FYTTE

Healthcare
CATEGORY : ヘルスケア |不調

短時間でもコツコツ続けることが体質改善への近道! 激務の中で足刺激にトライした3週間のモニター体験でわかったこと

Share
セルフケア中の様子画像

足から全身に働きかけることで健康的な毎日を生み出す「足ウェルネスⓇ」というライフスタイルを提唱している足のひと 鈴木きよみさん。今回のモニターRさんは、前回の足相診断で冷えがひどく、肩こりや疲れによる眼精疲労が起こっていました。冷えを改善することを最優先とし、3週間の足刺激を続けてもらいましたが、体調はよくなったのでしょうか? モニター体験談をくわしくご紹介します。

監修 : 鈴木 きよみ (足のひと®)

足のひと®(足読み師/足裏研究家)
https://kiyomi-suzuki.jp/ 
「めん棒ダイエット®」考案者
東京・自由が丘を拠点に30万人以上の足を診てきた経験豊富なセラピスト。足を見て全身の不調を探る診断法「足相診断®」と、足学に基づき不調を整える技術「きよみ式ゾーンセラピー®」を確立。足と体のつながりに着目し、高齢化社会に向けて「歩ける寿命」を延ばし、人生を楽しむためのライフスタイルとして「足ウェルネス®」を提唱。
著書に「めん棒ゾーンセラピーですぐやせっ!」(学研)、ほか多数。
また、現在は施術のかたわら、より多くの方に自分自身で不調や未病を改善してほしいという想いから、公式LINEやオンラインサロンにて誰でも簡単にできる「足読み法」や「養生法」を発信。
https://lin.ee/M6g8BnO

インスタグラムやTikTokでも足ウェルネスの最新情報、足相や足刺激テクニックをわかりやすく解説中です。ぜひご覧ください!
https://www.instagram.com/anpiel_kiyomi/
www.tiktok.com/@kiyomi_anpiel

Contents 目次

*Rさんの施術の様子は「冷え体質を示す足相とは? 巡りをよくする足刺激テクニックで冬の寒さに備えよう!」の記事で読むことができます。

連日仕事がハードで足刺激の時間をあまり確保できず

Rさんはご自宅でどのように足刺激をしましたか?

Rさん:「夜寝る前に足刺激をしようと思いつつも、寝る直前までパソコンで仕事したり…と連日のように忙しく、正直、毎日足刺激をすることはできませんでした。できるときは、夕食後の時間にリビングでテレビを見ながらや、おしゃべりをしながら足刺激をしました。家に足裏を刺激する足つぼマットがあるので、それにはなるべく乗るようにしたり、入浴時に湯船の中で必ず足をさわり、手でゾーンを刺激したりするようにしました」

足つぼマット画像

とても忙しく、仕事がハードだったというRさんですが、こまめに足つぼマットを踏んだり、お風呂で足にふれたりする習慣を心がけていたようですね!
「いざ、足刺激をやろう!」と時間や道具を確保して行うより、ながら行動でもいいので、毎日こつこつ継続することが、効果を感じる近道です。

Rさん:「モニター期間中は、自分の好きなアロマの香りがするボディオイルやハンドクリームを使って、自分にとって心地いい環境を作ることを心がけました。また、呼吸を意識して、疲れたときは鼻から息を吸い、いったん止めたあとに吐き出すという呼吸法も行いました。疲れて寝落ちすることが減り、きちんと布団に入って寝ることができました」

忙しいときは自分がリラックスできる環境を整えることも大切ですね。香りのアイテムや呼吸法はすぐにでもとり入れられるので、忙しくて疲れている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Rさんは足刺激を始めてから、体調の変化を感じられましたか?

Rさん:「以前は疲れて目の周りがこると、よく指でマッサージしていたのですが、そういえば最近はマッサージをする頻度が減っていたな、と気がつきました。また、冷えについては、お風呂上がりに足先が冷たいことが少し減ったようです。劇的な効果を感じたというよりは、そういえばそうかな?くらいの感覚なのですが…」

Rさんによると、以前よりも体調が上向きになったことをはっきりとは実感できないものの、足裏の肌がやわらかくなってきたように感じるそうです。
現在の足相には変化があるのでしょうか? きよみ先生にお伺いしましょう!

血流改善のサインはあり! 本格的な体調変化はこれからに期待

きよみ先生に足相を見てもらうと、Rさんの親指の腹に変化が生じているようです。

きよみ先生:「先日の足相診断で見たときは、親指の腹が紫がかっていて、冷え性を表す色だったことが印象的でした。モニター期間の3週間はとても忙しく、なかなか足刺激ができなかったようですが、親指の腹の色はきれいなピンク色に変化していますね」

●足刺激前
刺激前画像

●3週間後
刺激後画像

きよみ先生:「親指の色から判断すると、体の血流はよくなり始めているようですよ。以前は親指の腹の下部に角質がついていたのですが、3週間後の足では角質が減っているようです。肩に力が入りやすいと、この部分に角質がつくのですが、それが少なくなったということは、体の力が抜けてきたことを示しています。緊張がとれると、血流がよくなります。自分では実感しなくても、変化の兆しは少しずつ表れていますよ」

とは言え、はっきりとした体調変化を感じるまでに至らなかったのは、ゾーンへの刺激が少し足りなかったからのようです。

きよみ先生:「親指部分以外の足相には、残念ながらまだ変化が起きていないようです。忙しくて足刺激をする時間がなかなかとれなかった、という話から考えると、ゾーンへの刺激が足りていないようですね。ここでやめてしまうと、冷えの改善も、もと通りになってしまいもったいないので、ぜひ、短時間でも足刺激を続けてみてくださいね!」

足刺激を始めても劇的な体調変化がないと「あまり効果がないな」とモチベーションが下がってしまうかもしれません。しかし今回、実感はなくても足相には少しずつ変化が表れていることがわかりました! 変化が感じられないときは、ゾーンへの刺激をさらに強めてみるといいかもしれません。

きよみ先生:「冷え性のような体質を改善させるためには、少なくとも3か月以上は足刺激を続けてほしいと思います。長時間かけて足刺激をする必要はありませんが、ゾーンへの刺激は強めに、しっかりと押すようにしてみてくださいね!」

足相が人生を変えるきっかけになり、1歩を踏み出せた!

最後にRさんにモニター生活の感想をお聞きしました。

Rさん:「きよみ先生の足相診断を受けて、自分の性格や心の奥底に秘めている気持ちがわかり、モニター期間中に仕事の面接を受けるなど、人生を変える行動を始めました! これまでもやもやしていた気持ちに、足相が行動するきっかけをくれて、人生をあと押ししてもらったと感じています。これからも足刺激を続けながら、夢をかなえていきたいです。足相から勇気をもらったように、私も多くの人に勇気を与えられるような人になりたいと思えました」

足相診断が人生を変えるお手伝いになった、というお話に感激しました! 新しい人生に踏み出すためにも、体の健康は何より大切です。ぜひ根気よく足刺激を続けていきましょう。

取材・文/牧内夕子

鈴木きよみ先生の足相学が1冊にまとまりました! 足をチェックするときに欠かせない、ゾーンMAPをはじめ、足の形、色、しわ、温度などのチェックポイント、各症状別の足相、そしてそれを解決すべきゾーンセラピーの方法などがわかりやすくまとまっています。初めてご自分の足裏を見るという方にも、足裏のケアを続けてきた方にも、すぐに役立つ1冊です。ご自身の体調管理を、足裏から始めてみてはいかがでしょうか。全国の書店、ネット書店で販売しています。
『すべての不調は足裏をみればわかる!』(ワン・パブリッシング刊)

連載・関連記事

関連記事

  1. Healthcare足をいたわる気持ちで足刺激をしたら、ゴツゴツの足がふっくらやさしい印象に! 頭痛や肩こりも減少した3週間をレポ

    足をいたわる気持ちで足刺激をしたら、ゴツゴツの足がふっくらやさしい印象に! 頭痛や肩こりも減少した3週間をレポ

    0
  2. Healthcare生理痛がひどい人は、食べ過ぎが原因のことも!  PMS対策にもなる足刺激テクニック

    生理痛がひどい人は、食べ過ぎが原因のことも! PMS対策にもなる足刺激テクニック

    0
  3. Healthcare3週間の足刺激でしっかり熟睡できるようになった! 足裏もふわふわで幸せそうな印象に変化

    3週間の足刺激でしっかり熟睡できるようになった! 足裏もふわふわで幸せそうな印象に変化

    0
  4. Healthcare[メソッド&体験レポ]長引く便秘の悩み。1週間のセルフケアで変化の兆しが見えた、“消化器の働きを整える足刺激テクニック”とは?

    [メソッド&体験レポ]長引く便秘の悩み。1週間のセルフケアで変化の兆しが見えた、“消化器の働きを整える足刺激テクニック”とは?

    0

おすすめの記事PICK UP