FYTTE

Healthcare
CATEGORY : ヘルスケア |不調

足の指先が劇的に温かくなった! 足刺激後にドクドクと血液が巡る感覚が味わえたモニター体験生活とは?

Share
トップ画像

足から全身に働きかけることで健康的な毎日を生み出す「足ウェルネスⓇ」というライフスタイルを提唱している足のひと 鈴木きよみさん。モニターのYTさんは、偏平足による消化器の不調と冷えが悩みです。3週間の足刺激を続けたら、体調はどうなったのでしょうか? モニター体験の様子をくわしくお聞きします!

監修 : 鈴木 きよみ (足のひと®)

足のひと®(足読み師/足裏研究家)
https://kiyomi-suzuki.jp/ 
「めん棒ダイエット®」考案者
東京・自由が丘を拠点に30万人以上の足を診てきた経験豊富なセラピスト。足を見て全身の不調を探る診断法「足相診断®」と、足学に基づき不調を整える技術「きよみ式ゾーンセラピー®」を確立。足と体のつながりに着目し、高齢化社会に向けて「歩ける寿命」を延ばし、人生を楽しむためのライフスタイルとして「足ウェルネス®」を提唱。
著書に「めん棒ゾーンセラピーですぐやせっ!」(学研)、ほか多数。
また、現在は施術のかたわら、より多くの方に自分自身で不調や未病を改善してほしいという想いから、公式LINEやオンラインサロンにて誰でも簡単にできる「足読み法」や「養生法」を発信。
https://lin.ee/M6g8BnO

インスタグラムやTikTokでも足ウェルネスの最新情報、足相や足刺激テクニックをわかりやすく解説中です。ぜひご覧ください!
https://www.instagram.com/anpiel_kiyomi/
www.tiktok.com/@kiyomi_anpiel

Contents 目次

血流のよさを体感し、足刺激をする心地よさがやみつきに

モニター期間中に足刺激はどのように行っていましたか?

YTさん:「きよみ先生に、足刺激は1日30分以内でいいとお聞きしたので、朝の起床時に左右の足を15分ずつ行いました。朝、忙しくて時間がとれないときは、リモートワークのすき間時間を見つけて、左右の足を5分ずつ、計3回に分けて行うこともありました。また、就寝前の布団の上で、ラジオを聴きながら足刺激をする日もありましたね」

YTさんは、その日の予定に合わせて足刺激をする時間帯を変えたり、仕事の合い間の時間を見つけて行ったりしていたようですね。日によって時間帯をアレンジして、自分のやりやすいタイミングを見つけることが、足刺激を毎日続けるコツですね!

本と指圧棒画像

自分で足刺激をしてみて、いかがでしたか?

YTさん:「足刺激を始めた日から、足の指先の血流がよくなるのが感じられたので、毎日、義務感でやるというよりは、心地よさを求めて進んでやっていました。足刺激をすると、腸や胃のゾーンが痛く、たまった老廃物をブチブチとつぶすような手ごたえがありました。また、頭や首、目のゾーンには、イタ気持ちよさを感じました」

ゾーンマップイラスト画像

YTさんは、冬は足先が氷のように冷え切って、しもやけまでできてしまうほどの冷え性だと話していましたが、足の指先という体の末端が温まったのをすぐに実感できたことは、驚きですね!

YTさん:「高校生のときから献血を続けていて、通算140回ほどになるのですが、今までは体が冷えていて血流が悪く、採血にとても時間がかかっていたのです。看護師さんが3人がかりで、全身を湯たんぽで温めてもらいながら、やっとしぼり出すこともあったくらいです。それが、足刺激を始めてから行った献血では、今までで1番スムーズで、短時間で採血ができました」

なんと、献血のときにも冷えの解消が実感できたというわけですね! 長年献血を続けているからこそ今までとの違いがわかるという、貴重な体験談です。

YTさんは、食生活にも変化があったそうです。

YTさん:「冷えに効果があるという黒米を主食に加えました。冷えの解消に足刺激との相乗効果はあったかもしれません。味もおいしく、一緒に炊いた白米がもちもちしたり、パープルの見た目でおしゃれなスタイリングになりました」

料理画像

黒米はとてもおいしそうで、食卓も華やかになりますね! 冷えでお悩みの人は、こうした食材をとり入れてみてもいいかもしれません。

足の横までピンク色なのは、血液の巡りがよくなったしるし

きよみ先生に、YTさんの3週間後の足相を見てもらいましょう!

きよみ先生:「注目してほしいのは、足の外側の色です。足刺激前と比べて、3週間後の足は、側面がとてもきれいなピンク色をしていますね! 足裏だけでなく、足の横側まで血色がよくなっているということは、かなり血行がよくなっているというサインです」

●足刺激前

ビフォー画像

●3週間後

アフター画像

YTさん:「足刺激をしたあとは、1時間くらい指先までドクドクと血がめぐっているような、温かく解きほぐされたような感覚がありました。歩くときにも足の指先まで神経が行き届き、しっかりと着地できていることを実感しています」

YTさんには偏平足という足相の特徴がありましたが、こちらは変化があったのでしょうか?

きよみ先生:「偏平足の状態は、まだ変化なしですね。YTさんの偏平足は、生まれつきのものだと思うので、明らかにアーチのへこみができるなど形が変わるまでには時間がかかります。最低でも3か月は足刺激を続けてみてくださいね」

YTさん:「偏平足で消化器の不調が起きているということでしたが、便秘については、まだ効果を感じられていません。もっと期間をかけて足刺激を続ければ、改善していくのかもしれませんね!」

生まれつきの体質を変えるには、時間がかかるものです。結果を急がず、足刺激自体の心地よさを感じながら、コツコツと続けることが大切ですね。

スポーツのパフォーマンスも向上! 今後も足刺激を習慣に。

今回、足刺激体験モニターをした感想をYTさんにお聞きします。

YTさん:「今回はとても貴重な機会で、モニターを体験してよかったと心から感じています。今回、足裏のゾーンだけでなく、足指にもしっかりと刺激を加えたことで効果を感じられました。モニター体験中に、マラソン大会に出たのですが、さほど真剣にトレーニングしていないにもかかわらず、上位10パーセントに入ることができました。これは、足指でしっかりと立てるようになったことが、スポーツのパフォーマンス向上に影響したと感じています。気持ちよく駆け抜けることができ、ゴール後も元気で疲労もありませんでした! モニター体験が終わっても、足刺激は習慣としてこれからも続けていこうと思っています」

今回のモニターさんの体験では、冷えの悩みに対してだけでなく、趣味のスポーツにもいい影響が出ていました。今後も足刺激を続けて、偏平足も少しずつよくなっていくといいですね!

取材・文/牧内夕子

鈴木きよみ先生の足相学が1冊にまとまりました! 足をチェックするときに欠かせない、ゾーンMAPをはじめ、足の形、色、しわ、温度などのチェックポイント、各症状別の足相、そしてそれを解決すべきゾーンセラピーの方法などがわかりやすくまとまっています。初めてご自分の足裏を見るという方にも、足裏のケアを続けてきた方にも、すぐに役立つ1冊です。ご自身の体調管理を、足裏から始めてみてはいかがでしょうか。全国の書店、ネット書店で販売しています。

『すべての不調は足裏をみればわかる!』(ワン・パブリッシング刊)

『すべての不調は足裏をみればわかる!』

 

連載・関連記事

関連記事

  1. Healthcare巡りのいい体ってこんなにラク! 肩こりがとれて全身が軽くなり自然と姿勢が整った3週間の足刺激生活

    巡りのいい体ってこんなにラク! 肩こりがとれて全身が軽くなり自然と姿勢が整った3週間の足刺激生活

    0
  2. Healthcare血流の悪さが肩こりや便秘の原因に! 巡りを促す足刺激テクニック

    血流の悪さが肩こりや便秘の原因に! 巡りを促す足刺激テクニック

    0
  3. Healthcare就寝前の足刺激で日中ののぼせがゆるやかになり、夜の眠りの質も上がった!

    就寝前の足刺激で日中ののぼせがゆるやかになり、夜の眠りの質も上がった!

    0
  4. Healthcareほてりは最大の冷え性と心得て! 体の熱を外に出し、スッキリ軽い体になれる足刺激テクニック

    ほてりは最大の冷え性と心得て! 体の熱を外に出し、スッキリ軽い体になれる足刺激テクニック

    0

おすすめの記事PICK UP