FYTTE

Healthcare
CATEGORY : ヘルスケア |腸活

腸活、アンチエイジング、ダイエット。注目の美フルーツ「キウイ」のパワー

Share
キウイを持つ女性

「おいしくて太りにくい食べもの」さえあれば、こんなに苦労しないのに!? ダイエット経験者なら、誰しも1度はそう思ったことがありそうです。ところが、その食べものはなんと、身近なフルーツである「キウイ」だった!? ゼスプリインターナショナルジャパンが開催したメディア向けセミナーで管理栄養士の足立香代子先生から伺った「キウイの機能性」。FYTTE読者のみなさんにも知っていただきたい情報が、盛りだくさんでした。

監修 : 足立 香代子

臨床栄養実践協会理事長。せんぽ東京高輪病院名誉栄養管理室長。質の高い病院食の提供と、検査値にもとづいた栄養診断による栄養指導に定評がある。著書に『太らない間食』(文響社)など多数。

Contents 目次

<キウイのここがスゴイ!1>アミノ酸の吸収を速めてくれる酵素「アクチニジン」

3つのキウイ

キウイに含まれる「アクチニジン」は、消化管でのたんぱく質の消化を助ける酵素。胃もたれなどの不快な症状を予防するのに役立つだけでなく、たんぱく質がアミノ酸に分解されたあと、小腸で吸収されるのを速める可能性もあるのだとか。アミノ酸は筋肉の材料となり、代謝の高い太りにくい体をつくるのに欠かせない栄養素です。それをスムーズに吸収できるのであれば、運動後の体を効率よく回復させるので、ボディメイクがスムーズになるでしょう。ちなみにゼスプリの場合、ゴールドキウイよりもグリーンキウイのほうがアクチニジンの含有量が多く、その差は10倍!

<キウイのココがスゴイ!2>食後の血糖値が上がりにくい

食後に血糖値が急上昇すると、余分な糖が脂肪となって蓄えられがちですが、キウイはその心配が少ないフルーツです。既に前篇でお伝えしたので繰り返しになりますが、キウイは含まれる糖分に「果糖」が多いことと、食物繊維が豊富であることが特徴。その2点が、キウイが血糖値の急上昇を抑える「低GI食品」であるヒミツなのです。

さらに、キウイには整腸作用も!

 

1/2ページ

関連記事

  1. Diet「糖質=太る」は大間違い!? キウイなら、甘くても血糖値が上がりにくい!

    「糖質=太る」は大間違い!? キウイなら、甘くても血糖値が上がりにくい!

    277
  2. Healthcare腸活にはキウイフルーツが新常識!「食物繊維」と「酪酸」でお腹スッキリ

    腸活にはキウイフルーツが新常識!「食物繊維」と「酪酸」でお腹スッキリ

    49
  3. Diet炭水化物のイメージが変わる!? 太りにくい&血糖値上昇を抑える炭水化物のとり方

    炭水化物のイメージが変わる!? 太りにくい&血糖値上昇を抑える炭水化物のとり方

    78
  4. Dietスイーツも炭水化物も食べていい!?ダイエットの思い込み3つ

    スイーツも炭水化物も食べていい!?ダイエットの思い込み3つ

    131

おすすめの記事PICK UP