。人さし指の関節の角や指圧棒の先で押したり、ごしごしとこすったりしてしっかりと刺激を与えましょう。

●脳の視床下部のゾーンを刺激

視床下部ゾーンイラスト画像

足刺激後はきれいなピンク色で張りのある足裏に変化

足刺激後のMさんの足裏は、血流がよくなって、足刺激前と比べて足裏全体がきれいなピンク色になっています。肌にピンとした張りも感じます。

●足刺激前

刺激前画像

●足刺激後

刺激後画像

Mさん:「病院では何も問題ないと言われたのに、調子が悪いことをずっと不安に思っていたので、今日は対処法が聞けてよかったです!」

閉経前後の人や更年期症状に悩んでいる人は、今回の足刺激をぜひ試してみてくださいね。

取材・文/牧内夕子 イラスト/湯沢知子

鈴木きよみ先生の足相学が1冊にまとまりました! 足をチェックするときに欠かせない、ゾーンMAPをはじめ、足の形、色、しわ、温度などのチェックポイント、各症状別の足相、そしてそれを解決すべきゾーンセラピーの方法などがわかりやすくまとまっています。初めてご自分の足裏を見るという方にも、足裏のケアを続けてきた方にも、すぐに役立つ1冊です。ご自身の体調管理を、足裏から始めてみてはいかがでしょうか。全国の書店、ネット書店で販売しています。
『すべての不調は足裏をみればわかる!』(ワン・パブリッシング刊)

書影

連載・関連記事

関連記事

  1. Healthcare足をいたわる気持ちで足刺激をしたら、ゴツゴツの足がふっくらやさしい印象に! 頭痛や肩こりも減少した3週間をレポ

    足をいたわる気持ちで足刺激をしたら、ゴツゴツの足がふっくらやさしい印象に! 頭痛や肩こりも減少した3週間をレポ

    0
  2. Healthcare3週間の足刺激でしっかり熟睡できるようになった! 足裏もふわふわで幸せそうな印象に変化

    3週間の足刺激でしっかり熟睡できるようになった! 足裏もふわふわで幸せそうな印象に変化

    0
  3. Healthcare[メソッド&体験レポ]長引く便秘の悩み。1週間のセルフケアで変化の兆しが見えた、“消化器の働きを整える足刺激テクニック”とは?

    [メソッド&体験レポ]長引く便秘の悩み。1週間のセルフケアで変化の兆しが見えた、“消化器の働きを整える足刺激テクニック”とは?

    0
  4. Healthcareお通じがビックリするほど頻繁に! 3週間で体重が1.5kg減できた足刺激生活とは?

    お通じがビックリするほど頻繁に! 3週間で体重が1.5kg減できた足刺激生活とは?

    0

おすすめの記事PICK UP